admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

140505_999.jpg
<日時>
 2014年5月4日(日)

<行先>
 二王子岳(新潟県)日本二百名山

<アクセス>
 車:東京→[関越自動車道]→聖籠新発田IC→二王子神社 5.75h ※休憩込み

<人数>
 単独

<コース>
 二王子神社→二王子岳山頂 ピストン
  (コースタイム 6h40min 休憩時間含まず / 実績5h45min 休憩時間含む)
 
<内容>
 雪がある時期に登ってみたいと思っていた二王子に登ってきた。

 ずっと、、「におうじ」と呼んでいたのだが、山仲間が「ふたおうじ」と言っていたので、
 それから良くわからなくなって、今回 ナビに 登録しようとしたら 「におうじ」も「ふたおうじ」も
 行き先が検索できない。

 地図をみたら、しっかりとふりがなふってました。
 「にのうじ」 が正しいらしいです。
 そうきたかー。

 深夜に自宅を出て、新潟の新発田のICを降りた頃には夜が明けた。
 さえぎるものが少ないためか、日の出のそれは大きく、赤く、力強く、美しかった。
 140505_001.jpg

 新潟は越後湯沢や妙高のイメージから山のイメージがあるが、
 平野部をドライブすると、見事に平らで田んぼが広がり。
 さすが日本一の米どころだ・・と納得させたられる。


5:40 二王子神社 到着
 登山者用の駐車スペースがある。30台ほどは停められそうなスペースがあり、意外にもすかすかだったが。
 帰りには満車になっていた。(満車の場合は神社の駐車スペースに停めればよいようだ)
 140505_003.jpg

 神社に香ばしい立て札が。
 140505_004.jpg
 
 罰金1,000万円!!
 これは逆に神社側が山菜を採って欲しい・・・としか思えない。

 ちなみに、立て札の内側に植えられたタラノメは既に収穫後のようだった。
 採られたのか、採ったのかは知らないが。


 境内には沢から流れ込む滝があった。清らかな雰囲気を演出している。
 140505_005.jpg

 近くに炊事場もあり、キャンプ場も兼ねているようだ。
 帰りには地元の人達が花見をしていたが、静かでいい場所だと思う。
 140505_006.jpg

6:00 二王子神社(登山口)出発
 山ブランクあるので、あれは持ったか・・寝不足でバテはしないか・・と心配しながらも、
 沢の音と野鳥のさえずりが、徐々に 私の気持ちを山の世界へ包んでいくようだった。
 140505_008.jpg

 道の脇には あちこちに 葵色のすみれが。
 140505_009.jpg

 えっと・・花の名前が出てこないな。
 なんだっけ。これ。 あれ。。。 やばいです。
 140505_014.jpg

 もう 3分の1ぐらいは登っちゃったんじゃないかと思いきや、まだ一合目。
 はやる心を捨てて、のんびり ゆっくり楽しむことにします。
 140505_015.jpg

 山桜は今が満開。
 東京とは一ケ月違いだねえ。
 140505_086.jpg


 神子岩が見えてくる。
 140505_016.jpg

 ご近所の佐渡にもあるらしいが。
 なにか云われがあるのだろうか。 調べませんよ。
 140505_017.jpg

 おっ。さすがにこれは思い出せる。
 イワウチワ、春の花です。
 140505_024.jpg

7:20 一王子小屋
 一王子小屋を通過。
 140505_026.jpg

 そう、これ連番なのよ。

 三合目にある一王子、
 八合目にある三王子、
 そして頂上には 二王子。がある。

 あれ? 連番じゃなくて 1⇒3⇒2 の並び。
 ちょっと気持ち悪い。

 ここから水場に降りると水芭蕉が咲いている・・・ということを、後で三脚マンさんのブログを見て知る。。
 そうだったのか。。予習が足りなかった。

 この小屋から雪道になる。
 アイゼン携行していたが、付けずに進む。
 140505_035.jpg

 振り返ると新発田の展望。
 140505_041.jpg

 久しぶりの雪山景色に気分が高揚。
 140505_042.jpg

 ノロノロ足なので、ここから多くの人に越される。
 140505_043.jpg
 
 140505_044.jpg

 美しいルート。 癒される。
 140505_046.jpg

 ここで久しぶりの 進捗標識。
 ここは七合目とのこと。登山開始からXX時間、ノロノロだけど コースタイムよりちょっと早目に登れている。
 140505_047.jpg

