admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

150719_991.jpg
<日時>
 2015年7月19日(日)~7月20日(月) 

<行先>
 小蓮華岳、雪倉岳、朝日岳(新潟、富山)

<アプローチ>
 車 :東京~(中央・長野自動車道)2h~安曇野IC ~ 2.5h~蓮華温泉 (4.5h)

<人数>
 単独

<コース>
 雪倉岳、朝日岳のぐるリップ。
  1日目:蓮華温泉~小蓮華岳~雪倉避難小屋 [CT 7h/実績 7h30min]
  2日目:雪倉避難小屋 ~雪倉岳~朝日岳~蓮華温泉[CT 9h30min/実績 10h30min]
   総歩行時間 CT 16h30min/実績18h ※昭文社 山と高原地図参照
   
<内容>
1日目:蓮華温泉~小蓮華山~雪倉避難小屋
 5月に子が生まれ、山からますます遠ざかる日々となるこの頃。
 それでも子育ての合間を縫って、山に行く時間を作る事が出来た。

 3年前のリベンジで、北アルプス最北エリア、白馬山域の雪倉岳と朝日岳へ。

 3連休の山行は梅雨明けの葉境期で いつもギャンブル。
 今回も天気と睨めっこした結果、土曜を諦め、、日月も微妙ではあったが、出たとこ勝負で山に向かった。

 予定通り4時半頃には駐車場に着いたものの、生憎の小雨がぱらつく天気。
 またか・・・・・・・。
 3年前の雨を思い出し、気持ちが萎える。

 5時には出発しようと思っていたが、逃避する想いから 小一時間仮眠に入り、、、6時の出発になった。

6:00 蓮華温泉出発
 雨具を装着し、登山開始。
 150719_001.jpg

 蓮華温泉ロッジには ヒオウギアヤメが咲いていた。好きな花だ。
 150719_002.jpg


 弱まる事のない雨に、、大量の藪蚊。
 150719_003.jpg

 萎える・・・・。

 蒸し暑いし、テント装備が重いし、、。

 好転の見込みがなければ、白馬大池でテント泊して、明日は早々に下山しようか・・。

 完全にテンションが落ちてしまっていた。


9:25 白馬大池到着
 大池に到着して、ようやく 藪蚊の襲撃から逃れられたものの、、。
 既に気分は敗退ムード。
 150719_004.jpg

 ツアー団体が座っているベンチに どかっ と腰掛け、、。
 「この天気じゃやる気でないです・・。」と愚痴る。

 「午後から晴れるはずですよ」 と慰めの言葉を返していただき、、
 雲も薄いからな・・と再度奮起して 白馬大池を出発した。


10:00 白馬大池出発
 すると・・。
 登り始めて 20分ほどで、 雲がすーーーっと晴れた。

 先ほど発った白馬大池はガスで隠れてしまっていたのに、すぐに美しい姿を現した。
 150719_006.jpg


 山裾しか見えなかった雪倉岳も徐々に姿を現す。
 150719_009.jpg

 雷鳥も親子で姿を現す。
 150719_008.jpg

 ミヤマダイコンソウ
 150719_012.jpg

 NHKのドラマ 「坂の上の雲」のオープニングでお馴染みになった光景。
 白馬方面へ向かう道。
 150719_017.jpg

 この道は私も白馬エリアの中でも 好きな稜線の1つだ。
 比較的なだらかなアップダウンで天空散歩を味わえる。

 振り返っても 素晴らしい稜線。
 150719_020.jpg

 ミヤマアズマギク
 150719_021.jpg

 ハクサンイチゲとチングルマの群生。
 150719_024.jpg

 ハクサンイチゲ
 150719_026.jpg


 北アルプスは花の最盛期だ。

 歩いてきた道を振り返る。
 先ほどまでの重い足取りも すっかり軽くなった。 山歩きの力の源泉に気持ちの占める割合は高そうだ。
 150719_025.jpg


11:25 小蓮華山到着
 150719_027.jpg

 午後にかけて更に好転するかと思いきや、、徐々にまたガスに覆われる白馬エリア。

 雪倉岳方面もガスにまかれて ご覧の通り。
 150719_028.jpg

 150719_030.jpg

12:17 三国境を通過
 150719_031.jpg

 三国境を通過して、花ロードへ。

 チングルマの群生。
 150719_032.jpg

 タカネシオガマ
 150719_033.jpg

 ミヤマムラサキ
 150719_035.jpg

 いくつか雪渓を渡る。。
 アカザクが撒かれているので、道迷いの不安はない。
 150719_036.jpg

 ハクサンコザクラ。
 150719_037.jpg


13:25 雪倉避難小屋着
 雪倉避難小屋がある尾根は風の通り道になっているため、物凄い強風だった。
 150719_038.jpg

 いくつか雪渓を渡り、雪倉避難小屋に到着したのは、予定より1時間も遅れだった。
 天候不順のせいもあったとはいえ、ちょっと遅め。

 今日の目的地の朝日小屋までは、5時間程度のコースタイム。
