admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

070519_999.jpg
<日時>
 2007年5月19日(土)

<行先>
 茅ヶ岳(山梨県)日本二百名山

<アクセス>
 車:東京→[中央自動車道]→韮崎IC→深田公園入口 5.75h ※休憩込み

<人数>
 6名

<コース>
 深田公園入口→茅ヶ岳山頂 ピストン
  (コースタイム 4h 休憩時間含まず / 実績4h40min 休憩時間含む)
 
<内容>
山梨の茅ヶ岳。

中央道を長野にむけて走ってると、八ヶ岳に見間違うから、
「にせヤツ」などと呼ばれてもいる。

そして何より、日本百名山でいちやく有名になった作家、深田久弥の終焉の地でもある。

これがね、いい山だった。

朝方、東京をでるときは大雨だったのに、嘘みたいな青空。

10:00 深田公園 発
 深田公園にある深田久弥の最期の時を説明する看板。参照いただきたい。
 070519_001.jpg

 新緑の鮮やかな登山道をぐんぐん登ると、
 070519_010.jpg

 巨大な一枚岩があらわれる。
 070519_012.jpg

 女岩というらしい。
 070519_013.jpg
 その岩から染み出ている冷たい水を口に含み、山頂へ一歩き。

 新緑のカーテンが清々しい気分にさせた。
 この山は春~初夏が おすすめらしいが、よくわかる。
 070519_024.jpg

 おっと、マムシがでるようだ。
 070519_025.jpg

 山頂直前に、石碑がある。 
 070519_026.jpg
 ここで深田は脳卒中で亡くなった。
 
12:11 茅ヶ岳山頂到着
 070519_034.jpg

 金峰山、左の方には瑞牆山の眺望。
 070519_027.jpg

 そして本家の八ヶ岳。
 070519_035.jpg

 南には甲斐駒ケ岳はじめ、南アルプスがまるっとみえた。
 070519_040.jpg

 富士山は残念ながら雲にかかっていたが、帰りの中央道でばっちりみえた。

 昼休憩では、ラーメンを作った。
 070519_039.jpg

14:40 深田公園 着(下山完了)
 深田公園には深田久弥の言葉が石碑として残されていた。
 070519_045.jpg

 百の頂きに  百の喜びあり

 彼の死後も、彼が山に遺した百名山という見えないタグが、今も多くの登山者を楽しませ、また次の時代に引き渡している。
 百名山というカテゴライズは、山の視野を狭めているようにも言いたい私ではるが、
 彼の功績の偉大さは認めるところである。

▼山口温泉
温泉は勝沼の山口温泉という温泉。
私は今回で2度目の訪問。この湯はおもしろい。
源泉掛け流しの温泉で 湯はぬるいが、炭酸水素塩・塩化物泉のそのお湯につかると、肌に気泡がみるみるうちに張り付く。
070519_053.jpg

飲泉もでき、温泉マニア受けする良泉である。

八王子に帰り、同行した山仲間の1人で、芝居をやっている大男の方(仲間といっても 歳も離れた 大先輩だが)と
サシで呑んだ。

私が出会ってきた誰とも違うタイプの人であり、私が山の社会人サークルに入って初めて会った人である。
(大柄な体格の方なので、半端な気持で参加した私はかなりびびった記憶がある。)

年の功・・・と、年の話ばかりすると、その方に失礼であるが、
やはり長く人生を経験しているだけがあり、なかなか人生の向き合い方が独特であり、実直であり、、おもしろい。
いい酒が呑めた気がする。

ミーハー気取りで、過去に某有名バンドのPVにでたんだとか、これから某CMに出るんだとかを小耳に聞き、
ちょっと得した気分のまま帰宅。

その日はよく眠れた。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。