admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100706_999.jpg
スイス・フランス旅行4日目:ツエルマット~レマン湖~ジュネーブ

7/6(火)
5:00 起床
 自然に目が覚めた。
 窓の外に見えるマッターホルンを見ると、山際が浮かび上がっていた。
100706_004.jpg

 スイスリュッフェルベルグに朝がきた。
 100706_005.jpg

 アルプスの山々が朝焼けに燃える。
 100706_016.jpg
 100706_011.jpg

 外を見ると、この日も御来光みたさに早起きしているのは 日本人観光客ばかりだった。

 今日も澄み切った青空。
 100706_007.jpg

 牛のポーズ。
 100706_013.jpg


 ホテルに戻って朝食を取る。
 100706_021.jpg

 毎日 チーズとパンで、、私的にはこの時、熱い味噌汁が欲しくなっていた。
 相方はこれがお気に入りの様子。
 まあ、、スイスは チーズのレベルが高いとは思うが。
 100706_020.jpg

10:00 ホテルを出発
 アルプスとも今日で早くもお別れ。
 100706_023.jpg

 ゴルナグラード鉄道で下山する。 
 100706_025.jpg

 100706_026.jpg

鉄道で下る途中で一瞬見える 美しいツエルマット。
 生きているうちにまた訪れることが出来るものなのか。
 100706_028.jpg

 ツエルマットを後にし、鉄道移動。
 モントルーを経由し、ワイン畑が世界遺産に指定されているローザンヌ地方を通りジュネーブへ向かう。
 100706_032.jpg

 車窓からはレマン湖。
 100706_033.jpg

 100706_036.jpg

 100706_037.jpg


 フランス国境に近いジュネーブに近づくと、徐々に有色人種が増えてきた。
 おしゃれ度もアップ。きれいな人が増えたなあ・・・と内心 思っていた。
 100706_039.jpg

 ローザンヌ地区周辺は 大都市ジュネーブが近いにもかかわらず、結構 田舎村なのだという。
 住みよさそうだなあ・・と思いながら、外を眺める。
 100706_041.jpg

16:30 ジュネーブに到着
 ホテルにチェックインし、ジュネーブの街へ繰り出す。 
 歩いて回るのは大変なので、サイクリングで回ることに。
 レンタサイクルショップを探して入るが、店員が英語を話せず フランス語対応で苦戦する。
 100706_044.jpg

 相方はサイクリングしたがるくせに、結構 自転車の乗り方がおぼつかない。。
 ゆっくりフラフラしながら漕ぐので、心配だった。
 100706_047.jpg

 モン・ブラン橋を渡る。レマン湖へ流れる河口付近である。
 100706_052.jpg

 と東方の有名な大噴水が噴射。
 100706_054.jpg

 チューリッヒに続き、ここにもスワンが。
 もはや世界的にスワンは冬ものではないのですな。
 100706_056.jpg

 自転車を路傍にとめて、サンピエール大聖堂へ向かう。
 100706_064.jpg

 徒歩で散策し疲れ果てた日本人を見て なんとなく「勝った」という気分になる。
 ジュネーブの街並みが見渡せる気持ちのいい裏道を抜けて、
 100706_067.jpg

 サンピエール大聖堂到着。
 100706_070.jpg

 この撮影後、唐突に 成田離婚並みの喧嘩をする。

 有名な砲台らしいが、、、喧嘩に夢中で よく覚えていない。
 100706_073.jpg

 小学校の頃の教科書で見かけたような有名な「宗教改革記念碑」も なんとなしに 見る。
 100706_074.jpg

 地元の人で賑わう オイスター(牡蠣)レストランがあったので、
 牡蠣を食べて仲直りしたものの・・・・。いや・・危うかったです。
 100706_078.jpg


さて次回はいよいよフランス入国。
パリへ移動です。

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。