admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

130609_999.jpg
<日時>
 2013年6月9日(日) 晴れ

<行先>
 八ヶ岳 阿弥陀岳~赤岳~横岳(長野県)日本百名山

<アクセス>
 車:東京→諏訪南IC→やまのこ村 (3時間)

<人数>
 単独

<コース>
 美濃戸:やまのこ村駐車場→(南沢コース)→行者小屋→阿弥陀岳→赤岳→横岳→(地蔵尾根)
  →行者小屋→(南沢コース)→美濃戸:やまのこ村駐車場

<内容>
 ツクモグサとホテイランの写真を撮るために八ヶ岳へ。

 夜のうちに歩き始めようと思ったけど、、山ブランクが空いている身体は頑張れず、、
 双葉SAで仮眠・・。でこぼこ山道を抜けて登山口の美濃戸へ着く頃には7時になっていた。

 7時の出発は日帰りで赤岳を登るには やや遅めの時間。なのだ。



7:10 美濃戸出発
 それでもホテイランとの出会いに期待を膨らませて歩き始める。

 南沢コースを選択。
 130609_001.jpg

 10分後に絶滅危惧種のホテイランに遭遇。
 130609_002.jpg

 130609_009.jpg


 朝日を浴びて 輝いてた。

9:18 行者小屋通過
 ホテイラン撮影で時間を潰しすぎたので、、
 歩みは遅いものの休憩をせずに2時間歩き続けて行者小屋へ。

 途中で何度か鹿に遭遇。
 130609_017.jpg

 行者小屋でも休憩せずに、阿弥陀岳に登る。
 初めての阿弥陀岳。
 結構急登で、浮石の多いガレ場にもかかわらず、、結構 皆さん気軽に登るものだから
 落石に気をつけながら登った。 なにげに危ないなここ。
 130609_020.jpg

10:56 阿弥陀岳山頂到着
 頂上でまるっと360度の大展望。
 130609_023.jpg

 権現・編笠の眺望抜群だし。
 130609_024.jpg

 赤岳もばっちり凛々しいし。
 130609_025.jpg


 尾根沿いの赤岳天望荘。
 130609_027.jpg

 さっき通過した行者小屋はあんなに小さく。
 130609_028.jpg


 かなり疲れがまわってきたけど・・・アミノバイタルをチャージして、赤岳を目指す。


 早く行かないと・・・・(午後になると)横岳のツクモグサの花が閉じちゃう。
 そんな焦りで一杯だった。


 すたこら阿弥陀を降りて赤岳の登りに取り付く。
 振り返るとさっき登った阿弥陀岳。
 130609_030.jpg


 赤石の登り。
 三点支持で岩場を登るぐらいまでになると・・ピークはすぐそこ。
 130609_032.jpg


12:26 赤岳山頂 通過
 今日は赤岳には興味がなくって。
 やはり休憩せずに通過した。
 130609_035.jpg

 シャクナゲが所々で咲いていた。
 高山のシャクナゲって・・・いつも思うけど・・・きれいではない。。
 過去を思い返すと天城山のシャクナゲが 一番キレイだったな。
 130609_039.jpg


 赤岳天望荘でようやく腰を降ろして小休止。飲み物を飲む。
 休憩しながらお隣のベンチで休憩されていた横岳方面から歩いてきたと思われる登山者の方に、
 ツクモグサの開花状況を確認。

 「今が見頃ですよ!」とのこと。

 130609_040.jpg


 横岳の岩場。
 夏に歩いた記憶よりも、、3年前の冬の縦走の記憶を思い出す。
 130609_041.jpg

 険しい道が続く。
 130609_043.jpg

 130609_045.jpg

 振り返ると赤岳の絶景。
 残念ながら雲が多く、富士山は見えなかった。
 130609_044.jpg


 オヤマノエンドウ
 130609_048.jpg


 そして・・・。
 ようやく出会えた ツクモグサ。
 130609_052.jpg

 130609_054.jpg

 130609_057.jpg

 うぶ毛のようなフサフサがおもしろい。
 130609_067.jpg

 130609_074.jpg

 130609_075.jpg

 130609_081.jpg

14:30 横岳山頂 到着
 横岳手前から横岳まで、いくつか群落ポイントがあった。


 この後、硫黄岳に抜けて帰ろうと思ったが・・・体力が限界。
 下山することにした。

16:55 美濃戸 到着
 鹿に何度か遭遇しながらとっとと下山。



 帰りは韮崎ICでわざわざ降りて、お気に入りの韮崎旭温泉へ。
 結構疲れちゃったので・・お湯に溶けるんじゃないかというほどに まったりと湯につかる。
 そして・・お湯に揺られて・・・仮眠。
 気持ちよかった。



<過去の八ヶ岳 赤岳がらみの山行>
 2008年 夏の赤岳・横岳縦走
 2009年 冬の赤岳
 2010年 冬の横岳・硫黄岳縦走 1日目
 2010年 冬の横岳・硫黄岳縦走 2日目


 空梅雨のおかげで ようやく会いにいくことができた 八ヶ岳のホテイランとツクモグサ。
 大満足な日帰り山行だった。
スポンサーサイト




私が催促したからじゃないでしょうが(笑)また新しいレポートですね!
梅雨の晴れ間に八ヶ岳の主峰とツクモグサ、素晴らしいです。ツクモグサはそんじょそこらに咲いてはいないんでしょう?
昨年の海の日3連休に白馬岳で、もう終わりかけのにちょっとだけ会えましたが、こんなにたくさんしっかり咲いていたなんてうらやましい。ぽっかさんの山歩きは幅が広くて多くの楽しみがあって素敵です。
それにしても、日帰りで3山踏破とは、相変わらずやりますね。まだ6月上旬なのに残雪はなかったのですか?

この日は西丹沢・不老山にいました。お目当てのサンショウバラは盛りを過ぎていましたが、山頂や番ヶ平ではまだきれいな花もあって楽しめました。
実は昨年は1週間前に来たら早すぎたので、今年は9日にしたのですが、花の時季はずいぶん違うものですね。
【2013/06/22 15:44】 URL | ねも #tnzvu2vM[ 編集]
>ねもさん
コメントありがとうございます。

残雪は木陰部分(地蔵尾根の麓付近と阿弥陀ルートの麓付近)に少し
残っているだけで、問題ありませんでした。
八ヶ岳でいえば例年通りのようです。

不老山のサンショウバラ・・存じ上げませんでした。
こうしてまた登りたい山が増えていくんですよねー。
【2013/06/22 23:32】 URL | ぽっか #-[ 編集]
たまにはお役に立てて良かったです(笑)。不老山は歩きが楽なので、ファミリー登山にもぴったりかと思います。
当日、駿河小山駅から明神峠行きのバスは2台とも満員で、サンショウバラ目当てのハイカーで賑わっていました。

今月初めの温泉ヶ岳・根名草山付近は残雪多く結構難儀しました。日光澤温泉の小屋番は、私たちが何時間かかるか(本当に来るのか!?)、かなり心配してくれたようです。
【2013/06/27 08:20】 URL | ねも #tnzvu2vM[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。