admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

080726_999.jpg
<日時>
 2008年7月26日(土)晴れ後曇り

<行先>
 蓼科山(長野) 日本百名山

<アプローチ>
 車:東京→諏訪IC→7合目登山口(3.5時間)
 
<人数>
 2人(自分含む)

<コース>
 7合目登山口→70分→蓼科山荘→30分→蓼科山山頂(ピストン)
  総歩行時間 2時間50分 ※昭文社 山と高原地図参照
 
<内容>
23:30に家に着き、翌日計画していた谷川岳方面の天気予報をチェック。

見事に雨模様。 

谷川岳行きを止めて蓼科山に行くことにした。 

山仲間ロッキーさんをお誘いして、いざ山へ。



8:00に東京を出発する。

こんなに遅い時間に行動して大丈夫か?と思いながらも、コース確認すると、やっぱり短時間でまわれるコース。
だいじょうぶだいじょうぶと高速にのったら、八王子から20Kg渋滞でちょっとあせる。

10:00に八ヶ岳パーキング休憩すると、パーキングから八ヶ岳がみえる。
空も晴れていて・・・念のため 八ヶ岳の写真をパチリと撮っておく。
『天気が持ちますように』と祈る。

11:30 登山開始
 7合目登山口へは予定より到着が遅れ、いつもより遅い登山開始となった。
 080726_002.jpg
 080726_003.jpg


 しばらくは樹林帯がつづく。樹木がきれいである。蝶も多く舞っていた。
 080726_005.jpg



 
12:24 蓼科山荘着
 登りやすい山ということもあってか、
 家族連れのハイカー、小中学生、高校性に多くすれ違った。
 1時間弱の登りで蓼科山荘に到着する。
 080726_008.jpg


 山荘では高校生らしきパーティがヘリコプターを呼んでいた。
 仲間が怪我をしたそうだ。
 (ちなみにネットで調べたら警察&消防のヘリを呼べばは無料なんだそうだ。
  天候悪い時は飛ばない。仮に民間のヘリを呼んだ場合10万/10分、たいてい1時間で60万程度になるそうだ)
  

 ここから岩々の急登になる。ゆっくり登れば難なく登れる。
 080726_009.jpg

 080726_010.jpg



 ほどなく山頂へ。
 080726_011.jpg

 080726_013.jpg


12:48 山頂着
 蓼科山山頂の空は広かった。
 080726_022.jpg

 個性ある風景だ。岩庭が広がっており実に開放的な雰囲気だ。
 080726_035.jpg



 「着いちゃいましたね!」とロッキーさんに声をかける。
 ロッキーさんは体力が私以上にある方なので、全く問題なさそう。
 080726_018.jpg

 なんだか今日は簡単に山頂に「着いちゃった」感じがする。
 080726_039.jpg

 北ア方面の展望は雲にはばまれたが、近くの八ヶ岳とその下界は良く見えた。
 080726_020.jpg

 爽快な下界の景色を眺めながら飯にする。
 080726_025.jpg 

 時折そよぐ涼風が気持ちいい。
 080726_024.jpg

 昼食を食べていると救助のヘリコプターが山荘へ向かっていた。
 到着したようだ。

15:00 下山
 山頂の空気を満喫したら、名残惜しく下山。
 時間にも余裕あるし ゆっくり下るも、80分程度で下りちゃった。
 080726_040.jpg

 080726_042.jpg

  

 
 帰りは白樺湖湖畔にある『すずらんの湯』へ。
 湖をながめながらのんびり入浴。
 080726_044.jpg


 なんか、、もうひとやま登れる元気が二人共あったが、、、、、。
 ま、、、、「山 8分目」ってことで。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。