admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100926_999.jpg
「私の血はワインと豚骨スープで出来ているの。」by ぽっか
というぐらいワインと日本酒と肉とラーメンと寿司や野菜もキノコ類も、口に入るもんならなんでも
好きな私であるが・・・。

昔 ちょくちょく遊びに行っていた ワイナリーのワイン祭りがある・・というので、
友人や近所のお世話になっているご家族をお誘いし、ハイキングがてらに遊びにいってきた。
メンツ:(相方、よしさん、sunさん、健太郎さん、sunさんと健太郎さんのお子さん)

ワイナリーの名は「美味しんぼ」でも紹介されたことがあるという白百合醸造。
100926_888.jpg
このワイナリーだけ勝沼のワイン祭りより一週早くにフライング開催されるのだ。


高尾駅で合流し、10時頃に勝沼ぶどう郷駅に到着した。
100926_001.jpg

塩山まで行けばワイナリーの送迎があるが、あえて ぶどう郷駅で降りた。
100926_003.jpg


理由はワイナリー突撃の前にハイキング(散歩?)をしたかったから。
廃線となった中央本線 大日影トンネルを通る。
100926_007.jpg


トンネルを抜けると もひとつ扉のついたトンネルが現れた。
やはり廃線となったトンネルをワインカーブに再利用されているのだ。
中を見学させてもらう。
100926_012.jpg

トンネル内は エアコンにより温度調整されていてひんやりしていた。
100926_014.jpg

100926_015.jpg

再び ぶどう郷駅まで戻り、ぶどうの丘まで歩く。
100926_004.jpg

今日は天気も良くて気持ちのよい日和。
100926_019.jpg

丘をあがり、
100926_020.jpg

100926_023.jpg


ぶどうの丘に到着。
100926_027.jpg


ぶどう畑の勝沼の景色をバックに
100926_029.jpg

淡い色をしたコスモスがきれいだ。
100926_030.jpg


ここから白百合醸造まで歩く予定だったが、意外と遠いことがわかる。

仕方なしにタクシーでむかうことに。

白百合醸造は通常はワイナリー(工場)を見学し無料でワインが試飲できるが、
今回はワイン祭りなので、1000円の参加費用を払わなければいけない。

なんだ有料なんじゃんと 思うかもしれない。
しかし、、この1000円。とってもお徳なのだ。
まず ワインは赤・白・ぶどうジュース、もろみワイン。1500円以下レベルのワイン 全て呑み放題。
ワイングラスプレゼント。
ぶどう食べ放題。
さらに お土産としてワインを一本 持たされる。
さらに 通常の工場見学では入れない ぶどう畑の見学で、ワイン用のぶどうも直接摘んで試食できて
しまうのだ。

しかも宴席は ぶどう棚の下に設けられる。
100926_031.jpg

さっそく宴会開始。かんぱーい!
私&相方「るねっさーんす!!」
よしさん「ふるっ!!!」
100926_049.jpg
photo by よしさん


出店でソーセージやらつまみを買い込み、ワインを呑んで呑んで呑みまくる。
100926_046.jpg
photo by よしさん

小さいお子様向けにも手品をやっていたり、、縄跳び遊びをやっていたりと、、なかなかな
心配りがさすが。。


その後、祭り期間中数回にわたり開催される 工場見学&ぶどう畑見学に参加。
ワイン用のぶどうを試食しに行く。
メルロー、シャルドネ、カヴェルネ、シラーと なかなかに おいしい。
100926_033.jpg


中でもアジロンという種のしわしわのぶどうが 甘くておいしかった。
見た目はしわしわで冴えない=水分少ない=糖度高いぶどう なのだそうだ。
100926_036.jpg


至福。
ほろ良いで 食通気取り。
100926_034.jpg

あー楽し。
100926_035.jpg

よしさんもお酒は呑めない方だが、楽しんでらしたので、一安心。
100926_039.jpg

一応 ワイン工場の方も見学して・・・
100926_055.jpg
photo by よしさん

また向上内で呑み始める。。。
相方と。
100926_058.jpg
photo by よしさん


10杯以上は呑んだと思う。
いい気分。最高。





来年も遊びに来よう。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。