admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

150125_999.jpg
<日時>
 2015年2月7日(土)晴れ

<行先>
 天狗岳 in 八ヶ岳(長野県)

<アクセス>
 車:東京→(中央道)→諏訪南IC

<人数>
 単独

<コース>
 渋御殿湯→黒百合ヒュッテ→中山峠→東天狗→西天狗→黒百合ヒュッテ→渋御殿湯
実績 5.5時間(休憩込み)
  総コースタイム 約6:50時間 ※昭文社 山と高原地図参照

<内容>
 6年ぶりに 冬の天狗岳へ。

 途中のSAで仮眠して起きれず(最近このパターンばっかり)、少し遅めの渋御殿湯着。

 渋御殿のおばさん?の少し高圧的な駐車場案内に、人気の高さが吐かれる。


8:10 渋御殿湯 駐車場発
 150125_001.jpg

 樹林の中をゆるゆると登る。
 もっさり積もった雪に、待ち受ける白銀世界への期待が湧く。
 150125_003.jpg

9:50 黒百合ヒュッテ着
 2時間弱で黒百合ヒュッテへ到着。

 山小屋は賑わっていた。

 そして・・・お腹も痛くなった。
 財布の中には千円札・・。 ビールを買って両替して、トイレに駆け込んだ。
 150125_006.jpg

10:25 黒百合ヒュッテ発
 アイゼンを履いて天狗岳を目指す。 30分も経っていたのか・・。
 150125_008.jpg

 左(東)に東天狗、右(西)に西天狗
 150125_011.jpg

 少し登ると、遠くの北アルプスまで丸見えである。
 150125_016.jpg

 縞枯山・茶臼山まで広がる樹林の眺めが素敵だった。
 150125_018.jpg

 穏やかな日ではあったが、さすがに風も吹き晒す高度に。
150125_028.jpg

 東天狗のピークはすぐそこ。
 150125_029.jpg

11:30 東天狗 着
 150125_031.jpg

 ピークから、赤岳、横岳、硫黄岳が見える。
 150125_032.jpg

 そして西には西天狗。
 150125_033.jpg

 歩いてきた道を振り返ると、遠くに縞枯山。
 8時に登り始めても昼前にはこの景色。 いいです。
 150125_034.jpg

 浅間山も格好いい。
 150125_035.jpg

 2月の冬山。 吹きつける風はピーカンの今日でもなかなか強い。
 150125_036.jpg

11:30 東天狗 発
 さて、いざ向かいの西天狗へ。
 150125_041.jpg

 急登だが、危険はない。
 150125_042.jpg

 尻セードで降りていく下山者もいる。
 これは・・・さぞ気持ちいいことだろう。
 150125_043.jpg

12:00 西天狗 着
 鈍った体には、ほどよい山登り・・かな。
 150125_049.jpg

 西天狗からは木曽の山々がよ~く見渡せる。
 昨年9月に噴火した木曽御嶽山・・。
 150125_044.jpg

 木曽駒ヶ岳に 木曽御岳山。
 150125_045.jpg

 さっきまでいた東天狗。
 今日は大勢の登山客で賑わっているな。
 150125_055.jpg

 山頂で 言葉を交わした おじさん。
 写真を撮ってくださいました。 ありがたいです。
 150125_058.jpg

 天狗の奥庭を経由し、黒百合ヒュッテへ戻る。
 ところどころ、足がハマるが、、6年前よりはまらぬようで、多少 歩き方が上手くなった・・かな?
 150125_061.jpg

 見納め、天狗岳。
 どうして天狗岳というのだろう?
 兄弟岳と名付けたくなるような山容だ。
 150125_062.jpg

 なんて思いながら、黒百合ヒュッテへ。
150125_063.jpg

 アイゼンを脱いで下山。
 私は下山は早い。。

 団体さんを 無理矢理抜こうとしていた急ぎ足が自慢の風のマナーの悪いおばさんを、
 グリセードで抜いて、、スピード下山。
 


14:00 渋御殿湯 着
 下山後は、もちろん 渋御殿湯に入湯して帰りますた。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。