admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

080923_999.jpg
<日時>
 2008年9月23日(火)晴れ時々曇り

<行先>
 日光白根山(群馬、栃木 日本百名山)

<アプローチ>
 車:東京→(関越)→沼田IC→丸沼高原スキー場 3時間弱

<人数>
 5人(私含む)

<コース>
 丸沼高原スキー場山麓駅→(ゴンドラ)→山頂駅→大日如来
  →(樹林帯)→頂上→弥蛇ヶ池→地ノ池地獄→六地蔵
  総歩行時間 5時間10分 ※昭文社 山と高原地図参照
 
<内容>
 安達太良山に行こうと思っていたが、二本松方面の天候不安定のため 行先アレンジ。日光白根山へ。

 早朝に東京を出る。ETC100Km割引利用しながら3時間ほどで丸沼高原スキー場へ。

09:00 山麓駅発
 ゴンドラ山麓駅から15分かけて山頂駅を目指す。

09:20 山頂駅着
 思ったより雲の量が多くて不安になるが、青空。
  080923_001.jpg

 地図に水場マークが記載されているが、売店のねえちゃんに 聞いても、、
 「水場なんてないですよー」とのこと。。。

 渋々 便所の手洗い場の水を汲む。 

 仲間に見つからないようにこっそりと。

 しかししっかりと仲間に見られていたようで、まんまと「便所の水汲んでるー」 とからかわれる。(子供かっ)

 悔しいが水がないと困るのでしようがない。


09:25 登山スタート
 080923_002.jpg


 と・・3分ほど歩くと水場が・・・・しかも御神水とある。
 080923_004.jpg

 あのねえちゃんめええ・・・知らないなら知らないと言って欲しい。

 勿論入れ替える。

 鹿避けの柵をくぐり樹林帯を歩く。涼しい。
 080923_005.jpg

10:00 大日如来
 080923_006.jpg

 30分ほど歩くと大日如来に着いた。意外と小さい。
 080923_007.jpg

 そのまま樹林帯のコースを進む。

 既に山は紅葉が始まっている。
 山道には落ち葉ちらばり 薄っすら黄色に色づく木々をみると季節の変化に 心癒された。
 080923_011.jpg


 10:50 樹林帯ぬける
 小休止をとりながらのんびり登山。
 樹林帯をぬけると視界が開けた。
 080923_015.jpg



 南西に連なる錫ヶ岳の紅葉がきれいだ。
 最盛期はさぞきれいなことだろう。
 080923_020.jpg

 遠くに薄っすら富士山が見えた。群馬から見る富士山って不思議。

 登り始め1時間だが、山頂はもうすぐ。
 ロープウェイを使うとお手軽な山である。
 080923_024.jpg

 苔が張り付き黄緑色になった岩を抜けると頂上は間近だ。
 080923_027.jpg

 080923_032.jpg

11:26 山頂着
 080923_044.jpg

 頂上付近から東へ眼を向けると中禅寺湖が見える。
 北東には特徴的な双耳峰の山容、燧ヶ岳が見えた。

  頂上はせまく、多くの人で溢れんばかりだ。
 080923_037.jpg

 五色沼がきれいに見下ろせる岩場に移動し昼食をとる。
 味噌ラーメンを作るが大失敗。犬のエサみたいだ。。
 080923_053.jpg

 080923_041.jpg

12:20 下山開始
 のんびり昼食をとって下山へ。
 080923_049.jpg

 弥蛇ヶ池を見下ろしながら、急坂をゆっくり降りる。
 080923_051.jpg

 見上げると紅葉越しに青空。
 080923_060.jpg

 080923_067.jpg

 080923_072.jpg


13:04 弥蛇ヶ池
 弥蛇ヶ池まで降りて水場でたわむれる。登山靴でどこまで
 入水できるか試してみたり。日光白根山、、なかなかいいとこじゃん!
 080923_080.jpg

 080923_081.jpg


 下山は地図中にある名所に立寄ることに。
 皆で相談し、最初は血の池地獄へ。。
 080923_086.jpg

 080923_088.jpg


 ハイカーも少なくなり、、次第に寂しい山道へ。。

 どんな地獄が待ち受けているのやら・・・。

 そして、目の前に血の池地獄が現れた。。
  080923_090.jpg


 き・・汚ねええぇぇ。
 あまりに想像とかけ離れていたので通り過ぎてしまいそうになった。

 私「き、きっと六地蔵は なんかすごいお地蔵さんなんだよっ!」


 と・・・なぜか私がフォローしながら、、六地蔵へ向かう。
 080923_092.jpg

 途中にきれいなキノコ。キノコって花のように見惚れてしまうのは私だけ?
 080923_093.jpg


 でいよいよ六地蔵。
 080923_096.jpg

 一同 「・・・・・」
 某仲間「・・・なんか・・・犬小屋みたい」

 神様・・・。
 私は何も言っておりません。
 バチは是非あの人に落としてくださいませ。
 

14:40 ゴンドラ山頂駅着
 スキー場をかすめながら山頂駅へ。
 080923_097.jpg

 青空バックの白根山がきれいである。
 080923_098.jpg


 山頂の足湯は多くの人で賑わっていた。
 湯の花なのか垢なのかわからないものがプカプカういていたため 入湯は遠慮し、眺めだけ戴いた。爽快。
 

17:25 ゴンドラ山麓駅着
 080923_099.jpg

 080923_104.jpg

 080923_105.jpg

 ゴンドラで降りた後はスキー場のゲレンデに立寄ってみた。
 ゲレンデでグラススキーを楽しむ人で賑わっていた。
 080923_107.jpg


 見てると自分も滑りたくなってくる。半そで短パンで滑るっていいよなあ。
 コース限定されるのはつまらないが、機会あったら私も挑戦してみたい。

==========
■パスタール
この後、老神温泉に入り、、夕飯は私の希望で高崎パスタへ。

高崎、前橋は 近年パスタの街になりつつあるのだ。

事前にネットで前調べしていた『パスタール』という店へ。

パスタールという言葉の響きからパスタの王様みたいなキャラクターがパスタの城に住んでるような、
なにかお城のような外観のパスタ屋をイメージしていたが、、 本屋についでのように併設された小汚い店だった。

 ぽっか心の声(うわっ、、、、俺、やっちゃった・・はずれの 店選びしちゃったよ。。)

車のギアをひきながら 仲間の顔がまっすぐに見れない。
店内は意外と繁盛して賑やかなのかも?と扉をあけると席がガラガラ空いている。

我々はわざわざ予約したのだが、予約行為が恥ずかしくなるほどガラガラだった。ますます不安になる私。

 ぽっか「ここはねえ。安くてうまい店なんですよ。」

席につくなり"安さ"を強調しさっそく責任逃れの作戦にでてみた。


「しかし」である。

注文後、、確変フィーバーがはじまった。

1400円程度のパスタセットを注文したのだが、、これが驚きの内容だったのである。

なんと サラダ、前菜、パスタ、ブレッド、デザート、ドリングがついてくるのだ。

パスタの量も多いしそれぞれの味がまた 悪くない。

コストパフォーマンスを考えたら かなりいけてないか??

ガラガラの店内もなんのことはないオープン直後であっただけで我々が店をでる頃には満席になっていた。

馬鹿にしてごめんなさい。 パスタール。。

沼田エリアの山に登山・スキーにいった帰りに是非立寄っていただきたい。
080923_112.jpg












ジャンゴよりいいぜ!
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。