admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

130926_999.jpg
<日時>
 2013年9月22日(日)晴れ

<行先>
 乳頭山:別名 鳥帽子山(秋田 日本三百名山)

<アクセス>
 車:宮城の実家→[東北自動車道]→盛岡IC→乳頭温泉黒湯(乳頭山登山口)3.5h

<人数>
 単独

<コース>
 乳頭温泉黒湯(乳頭山登山口)→乳頭山山頂 ※ピストン(計画3h40min 実績3h50min休憩込み)
 
<内容>
青春バンザイ


この夏はアルプスの空気も吸わず、北海道行きも予定していたが悪天で中止に。
高山に上がりたくてうずうずしているが、まあしばらくの辛抱です。
山道が通れなくなる事はありますが、山は逃げない。

ってなわけで、悶々としながらも。


秋の三連休。稲刈りの手伝いをするため宮城の実家に帰った。
130926_111.jpg


一通り手伝いも終えたので、日帰りで近場の山に登ることにした。
選んだ山は乳頭山。
秋田の駒ヶ岳の山域にあり、秘湯乳頭温泉を麓に持つ山だ。
この辺りの紅葉は東北で一番早いのではないだろうか。

頂上付近での紅葉と、実家からのアクセス。
地図もないので、FieldAccess(スマホの地図アプリ)で登れるレベルのお手軽な山に
登りたかった。

前日の農作業の疲れからか、寝坊して朝6時に家を出る。
東北自動車道を北上し、岩手の盛岡で高速を降りたら下道を西へ。
130926_000.jpg


8月に起きた水害の影響で、秋田県境付近から所々で道路工事をしていた。


乳頭山は時間があれば秋田駒ヶ岳から縦走するのがとてもいいと地元の人に聞いた事があるが、
今回は最もポピュラーで手軽な乳頭温泉からのルートを行くのだ。
乳頭温泉の最奥、黒湯が登山口だ。
乳頭温泉は鶴の湯が有名だが、この黒湯もかなり良い湯でオススメだ。

09:10 黒湯出発
 駐車場は湯客と登山客で一杯だった。
 さっそく出発。
 130922_004.jpg

 黒湯の風情ある建物を横目に、硫黄の香りが一帯に漂う中を登って行く。
 130922_005.jpg

 登山道は沢沿いに延びているが、この沢が所々、温泉の匂いを漂わせている。
 温泉の吹き出し口と沢が入り混じったのだろうか。
 130922_006.jpg

 山登り好きで且つ温泉好きな私。このコンビはたまらない。
 130922_007.jpg

 
 130922_009.jpg


 



 今の時期は暑すぎず寒すぎず、湿度も低く、登山にはとてもいい時期。
 しばらく沢筋の樹林帯を登る。1時間ほど登ったところで視界が開けてきた。
 130922_018.jpg


 周囲の山が見えてくる。
 130922_020.jpg 

 130922_024.jpg


 合流して間も無く、前方に頂上が見えてきた。
 名前の印象からか、隆起が女性の乳房に見えて仕方がない。
 ちょっと歪な形ではあるが、、、。
 130922_028.jpg


 恐らく乳白色の温泉が麓で湧くことからこの名前がついたと思うのだが、面白い名前だと思う。
 とはいえ、山の地名にこの乳頭という名は結構多い。

 話を戻そう。。。

 頂上付近は紅葉が始まっていた。
 北東北の山は低山だけれど、秋の訪れは早いものである。
 130922_032.jpg

 「来て良かったなあ~」と思える瞬間だ。
 何回もシャッターを切りながらまったりと山頂へ。


11:20 乳頭山山頂 到着
 130922_039.jpg

 南方に秋田駒ヶ岳。
 笊ヶ森山経由での縦走は眺望よしで歩き応えもあって惹かれる。
 130922_034.jpg


 おっ。いいところでランチしている人がいるな・・。
 130922_036.jpg


 滝ノ神温泉方面からあがってくる人もいる。
 点線のコースだがバックに見える田代湿原が絵になる。
 130922_042.jpg
 130922_043.jpg

 頂上には秋田のツアーらしい20人ほどの おじちゃん、おばちゃんでごった返していた。
 突然ツアコンらしきお爺さんが私に向かって
 「せいすん(青春)、バンザイ!」
 ・・・と笑顔で声をかけてきた。

 意味がわからなかったが、どうやら周囲を笑わせたかったようだった。
 勿論、周囲もクスリとも笑わず、私が滑ったような空気が出来上がってしまった。
 「どうも、、。」と会釈をして苦笑いを返した。

 間も無くして一人の外人男性が頂上に着いた。
 横浜に住むフランス人の方で、今日が誕生日との事。
 大変に日本語が堪能だったのが運のツキ。
 おばちゃん軍団に「ナイスガイ!」「はぐしていい?」「来週、横浜いぐんだよ!」と絡まれ、挙句 にはツアーの集合写真にまで駆り出されていた。


 嵐のようなツアー集団が去ると、
 フランス人男性「アー、タイヘンダッタヨ。アレコトワルコトデキルトオモウ?
    コトワッタラ、オシタオワレルンジャナイカトオモタヨ・・。」
 と私に愚痴ってきた。
 私は同情の笑顔を返した。(下の写真の中央男性がフランス人男性)
 130922_041.jpg


 話が折れまくりだが、頂上からの景色は牧歌的でのんびりとしていて、
 秋田駒ヶ岳にムーミン谷と呼ばれる場所があるが、この辺一帯が物語に出てきそうな非現実感を
 味合わせてくれる場所のように私は感じた。
 130922_037.jpg

 火打や雨飾山の雰囲気に似ているなと思った。



13:10 乳頭温泉黒湯 到着
 そそくさと下山し、乳頭温泉の黒湯へ入湯。
 入湯温泉は鶴の湯が有名だけど、私は黒湯温泉が静かで一番好きだ。
 130926_888.jpg


 帰り道は「盛岡IC近くのぴょんぴょん舎本店で冷麺を食べて帰る。
 冷麺はあまり得意ではないのだが、盛岡にくると冷麺を食べたくなるから不思議だ。
 そして、ぴょんぴょん舎の冷麺は自分は一番好きだ。(他をあまり知らないけれどね)
 130926_777.jpg


 
スポンサーサイト




更新、心待ちにしていました。
秋の乳頭山、晴天に恵まれ紅葉もきれいで素晴らしいですね。私も行ってみたいと思いました。
この付近は、4年前の夏に秋田駒ヶ岳を半日歩いただけです。非常に印象が良かったので、夏か秋にもう少し歩き回ってみようと思うのですが、やはりちょっと遠すぎて‥‥
また、山の記録、楽しみにしています。

海の日3連休に赤石岳避難小屋で、ぽっかさんも出会ったご夫婦と楽しくお酒を飲みました。お時間あるときに、凍結されたままのコメント(笑)お読みくださるとうれしいです(レスは結構ですよ)。
【2013/10/25 08:30】 URL | ねも #tnzvu2vM[ 編集]
ねもさん!

コメントありがとうございます。
記事を更新しないとコメントが承認制になるという仕組みになっている
ようで、赤石岳避難小屋のコメントに気づきませんでした。
す、、、すみません。

まきchin&ごろ太隊と宴ってたのですね。
いいなあああああああ!!
【2013/10/26 00:54】 URL | ぽっか #fa7VEvUA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。