admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

080504-99.jpg
<日時>
 2008年5月4日(日)晴れ時々曇り - 5日(月) 曇り

<行先>
 甲武信ヶ岳(山梨) 日本百名山

<アプローチ>
 電車:立川→中央道 塩山駅→(バス)→西沢渓谷(約1時間半)

<人数>
 単独

<コース>
 1日目:
  西沢渓谷→戸渡尾根コース→甲武信小屋
 2日目:
  甲武信小屋→甲武信ヶ岳(ピストン)→徳ちゃん新道→西沢渓谷

<内容>
 甲武信ヶ岳は山梨にある山だが、ちょっと渋い山である。
 ピークまでの行程が長い中級の山という印象がある。
 なまえは「こぶしがたけ」といって、山頂がこぶしのような
 形をしているからだとか、甲州(山梨)武州(東京、埼玉)
 信州(長野)の県境にある山だからとか、、命名には
 諸説ある。

 標高2,475mの山でGWのこの時期にももっさり雪がある。
 なんでも地元の人の話によると4月中旬に雪が降り、
 山が白くなったのだとか。

5/4(日)晴れ (山頂は雲の中)
7:40 自宅付近の駅発
 あずさ号で東京から山梨の塩山駅まで

8:50 塩山駅着
 西沢渓谷行きのバスに乗る。バスは臨時車両が2台もでるほど。
 ほとんどが西沢渓谷目当て。(甲武信の登山口は西沢渓谷にある)
 終点の西沢渓谷まで1時間立ちっぱなしだった。

10:10 西沢渓谷着
 西沢渓谷に散歩にきた軽装のカップルやら家族連れに
 まじって、両手にストックを持った髭モジャのおっさん
 (私、今髭モジャです)がのしのし歩く。ちょっとはずい。
 080504-01.jpg

10:32 登山口着/登山スタート
 頂上まではいくつかコースがあるが、西沢渓谷からのコースが
 南側斜面のため雪溶けも早く、一番この時期は登りやすい、
 ポピュラーなコースになっている。
 西沢渓谷からは更に尾根コースと沢沿いコースの2つのコースがあるが、
 私は戸渡尾根コースという沢沿い歩きのコースを行きのコースに選んだ。
 080504-04.jpg


11:00 採石場出合い
 しばらく歩くと硅石がごろごろ転がりはじめ、トロッコの軌道
 のようなものがみえてくる。この道沿いは硅石採石場跡で
 あるようだ。
080504-11.jpg


11:23 沢出合い
沢に出たところでひと休み。
 持参したトマトを沢で冷やし、食べる。
080504-14.jpg
 

 そこからモクモク登る。
 ここが一番体力消耗されるかも。

13:49 雪道になる
 降りてくる女性に、雪の状態を聞いたら、
 「アイゼンはつけなくても登れるんじゃないか」とのこと。
 アイゼンをつけずに登ることにした。

 結局この日はアイゼンをつけずに登った。
 (但し、ダブルストックがバランスをとってくれたためで
  なにももたずにつけずに登るのはしんどいかも。)
080504-23.jpg


モクモク雪道を登る。
 やはり長いコースだが、雪道は足型になっていて、かつ
 シャーベットorしまっているため、普通の道よりも
 階段を登るように効率的に斜面を歩けるため、
 体力&タイムロスは思ったほどではなかったと思う。

 勿論ところどころ凍結しているところもあるが、
 アイゼンはいていれば問題ないし、私のようにアイゼンを
 つけずに登っても気をつけて歩けば十分登れる。

 雪道より前半の雪のない普通道の方が体力をむしりとられたと思う。
 後に山小屋で聞いた他の登山者の感想も同様であった。

 ほとんど樹林帯で景色は楽しめないが、時々開けた
 場所があって、そこからの景色が心のオヤツになる。
 金峰山も国師岳もいつのまにか追越していた。
 「気持ちいいですねえ!きれいですねえ!」
 他の登山パーティと一緒に景色に見惚れる。
080504-31.jpg 080504-34.jpg


