admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

120513_999.jpg
<日時>
 2012年5月13日(日) 晴れ

<行先>
 白毛門(群馬)

<アクセス>
 車:東京→(関越)→水上IC→土合橋 駐車場 3hぐらい

<人数>
 単独

<コース>
 土合橋 駐車場→松ノ木沢ノ頭→白毛門 (ピストン) [標準CT:6h、実績:7.5h(休憩込み)]

<内容>
 この山に行こうとすると関越が通行止めになったり、、重大死傷事故が起きたりして、、、
 3度目の正直で臨んだ山であった。

 その山は白毛門。
 その山そのものではなく、山が美しく眺められる「見るための山」というのがある。
 北アルプス山々がどの山よりも美しく見える「燕岳」しかり、
 浅間山が どの山よりも美しく見える「黒斑山」しかり、
 そして、谷川岳が美しく見える事でメジャーなのがこの白毛門だ。
 (他に、以前登山中に月夜野にお住まいの地元登山者の方に教えてもらったのが
  小出俣山、日白山、稲包山がこの付近の隠れた「見るための山」だそうで、
  いつか登ってみようと思っている。)

6:23 土合橋 駐車場出発
 GW明けの次の週は空きやすい・・・という法則通り、登山口に駐車している車もそこそこ。
 静かな山登りが期待できそうだ。
 120513_001.jpg

 登山口の付近にある馬蹄ルートのマップ。
 ここいつか周遊したいんだよなあ・・・。
 120513_002.jpg

 ハナゲ沢を渡って 山に入る。
 120513_003.jpg

 広葉樹ブナ林の新緑の天井が覆っている。
 私は夏時期の色濃い緑より、今時期のライトな新緑の色が好きで、、
 この色を浴びることで季節が巡りを確認できる。
 120513_004.jpg

 登山道にはイワウチワやタムシバ、時々シャクナゲを見かけることができた。
 120513_005.jpg

 120513_029.jpg


 ここでアクシデント。。。
 アクシデントの内容はお恥ずかしくて言えません。。。。
 山登り初めて これで、、、3回目のアクシデントかなあ・・・。
 過去に戸隠、八海山でもやらかしています。
 

 それはさておき。
 スタートから1時間ほど登ると木々の間からさっそく谷川岳が見えてきた。
 120513_006.jpg

 全景が見たいと・・心がはやる。
 120513_007.jpg

 登山開始からおよそ2時間30分程度、標高にして1300m程度の地点にて、
 雪道になってきた。
 残雪の腐れ雪。
 120513_009.jpg

 ここである事に気づく。。。
 スパッツ忘れたぜ・・・・・・・・・。


 しかもこの日の先行者は踏み抜いた形跡ないのに、、
 私が歩くと よく踏み抜く。日頃の不摂生がたたっている。
 踏み抜く度に、、象徴的なお腹をさすり、ダイエットへの決意を強めるのであった。

 120513_010.jpg

 しばらく残雪を登ると 中間地点の松ノ木沢の頭の手前の急登が現れた。
 ストックと三脚でバランスを取りながら、ノーアイゼンでガシガシ登る。

 急登を超えると松ノ木沢ノ頭までもう少し。
 谷川岳連峰の雄大な全景もこの辺りで姿を現す。
 120513_012.jpg

 あっちの山(谷川)も美味しそうである。。
 120513_011.jpg

 鎖場を抜け、
 120513_013.jpg

 白毛門のピークが姿を見せる。
 120513_014.jpg

10:00 松ノ木沢ノ頭 通過
 スタートから約2時間30分でようやく松ノ木沢ノ頭を通過する。
 120513_015.jpg


 ここでアイゼンを履く。

 ここから山頂まで急登が続くが、、
 120513_016.jpg

 少し横に首をふるとこんな景色が見えるわけで、
 120513_019.jpg

 血沸く、血沸く。
 120513_018.jpg

 すれ違う下山者によると朝はカチカチだったというが、
 この時間はもう随分と雪も腐り、岩も露出している箇所がある。
 120513_020.jpg

 登ってきた道を振り返る。
 トラバースを嫌って、多少藪っこかったけど直登するコース取りをとった。
 120513_021.jpg

 急登を一気に登ると山頂はすぐそこ。

 登山道に霜柱も多かったが、昨夜、朝方の冷え込みを表すかのように、
 山頂付近の木々は雨氷が付着していた。
 120513_025.jpg

 これがまたアートなんです。
 120513_022.jpg

11:08 白毛門 山頂到着
 山頂は絶景が広がっていた。
 120513_023.jpg

 空もアート。南東には武尊山や白根山が見える。
 120513_024.jpg

 北東には平ヶ岳も。
 もう少し雪溶けが進んだら、平ヶ岳に登るつもりである。
 120513_027.jpg

 と・・・ここで自分の時計がいつのまにかなくなっているのに気づく。
 さっきまで腕に巻いていたのに、、、、?あれ? どこで落とした??

 高価な時計ではないが、登山を始めたての頃に購入したもので愛着があった。

 スパッツの件といい、、、今日は(今日も?)抜けている・・・・。


 半ば諦めムードの根がネガティブシンキングな私。
 ダメ元ですれ違う少ない登山者に総当りで声をかけたら、、、「それ、拾いましたよ!」という男性の方。
 ベルトが外れた私の時計をバッグから取り出して渡してくれました。
 ひたすら感謝でございます。

 どうやらベルトのピンが外れて抜け落ちたようで・・
 いやそれにしても外れたのに気が付かないもんだろうか。。それほど景色に見とれていたのかもしれない。


14:00 土合橋 駐車場 到着
 話しは大きく逸れてしまったが、無事に登山口まで下山。


 日焼け止めを塗るのを忘れたもので、すっかり顔が赤く、、あつい熱を帯びている。
 翌日 会社に行くと 「山登りですか?」と皆から言われ、お恥ずかしい。。
 最後まで抜け抜けな残雪期の白毛門 単独行でした。


スポンサーサイト




白毛門!かっこいい山ですよね。
私は一か月前に行きましたが、雪 だいぶとけてますね。
馬蹄形 やりたいけど、雪がないあの登りはつらいなーって
思いました。
【2012/05/15 23:09】 URL | mimi #z8283xuI[ 編集]
mimiさん
コメントありがとうございます。
冬の馬蹄形、やってみたいですねー。
谷川岳、朝日も登りたいですが、越後のマッターホルン 大源太が憧れです。
【2012/05/16 22:42】 URL | ぽっか #fa7VEvUA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。