 ふりかえると後発の方が次々に登ってくる。
 (皆に追い越されたよ)
 140505_048.jpg

 この辺までくると、右見ても左みても いい景色で。
 目指すは頂上から見える、頂上の向こう側にある飯豊連峰の山並み。
 140505_051.jpg

 「あと30分だよ!」
 ふと・・年配のご夫婦の旦那さんから声をかけられる。

 嘘だろう・・と思いながらもこれがぴったり30分で頂上でさ。
 140505_053.jpg

 後で頂上で この旦那さんに聞いたら、
 「私なら20分だけど。あなた(ぽっか)のスピードなら30分。 もう見ただけでわかるのよ。 」
 と・・言われ、苦笑。
 そういう目線だったとは。

 まあ、ノロくてよいのです。
 山登り始めてから、、6年ぐらいになるけれど、体を鍛えようが、鍛えまいが、ノロノロ足。
 ますますノロくなります。
 でもノロいのが楽だし、登山を長く楽しむコツなのですよ。きっと。


 ということで、よく振り返り見まわす(水芭蕉は見逃したくせに)。
 振り返れば絶景なのです。
 140505_054.jpg

 頂上が見えてくる。いよいよか。
 140505_055.jpg

 右方(南方)の山並み、何という山なのだろう。調べませんよ。
 140505_056.jpg

 三王子神社を過ぎると。頂上はもう目の前。
 140505_057.jpg

 赤い避難小屋が目印。
 中は綺麗で、そこそこ広く、快適に泊まれそうであった。
 140505_059.jpg

9:45 二王子岳頂上到着
 登山開始から約4時間。山頂に到着した。
 また一つ憧れの山に 登れた。
 140505_064.jpg

 目の前に広がる飯豊の絶景は写真ではあらわせない。
 140505_062.jpg

 「いやー、最高ですね!!」
 と思わず頂上にいる方に声をかける。
 挨拶を交わすと、意外にもご近所にお住まいの方だった。
 単独で来られていて、これから下山して福井まで移動し、明日は福井の山に登るのだそうだ。

 30分ほど休憩し、名残惜しくも下山する。


 下界(新発田)の眺望を眺めながら 降りていく。
 癒しの景色。
 140505_080.jpg

 樹林帯に入るのが名残惜しく感じる。反面、ゴールが近づいている事への達成感も感じる。


11:36 二王子神社到着(下山)
 下山は早い私。
 さすがに 雪も腐ってぐしゃぐしゃになってきた。
 グリセードであれよあれよと下山。

 行きの「(あなたは) あと30分の人!」も含めて、抜かしまくって神社へ。


結局、登りも下りも アイゼンは付けなかった。
但し、ピッケルは安心のために手にした。
もちろん 状況、スキルによって、道具のチョイスを判断すべきだろう。


久しぶりの記事で、多少・・・・手抜き箇所あるものの。
「二王子は正解だった。 」 (by 孤独のグルメ風に)


=========================================================================
◆立ち寄り湯
 登山口の近くに、二王子温泉があるが、、。
 温泉好きなら、ちょっと我慢して、、月岡温泉に入りたいところ。

 油臭のする独特の緑色は、半循環ではあるものの いい湯だった。
 東北は秋田駒ヶ岳の岩手側の麓にある国見温泉によく似ている。(あれを薄めた感じ)
 140505_090.jpg


◆立ち寄り飯
 ラーメンDBで検索し、豊栄新潟東港IC近くにある「Kanucha屋」をセレクト。
 中も外も 清潔でおしゃれな店内。
 140505_092.jpg

 丁寧な味で、おいしかったです。
 140505_093.jpg


残雪期は人も多く、トレースもしっかり。眺望もよく、体力レベルも中級レベル。
私のような雪山ビギナーにはぴったりな山だと思う。
とにかく眺望がよいので、ぴーかん日を狙うべし。
スポンサーサイト




お久しぶりです。待望の更新ですね。
「にのうじ」とは私も知りませんでした。読み方は難しいですね。
山自体も良さそうですが、展望が最高ですね。懐かしい飯豊の山々、羨ましい!
雪の量はいかがでしたか? GW前後に歩いた静岡近郊の1,500mくらいの山に結構な残雪があって驚きました。
夏山はどうされるのですか? 私はワンパターンですが、海の日に赤石岳周辺に行こうかと思います。

5月半ばに、宮ヶ瀬から丹沢三峰に登りました。34年前は下りたのですが、どっちも結構汗をかきますね。シロヤシオが咲き初めできれいでしたが。
【2014/06/06 13:11】 URL | ねも #tnzvu2vM[ 編集]
>ねもさん
いつもコメントいただき、ありがとうございます!

夏山は三連休は友人とのキャンプ予定があって、
キャンプ中に日帰りでどこか登ろうかな?ぐらいでして。。。
あとは北海道を狙っていますが、なかなか休み予定が決まらず。


あとは7月のどこかの週末で北岳に行きたいです!

【2014/06/28 10:28】 URL | ぽっか #fa7VEvUA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。