 まだ遠い。


 ビバーク覚悟で銃走路に入るか、、。
 避難小屋に駆け込むべきか。。


 小屋の中で小休止しながら悩んでいた。

 と、、上の写真に写りこんでいるおじさんが声を かけてきた。


 聞くと 非常勤の小屋番さんで、遭難対策防止協会隊員の方のようだ。

 朝日小屋までの水平道は雪のために閉鎖されており、通行禁止されている事を聞いた。
 5時間のコースタイムも見直さなければいけない。

 夜間登山 or 山中ビバークが必至であり、、遭対協の方を前に、そのような結論に至るはずはなく、
 避難小屋に泊めていただくようお願いをした。


 私の判断を快く受け入れていただき、鉄鍋で沸かしているお湯で お茶をご馳走してくれた。
 

 雪倉避難小屋は築40年の古い小屋だそうだが、建物はしっかりしていた。
 トイレも汲み取り式だが、定期的にメンテされているようで きれいだった。
 雪渓から流れる水場も小屋から2分程度歩いたところにある。

 小屋の周りには ミヤマキンバイや、
 150719_058-1.jpg

 時季終わりのウルップソウが咲いていた。
 150719_058-2.jpg


 この日は結局、小屋番さんと私を含め、計5名の方が避難小屋を利用する事になった。
 150719_058-3.jpg



 山談義に花が咲いた。
 ・白馬山域の気候や地理条件の話。
 ・栂海新道の話。
  「昨今の栂海新道ブームは・・」と、富山・新潟の登山愛好家の中ではブームの認識。
 ・栂海新道を切り開いた鉄人小野さんの話。
 ・鉱山道の秋の紅葉は素晴らしいという話。  

 楽しいひと時となった。

 時折・・・ 小屋番さんが流してる ラジオで天気予報が流れ、皆で耳を傾ける。。。



 アナウンサー「今日は関東甲信で梅雨が明けました」

 俺       「あれ?関東甲信・・・越 が入ってなくないですか?」


 雪倉岳は富山と新潟の県境の尾根。
 信の長野もすぐそこではあるのだが・・・・。
 皆で、笑いながらラジオに抗議する。


 外は夕方頃には雨も混じり、、強風を超えて嵐の様相になった。
 今日の避難小屋泊の選択は、大正解だったことになる。
 それにしても、ここまで今夜は荒れないはずなのだが。。。はて・・???


 不思議に思っていると、 小屋番さんが、この嵐は ここの尾根の局所的な気象情報だと説明してくれた。

 小屋番さん 「慣れれば子守唄ですよ。 まあ、、なかなか今夜は寝れないと思うけどね。」


 その夜。 
 「ドドーンッッ!!! ドーンッッ!!」 
 荒波が打ち付けられたかのような風の音が一晩中 山小屋を襲う。

 ね、寝れない・・・・・。


 ・・・・・なんて事もなく。。。熟睡の私。


 小屋番さん。
 図太い神経の私には子守唄でした。
 逆に私の鼾・・・うるさくなかったですか??
スポンサーサイト




確かに連休は期待よりは山の天気回復が遅かったです。
でも十分絶景です!i-189
景色があるのとないのとで、足の重さが全然違いますよね。不思議と。
賑やかな白馬岳と違って山を深く知ってる方々が集まるコースのようですね。
【2015/07/28 10:12】 URL | sun #SFo5/nok[ 編集]
お久しぶりです。
お子さんが誕生されたとのこと、おめでとうございます。
私も子育て中断15年を経て末子の小学校入学から山に戻ってきました。ぽっかさんが、こうして時間を作って山歩きを継続されているのは素晴らしいことです。珍しくまじめでしょ?(笑)

たしかに台風一過とはなりませんでしたね。私も18日(土)にいつもの南アルプス南部に行こうとしたら、井川奥で道路通行規制(涙)
白馬も微妙な空模様だったようですが、色とりどりの高山植物はじめ避難小屋での語らいなどまずまずの山旅のご様子、良かったですね。
3年前の同時期に白馬岳→親不知を歩きました(しつこいですね、すみません)。雪倉岳避難小屋前後が風雨強く、たまらず逃げ込んだら登山者がいっぱいでした。小屋番がいるとは知りませんでした。
花街道、続編も期待しています。
【2015/07/29 16:02】 URL | ねも #tnzvu2vM[ 編集]
>sunさん
コメント、ありがとうございます。
sunさん達と一緒に白馬いったのが 10年前ぐらいでしょうか?
あの時に雪倉岳にいつか登りたいと思い小蓮華の稜線を歩いた
記憶があります。

念願叶いました。


>ねもさん
コメント、ありがとうございます。
そうですね。私、まじめです!!
不真面目さが嫁にバレてないというのが正しいかもしれません。

小屋番というのは不正確かもしれません。
県から委託された遭対協の方で不定期駐在のようです。

そうか。ねもさんは親不知まで歩かれたのでしたね。
私もいつか 歩いてみたいです。
【2015/08/04 13:43】 URL | ぽっか #BKQ2md9.[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。