admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

070804_999.jpg
北海道はガキのころに一度釧路の親戚へ遊びにいったのが最後であろうか。
記憶が定かでない年頃の家族旅行であったので、、、実質 今回が初めての北海道である。


8/4(土)東京:晴れ時々くもり
    北海道道東: くもり時々雨

早朝から羽田から女満別空港へ。
羽田はさすがにハイシーズンの混みっぷりだった。
私はチケットをネットで購入済みだったので、すいすいと飛行機へ搭乗。
070804_003.jpg


1時間うとうとしていると、広大な農場を眼下にみえ、早々に北海道は道東へ舞い降りた。


◆世界自然遺産知床


台風がのこのこと ついてきてくれたおかげで、網走におりたら 生憎の雨だった。
それでも北海道の広大な景色にたつと雨でもすがすがしいものだ。
070804_005.jpg

070804_007.jpg


さっそくレンタカーを借りて、出発だ。
本当はこの日のうちに斜里岳に登る予定であったが、雨のため予定を変更し観光することに。
行き先を知床半島に定め、車を走らせた。

車は網走湖を抜け、海沿いの小清水原生花園で立ち寄りしながら、2時間のドライブでウトロへついた。
070804_008.jpg

070804_009.jpg

070804_011.jpg

途中、外の景色をみながら、、都会と北海道、外国と北海道、東北と北海道について比べた。。。
東北の景色に近い北海道ではあるが、、圧倒的に違うのはなんだろうか。
それは、農地の広さ。道の広さ。まっすぐな道であろうか。
もっとマニアックにいうなれば、農機具が大規模スペック。
本州のそれとは あきらかに違う。


ウトロの漁師のおかあちゃんたちがやっている、ウトロ漁協婦人部食堂というお店で昼食を食べた。
今の旬はウニと花咲カニ。
070804_014.jpg

私はウニを注文し、ホッケを食べた。
計2200円。おいしいけど、、もっと安く食べたいな。
この後、ども店を調べても、、結構割高だね。
070804_012.jpg

070804_013.jpg

雨も小降りになってきたので、知床湖に行く。
070804_015.jpg

想像はしてたけど、やはり注目の観光スポット。
湖はきれいだけど、、、観光客でいっぱい。うざい。
ま、私も うざい中の一人か。
070804_025.jpg

ちなみにこの知床湖、前日にハイキングに訪れたお爺さんが行方不明になっている。
熊に襲われたか? 詳しいことはわかっていない。


◆ヒグマ
知床湖観光の行きも帰りもエゾシカをみて車から降りて撮影するが、
その後 何度も何度も鹿を目撃するうちに、やがてカメラも触らないほど鹿に飽きてくる。

また、鹿。

また、鹿。

鹿ばっかり。

鹿。
070804_016.jpg

鹿。
070804_015.jpg

熊。
070804_030.jpg

鹿。
070804_087.jpg



ん?
070804_031.jpg



わっ!!熊ーー!!!
初熊だあーー!! ヒグマだあーー!!
50mぐらいに近づき、写真を撮る。
070804_094.jpg



熊は臆病だから、人の気配に気付くと逃げるというが、、、それは嘘である。
人に慣れた北海道の熊も鹿も逃げやーしない。
のんきに何かを食べている。
(後で詳しいおじさんに聞いたら蟻を食べているのだそうだ。。)

のんきに写真を撮っていると だんだんギャラリーが増える。
そのうち、誰が呼んだか熊退治の人達がくる。
070804_033.jpg


熊のまわりに爆竹のような爆音のでる威嚇弾(?)を射撃する。
070804_035.jpg


遠くの鹿が逃げる。熊は逃げない。。まだ草をほじってる。
何度も打つ。。。。
「ウルセーナアー」
というかのように、ゆっくりと熊が茂みに去っていった。
恐るべしヒグマの度胸、である。


◆羅臼
熊にあえた感動もどこえやら、、知床五湖を後にして2時間。
070804_036.jpg


私は東の果て、、羅臼の相泊温泉付近の熊料理の店にいた。
070804_040.jpg


名物 熊肉入りラーメンとトドの刺身を食すためである。
熊肉はうまいが、ラーメンの味とトド肉は微妙。
オヤジの目を盗んでトド肉をラーメンにほうりこんで無理矢理に食べた。
これが意外といけた。
070804_038.jpg


オヤジと知床岬の話をする。
(知床岬へは道がなく、世界遺産に登録されてから船でいくことも禁止され、
知床岬へ道なき道を行くことは 冒険度と危険度が高い遊びとされていて、、、、私も大変興味があった。)
参考サイト:岬に行って来ました。

結構番屋に泊まったりして岬を目指す若者はいるそうだ。。
今年も何人かチャレンジしているという。
うう、、私も いってみたい。

この熊料理の店のすぐ先が岬の入り口である。
070804_039.jpg



熊ラーメンで腹を満たした後は、相泊温泉という海岸沿いの野天温泉にいった。
070804_041.jpg

台風の影響で高波で、湯船につかりながらも いつ波が かかってくるかビクビク。
高波にさらわれるんじゃねーの?危なっかしい。
心細いほどに素朴な湯船に、対照的に荒々しく近くまでおしよせる波におびえながら、入湯。
070804_042.jpg

すげー熱い!!

入浴中の地元の人に聞いたら、雨の日の方が湯温が熱いということ。

もっと聞いたら、この温泉小屋はいく度も 高波でさらわれているとのこと。
うん、危なっかしいというか、、、危ないじゃん。



えらいこと熱かったが、
慣れればなかなかに いい温泉。秘湯ムード満点である。
しかもこれが無料。
干潮時の朝夕しか入れないので、事前に天気をチェックして行く必要がある。

============

この日は知床のホテルに宿泊することにした。
車中泊でもよいのだが、急な仕事があり、ネットにつなげる必要があったのだ。

・・・とはいえ、、ここは知床。いちおう秘境の地。

いろんなところに電話しまくってて、一軒のネットが「ときどき切れますが、ネットつながりますよ!」と
答えてくれたホテルにチェックイン。 

ときどきって・・・・。

なんでもホテルの主回線を無線で飛ばしているので、電波状況により 切れることがあるのだそうな。
かくして、ときどきキレる知床の某ホテルに宿泊し、、、
北海道まで来たのに黙々とノートPCに向かって仕事をする1日目の夜であった。

つづく。
スポンサーサイト




テント背負って知床の先っぽまで、昔はそんな妄想を抱く事もよくありました。
最近忘れていた妄想ですが、久々に思い出しました。
諦めたつもりはないので、いつか岬の先っぽ、目指しましょうか!?
【2012/02/26 20:45】 URL | めたろー #PKeeyPmY[ 編集]
古い記事を整理しておりました。。
改めて知床岬・・・アドベンチャーなスポットだなと再確認する次第です。

いつか・・10年以内に? 行きましょう!
【2012/02/27 21:06】 URL | ぽっか #fa7VEvUA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。