16:10 山小屋付近まで近づく
 小屋のまわりは霧がかっていた。というか、、雲の中だった。

 小屋の方向から笑い声とハーモニカを演奏する音が聞こえてくる。
 「早く到着したい!」と思ってあせると、ズボズボッと足が
 雪に深々はまる。 雪が水分を含んでいるので重く、
 田んぼに足がはまるように なかなか足が抜けない。
 これが残雪登山で一番やっかいなことかも。
080504-38.jpg


16:19 甲武信小屋着
 登り初めから約5時間50分
 休憩なしのコースタイムが5時間20分だから、まずまずだ。
 
 小屋は大混雑。GWのピークということもあり、大勢の
 おじちゃん&おばちゃん、下品な会話で高笑いしながら
 アルコールを吸飲していた。勿論、小学低学年程度の
 子供もいれば若者もいるが、、下品な方が目立ってしまうものだ。
080504-43.jpg


 それにしても、みんな よくこんなマイナーでキツイ山を平気で
 登ってくるなあ・・。と達成感と共に不思議。

 ちなみに山小屋には『徳ちゃん』いました。
 HPそのまんまでしたが、あまり会話はしませんでした。

 ※余談
  あと山小屋には皇太子様と雅子様の写真がありました。
  皇太子様はかなりの山に登っています。
  鼻曲や荒船、、湯ノ丸山まで・・・八幡平ではスキーまでしている。
  http://www.convention.co.jp/ip/hira/kiroku.htm
  勿論 私より全然登っている。すげー。

17:00 夕食
 この日は素泊りで泊まることにして、外で自炊。
 外は気温10度。セーターを着て レインウェアを着て
 丁度いい感じ。

18:00 就寝
 階下で聞こえるギターの音色を聞きながら、早々に就寝。
 ちなみに混雑のため1つの布団に2人で寝なければいけない。
 寝返りうつ度におじさんとぶつかりながら寝る。

 でも12時頃に起きる。狭いし、床も固いし。。また寝る。。
 1時頃に起きる。。早く朝にならないかなあ・・。

5/5(月) 曇り
4:00 起床
 外はくもりがちだが、なんとか晴れている。
 いっきに山頂アタック。(といっても20分程度)

 朝で雪も締まり、凍結部分もあると思うので、アイゼンを装着。
 初めてのアイゼン・・・。軽じゃないアイゼン。。
 しっかりとした安定感。

5:30 山頂着
 さくさく登り、山頂へ。
 富士山をはじめとして、周囲の山が見渡せる。
 来てよかったなーー。。としみじみ思う。
 080504-54.jpg 080504-55.jpg


5:40 下山開始
 帰りは新緑まぶしい徳ちゃん新道を降りる。
 080504-57.jpg


9:20 下山完了
 3時間40分で登山口に到着。コースタイプぴったり。

10:30 西沢発のバス
 始発バスに乗って温泉地へ。
 諏訪橋というバス停で途中下車し徒歩10分の「はやぶさ温泉」へ。

■はやぶさ温泉
11:20 はやぶさ温泉
 はやぶさ温泉は\500/2時間 で入湯できる。
単純泉だがかすかに硫黄のような香りがする。
 熱すぎない丁度いい湯加減で、かけ流しの湯であった。

 ついつい長湯をする気持ちよさだった。飲泉も可。
 ほったらかし温泉がダメになったこの頃、この付近の湯では
 かなりお勧めな温泉かもしれない。

 浴後は 当館で食事をする。ほとんどの食事に温泉の水を
 利用しているとのこと。
 080504-60.jpg


13:30 はやぶさ温泉発
 おなかも満たして、汗もひいてきたところで次のバスがくる時間。
帰るべ。

16:30 自宅到着
 靴もアイゼンも綺麗に洗って干して、洗濯機をフル回転。
甲武信で汲んだ水でコーヒーを入れながら『R 1/F』の惣菜を
 つついて、、ヤッターマンを見る。

 数時間前に雪山にいたんだなあ・・近いけど遠い山。充・足・感。


<感想>
 仲間と行こう行こうと毎年言いながらもなかなか実行できない山だった。
 そいう意味で達成感を感じれる山だった。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。