admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

160930_999.jpg

<日時>
 2016年9月30日(金) 晴れ

<行先>
 雌阿寒岳(北海道) 日本百名山
 ※ポンマチネシリ

<アクセス>
 車:札幌→オンネトー国設公園(6時間)

<人数>
 単独

<コース>
 オンネトー国設公園~[オンネトーコース]~阿寒富士頂上~雌阿寒岳頂上~[雌阿寒岳コース]~野中温泉~[オンネトー周遊]~オンネトー国設公園

<内容>
 幌尻を断念し、楽しみにしていた錦秋の日高縦走は儚く散った。
 バックアッププランに切り替える。
 その名も、「ミーハーでおしょすいっ(恥ずかしい)。百名山ピークハントプラン」・・である。

 という事で、前置きがダルダルなので、、本題へ。

 道東の雌阿寒岳へ向かう。
 パーキングエリアで仮眠をしつつ、登山口のオンネトーに到着したのは、朝の9:30を回る頃だった。
 160930_001.jpg

10:00 オンネトー国設野営場 出発
 紅葉シーズンだが、緑の多い森林を歩く。
 160930_007.jpg

 倒木。台風の爪痕のようだ。
 160930_009.jpg

 1時間半ほど登ると、視界が開ける。

 遮るものがなく、どこまでも続く雄大な大地。
 北海道ならではの眺望だ。
 160930_020.jpg

11:50 阿寒富士分岐
 先に雌阿寒を落とす前に阿寒富士に立ち寄る事にした。
 160930_021.jpg
 
 160930_022.jpg

12:40 阿寒富士頂上
 鈍った体は、ペースをいつも以上に落としたが、それでも 10分休憩含めるとコースタイム通り、分岐から50分で山頂へ。
 160930_037.jpg

 雌阿寒岳の火山ガスがもうもうと立ち上がる様子が、ダイナミックである。 
 160930_032.jpg

 下界の長めも素晴らしいものだった。
 160930_033.jpg

 山頂でゆっくりしたいところだったが、 多少スタートが遅かった事もあり、先を急ぐ事に。
 すぐに来た道を戻り雌阿寒へ向かう。
 160930_039.jpg

 硫黄ガスが風に流れて臭ってくる。道も砂礫混じりの道になった。
 160930_042.jpg

 富士から雌阿寒を眺めたように、雌阿寒から富士を眺める。
 160930_041.jpg

 火口を見下ろす縁にあがる。見下ろすは青沼だ。近くで激しく噴煙があがっている。
 160930_049.jpg

 山は、、、地球は、、活きている。
 

 山頂はすぐそこ。
 160930_045.jpg

13:42 雌阿寒岳 山頂着
 160930_051.jpg

 ガスが吹き出す音と、火口のエネルギッシュな眺めに圧倒される。
 観光の山だと期待が薄かった事もあってか、そのギャップからか、これほどに素晴らしい山だとはと感激だった。
 160930_061.jpg

 さて、ぐるり周遊。雌阿寒温泉コースを下るか。
 160930_057.jpg

 北面の紅葉眺望。
 160930_062.jpg

 名残惜しく振り返りながらも下山する。
 160930_064.jpg

15:26 野中温泉 到着
 秋にしては暑い20度後半の最高気温を記録したこの日の北海道。
 麓まで降りると、Tシャツ姿になりたくなる陽気だった。
 160930_065.jpg

 アスファルトの道路をオンネトーまで歩き、30分ほどでオンネトーに到着。

 アスファルトの道路を歩いてもいいが、湖の周りの周遊コースを歩いて、スタート地点に戻る事に。
 160930_066.jpg

 秋色のオンネトー湖畔。
 160930_069.jpg

 アカエゾマツの原生林が生い茂る野趣溢れるコースだった。
 160930_071.jpg

 160930_073.jpg

16:15 オンネトー国設公園 着
 素敵なキャンプ場が見えると、ゴールはすぐそこ。
 160930_074.jpg

========================================
 ▼野中温泉
 お風呂は、先程通過した野中温泉に車で立ち寄った。
 160930_080.jpg

 硫黄臭漂う古びた建物にあるその風呂は、ピュアで濃厚な硫黄泉がドバドバかけ流されている。
 1分で自宅の風呂が一杯になるんじゃないかという勢いだ。

 ざぶんと浸かると、自然に「ぐあああ・・・・気持ちいいひい・・・・」という声が 漏れ出てしまう。。

 窓が解放され(硫黄が濃いため解放しないと危険らしい)秋の涼しげな風が入るなか、
 静かな浴室内は、私ひとりで贅沢独り占め。
 160930_081.jpg

 大変にいい湯である!!

 これでなんと、、、200円。
 スタバのコーヒーより安いぞ。。。

 北海道の温泉はレベルが高いと、、いつも感動させられる。


 温泉を出たら、斜里岳がある清里町に移動。
 弟子屈町を通過時に弟子屈ラーメンで晩飯。
 160930_777.jpg

 160930_778.jpg


 山→温泉→グルメ→山→温泉→・・・極楽スパイラルが始まった。。 
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。