admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 100626_i04.jpg
 
<日時>
 2010年7月5日(月)晴れ

<行先>
 ゴルナーグラート(スイスアルプス)

<アクセス>
 山岳鉄道:ツエルマット→ホテルリュッフェルベルク→ゴルナーグラート

<人数>
 2人(w/相方)

<コース>
 ゴルナーグラート→ホテルリュッフェルベルク 2h

<内容>
13:00 ツエルマット出発
 ホテルを出て、ツエルマットの駅へ向かう。


 道すがら、「妙高」というレストランを発見。
 妙高とツエルマットは姉妹都市なんだってさ。
 100626_332.jpg

 ツエルマットの駅からはゴルナーグラートというアルプス山脈の29の4,000 m峰といくつかの氷河に
 囲まれている観光地までゴルナーグラート鉄道という山岳列車が出ている。 


 さっそく列車に乗り込む。
 AMはさぞ混んだことだろうが、いまは一応 昼下がり。
 こんな時間から行動する人はいないわけで、列車はガラガラだった。
 100626_334.jpg

 いきなりの急勾配を力強く 進んでいく。 
 100626_337.jpg


 みるみる眼下にジオラマのように小さくなっていくツエルマットの街並みが美しかった。
 車窓越しに絵画を見せられているようだ。  
 100626_339.jpg

 森林限界を超え、列車はどんどん高度を増していく。
 100626_346.jpg

 うほー。マッターホルン! 
 100626_348.jpg


 リュッフェルベルク駅に到着。
 ここに我々が泊まるホテルがあるため、途中下車してチェックインするのだ。
 100626_355.jpg

 赤べこ?
 駅前のこんなお茶目なオブジェも、絵になるアルプスは凄い。
 100626_356.jpg

 大きなスーツケースをガラガラ引いて、ホテルへ向かう。
 すごくない? このロケーション。
 付近はホテル意外に何もない。最寄駅自体がそもそもこのホテルのためにあるようなもの。
 100626_358.jpg

 景色をみては うひゃうひゃ。ひつじを見ては うひゃうひゃ。
 100626_362.jpg

 ホテルからマッターホルンの眺めは最高。 
 絵葉書の世界が目の前に広がっている。
 100626_366.jpg

 今夜の宿、ホテル リュッフェルベルグ。
 ホテルもかなりかわいい。
 かの小説家、マークトウェインも宿泊したことがある レトロなホテルである。
 100626_367.jpg

 意外と狭い部屋だが、まあ許容の範囲。
 かわいい家具にインテリア。
 100626_369.jpg

 このベッドに横たわって・・・窓に目を向けると・・・。
 100626_373.jpg

 はいっ! マッターホルンっ!!
 100626_368.jpg

 はいここ。試験に出ますよっ。

 部屋に入って・・・ベッドに寝転がると・・・ はいっ、マッターホルンっ!
 [広告] VPS



 もひとつスペシャル動画。
 しょももさんのブログから盗ませていただいた iphoneノウハウを活用して・・・

 iphoneでマッターホルンを微速度撮影してみた。
 [広告] VPS


 な。。なんか。。。
 おいおい。。  初めてにしてはうまくできてるんじゃねえええええ???!! 
 しょももさん、勝手に情報を盗んでますが、おかげで 楽しめています!
 ありがとうございました!
15:00 リュッフェルベルク出発
 さて、部屋でゆっくり仕度を整えたら・・・・トレッキングに出発。
 100626_374.jpg

 ホテル前の牛が かわいい。
 100626_380.jpg

 カウガール?
 100626_375.jpg

 マッターホルンにかかる雲が完全にとれた。
 あいかわらずの青空に乾いた空気。
 100626_382.jpg

 ゴルナーグラート鉄道に乗り、終着駅のゴルナーグラートへ向かう。


16:00 ゴルナーグラート到着
 20分ほどで 標高3100mのゴルナーグラートへ到着。
 ゴルナーグラートには やはり歴史あるホテル・ベルベデーレと展望台がある。 
 100626_399.jpg

 大迫力のゴルナー氷河。 すごいっ!
 100626_392.jpg

 
 こちらはフィンデル氷河。
 歩いてみたいが、遠めに見ても クラックが怖そう。
 100626_414.jpg

 100626_425.jpg


 展望台ではモンテ・ローザ、リスカム、マッターホルン、ドム、ヴァイスホルンなどの多数の4,000m級の
 山々を眺めることができた。
 100626_396.jpg
 100626_409.jpg

 
 時間が経つのも忘れて、この大迫力の景観に酔っていた。
 100626_397.jpg

 同じような写真ばかりで恐縮だが、、やはり山は見慣れていても、氷河を見るのは初めてだったので、、、
 意外と感動してしまったのだ。
 100626_413.jpg

 100626_411.jpg

 100626_417.jpg

16:30
 展望台で遅い昼ごはんを食べる。
 昼食はツエルマットのスーパーで買った。私はサンドイッチだが、相方は、、、なんと おにぎりを
 買っていた。
 100626_420.jpg


 これが、、、、すこぶる、、、まずかった。
 ごはんはカピカピ。のりもしけっていて、、、、間に挟まった生サーモンも いけてない。
 日本を・・・舐めるなっ!スイス!!


 100626_426.jpg

 

 展望台からみる マッターホルン! 存在感は別格。
 100626_424.jpg

 山頂をズームアップ。誰か登っている人がいるんだろうか。。。 
 100626_422.jpg

 ホテル近くには小さな教会が併設されてあった。(スイスはこういうパターンが多い)
 100626_405.jpg

 教会内部。
 100626_408.jpg



 この後も土産物だのを物色した関係で、、、あら、気づいたらいつのまにやら夕方の17:00。
 そろそろ出発しとこうか・・。

 てなわけで。
 ・・・いよいよトレッキング開始。





 (つづきます)
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。