admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100731_999.jpg
<日時>
 2010年8月23日(土)晴れ時々曇

<行先>
 蓮華岳 日本三百名山
 針ノ木岳 日本二百名山

<アクセス>
 バス:東京→扇沢(夜移動:6時間)

<人数>
 単独

<コース>
 1日目:扇沢→針ノ木小屋→蓮華岳→針ノ木岳→スバリ岳→赤沢岳手前でビバーク
 2日目:→赤沢岳→新越山荘→種池山荘→扇沢


<内容>
1日目:扇沢→針ノ木小屋→蓮華岳→針ノ木岳→スバリ岳→赤沢岳手前でビバーク

6:00 扇沢到着
 針ノ木大雪渓に登らんと、早朝の扇沢へ到着。
 早朝だというのに、扇沢にはトロリーバスの切符販売待ちの行列。相変わらず立山は凄い人気だ。
 100731_004.jpg


 着いて早々に妙なおばちゃんにつかまる。
 いきなり剱岳の話をし始めたかと思うと、、、1分後には 違う話を始める おしゃべりなおばちゃん。

 おばちゃん「ねえ。風を見たことあるかい?」

 私「はあ??」

 おばちゃん「運転よ。車の運転。
       高速道路を100km以上で飛ばすだろ?
       そうすると 風の影響を車が受けるわけ。
       私は飛行機のパイロットの経験があるから、風をうまく利用して
       スピードにのるのよ。だから燃費も食わないわけ。」
 私「へえーー。なるほど!」

 意味が わからないが、適当に相槌をうっていると、気分をよくしたおばちゃんがまくしたててくる。。
 気が付いた時には20分も無駄に時間を費やしていた。。。。。。。


 ようやく準備を始める。。。
 トイレに行き準備体操をしていると、atsu510さんのブログで見た看板と同じ看板を見つけた。
 ダムダム君。
 凄いネーミングだ。
 100731_001.jpg



 給水をし、朝食のポテトチップスを食べる。
 山行前のポテトチップス。。(正確にはマウイチップス)

 こんな姿、相方に見られたら大目玉だろうなあ。。。


 と・・・ポリポリ食べていると、
 目の前を ふっと ゴロ太さんが通った


 はい・・・。2週間前に赤石岳山頂でバッタリをした、まきchin隊にバッタリ!!
 2度目ということもあり、写真撮影が おざなりになっている。私とまきchin隊
 100731_003.jpg


 まきchinさん & ゴロ太さん「ポテチを食べているので、ぽっかさんだと確信しました。」


 まきchin隊はこれから夏休み山行で、五色をかわきりに、黒部五郎いったりと...
 一週間ぐらい 北アを縦走して回るそうだ。

 自分から行程を聞いておきながら、うらやましすぎて 頭がおかしくなりそうだったので、
 途中から右から左へ抜けていっていた。


 ホントにお二方とも本当に人柄のよい方で、フレンドリーに話してしまった。
 また、山でも町でもお会いしたい。



6:30 扇沢出発
 まきchin隊に別れを告げて、到着から30分。ようやく出発だ。

7:00 針ノ木登山口 到着
 30分ほど歩いて登山口に到着。
 100731_007.jpg

 しばらくゆるゆると沢を横切りながら樹林帯を歩く道。
 樹林→沢横断→樹林→沢横断を何度も繰り返す。
 気温と湿度が高く蒸しており、早く高度をあげたかった。
 100731_009.jpg

 緑鮮やかなブナ林の針ノ木自然遊歩道を大沢小屋へと進む。
 100731_012.jpg

 樹林帯はブナ林で構成されている。湧水(伏流水)が動植物に好適地を提供している。
 100731_013.jpg


7:45 大沢小屋 到着
 ここで給水3リットル。これ以降 今日も明日も水場を通らないため、多めに給水をした。
 100731_017.jpg

8:40 大沢小屋 出発
 100731_019.jpg

 大沢小屋を抜けると、いよいよ大雪渓だ。
 100731_024.jpg

 アイゼンを持参していたが、履かないでも登れるコンディションだったので、履かずに登った。
 ※結構急傾斜なので、安心のためには夏場でも履くべきと思う。また下りは必須と思う。
 100731_025.jpg

 
 100731_026.jpg

 下を見ると、、ちょっとだけ足がすくんだ。
 100731_027.jpg

 
 100731_028.jpg


10:25 雪渓の終着点
 1時間半ほど もくもく登る。

 雪渓が終わったところで、一息いれる。
 100731_030.jpg


 花の百名山でもある針ノ木岳の指定の花は「キヌガサソウ」である。
 地味な花であまり好きではないのだが、指定・・というのを意識すると、なかなかよく見える
 から不思議。
 100731_032.jpg


 もうすぐ針ノ木峠の小屋である。
 100731_037.jpg

 小屋が近づくとチングルマの花群がちらほら見えてくる。
 100731_040.jpg
 
 100731_043.jpg

 さて、もうひと踏ん張り。
 100731_041.jpg

 上空はガスガスだが、ふっと一瞬ガスが晴れて、右手方向に針ノ木岳が一瞬見えた。
 100731_044.jpg

11:40 針ノ木小屋到着
 扇沢を出発してから、約5時間。
 ようやく針ノ木小屋に到着した。
 いろいろと写真を撮っていたのもあって時間はかかったが、、それほど疲れていないぞ今回。
 うむ。。行けるとこまで行ってみようか。
 100731_045.jpg

 見下ろすと ぞくぞくと 登ってくる。
 さすが北アルプス。
 100731_042.jpg



 (続きます)
スポンサーサイト




二度目のバッタリ、ビックリでしたね~~
いやあ、やっぱりポテチ、ですね。(^^

> うらやましすぎて 頭がおかしくなりそうだったので、
会社のヒトに言っても、全然うらやましがってくれないのですが(当然か)。
さすが山ヤ、そこまで言っていただけるとはナントモウレシイ反応(^^

針ノ木、意外と人が多いのですね。
私も、この1週間後に通過した時にビックリしました。
扇沢からだったら、種池のほうに登る人が多いのかな、と思ってたのですが(いや、もしかしたらそっちは芋の子状態になってる?!)。
【2010/08/26 21:38】 URL | まきchin #-[ 編集]
>まきchinさん
コメントありがとうございます。
恐らく種池は芋の子だと思います。
百名山、キレット、標高、人気のネタが多いのでしょうね。

最近はマイナーコースへの憧れふつふつです。
【2010/08/27 17:00】 URL | ぽっか #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


2010.07.10~07.11 針ノ木岳 前編からのつづき・・・ 朝、起床はAM5:00と遅い起床。 前日のラジオでこの日から天気は下り坂らしい ま... ROCKおやじの冒険【2010/09/20 21:53】

| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。