admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

091103_777.jpg
<日時>
 2009年10月31日(土) 晴れ
     11月1日(日)晴れ

<行先>
 庚申山、鋸山、皇海山

<アクセス>
 電車:東京駅→通洞駅 (4時間)
 タクシー:通洞駅→かじか荘付近のゲート (20分)

<アプローチ>
 かじか荘付近のゲート→一の鳥居 1h

<人数>
 4人(w/アードベッグさんノブさんめたろーさん

<コース>
 1日目(10/31):国民宿舎かじか荘付近のゲート~一の鳥居~庚申山荘
 2日目(11/1):庚申山荘~庚申山~薬師岳~鋸山~不動沢のコル
  ~皇海山~不動沢のコル~鋸山~六林班峠~庚申山荘~一の鳥居~国民宿舎かじか荘

<内容>
 江戸時代に庚申山~鋸山~皇海山の険しい尾根を行く「三山駆け」をする信仰登山があったといい、
 皇海山に登るなら、このコースで巡ることに思い入れがあった。

 そうして今年6月に「庚申山に咲く天然記念物コウシンソウ」を見ることも兼ねて
 山仲間みいさんと、mixiの山登りコミュニティで知り合ったアードベッグさんと一緒に庚申山に
 登った。(記事はこちら

 しかしながらその時はコウシンソウは見れたものの、予定していた庚申山の登頂と皇海山までの
 ロングコースの縦走は天候悪展のため断念。敗退登山となった。

 直後に「また季節を変えて・・そうだ。晩秋頃にリベンジしましょう。」とアードベッグさんに思惑を話し、
 年内リベンジを共に目標とした。

 そして季節はあっという間にめぐり10月に入った。

 庚申山荘が思いのほか立派な無人小屋であったのもあって、リベンジは山仲間を誘い、
 成功へのハードルはあがるが・・・もっと楽しい山行にしようと思っていた。

 前回同行したリベンジャーアードベッグさんをお誘いし、同行OK。
 もう1人のリベンジャーみいさんは寒さにめちゃくちゃ弱い人なので・・NG。
 つうかみいさんは冬になると職場から自宅の布団に直行するぐらい寒さが苦手
 新たにmixiや旧来からの山仲間で一緒に行けそう&行きたいと思う人に声をかけ・・
 山歴長い野宿マニアなバイク乗りめたろーさんと・・
 南ア深南大好き藪漕ぎマニアなワンゲル出身ノブさんをお誘いしOKをもらう。

 計3名。

 つわものがそろった。。

 皆さん山慣れした方ばかり・・・とはいえ、今回は初めてのパーティであり、意外と危険な葉境期の
 ロングコースであり、、不安ももやもや。

 公私忙しく顔合せする機会は作れなかったが、mixiで相談用のコミュを作成し、
 行程やコース説明を入念に行い計画書を作成した。

 そして、、当日を迎えた。
 一時は荒天予報に諦めかけたが・・直前予報で荒れるのは日曜の夜からとわかり、決行する
 運びとなった。

1日目(10/31):国民宿舎かじか荘~一の鳥居~庚申山荘

10:51 通洞駅到着
 電車を乗継ぎながら4時間ほどの長旅をへると・・・
 091103_001.jpg

 徐々に車窓の景色から人家が消えていった。

 代わりに車中には紅葉目当ての観光客が増える。
 観光客が途中駅で徐々に降りていき、電車は我々を渓谷沿いの線路を深山へいざなう。

 我々は鉄道の終点近く、渡良瀬川上流域にある足尾エリアの通洞駅で降りた。
 登山者は我々の他にはいなかった。

 091103_002.jpg

 駅に降り仲間と合流。
 挨拶を交わす。

 さっそく予約しておいたタクシーに乗込む。
 道なりに点在する工員の住居跡や銅山の抗口を窓の外に見ながら、10分ほどで登山口のかじか荘先の
 林道終点へ到着。
 091103_003.jpg

 登山計画書をポストに投函し、出発。
 出発前にポテトチップスをほうばる私に突き刺さるメンバーの冷やかな視線。
 「このデブ・・いきなりポテチかよ・・」と呆れるメンバーの心の声が聞こえてくるではないか。

 仲間「いきなり・・ポテトチップスですか・・・・。(苦笑)」
 私「これ・・輸入菓子だから ぎっしり詰まっていて 山では重宝するんですよ。
   オリーブオイルチップスですし、カロリーも低いですし。」
 と・・なぜか あせりながら筋違いな回答をする私。

11:30 かじか荘 出発
 とにもかくにも。。。いざ、出発!

 いきなりだるい林道歩き。。。となるはずだったが、紅葉ピークで色鮮やかな林道となっていて、
 単調ながらも飽きずに歩けた。
 091103_010.jpg

 写真をバッシャバッシャ撮りながら歩く3人。
 091103_007.jpg

 091103_012.jpg

 091103_013.jpg


12:25 一の鳥居 到着
 1時間ほど歩いて、山の入り口 一の鳥居に到着した。
 091103_020.jpg

 広葉樹林帯の鳥居周辺は藪もなく、ところどころに岩が露出していて、公園のような美しさ。
 091103_021.jpg

 鳥居近くには庚申七滝という名所あるので、荷物を置いて滝を見に行くことに。
 091103_023.jpg

 季節が違えば山は別世界。6月とはまた違った光景に2回目なのに初めて踏み入れたような
 新鮮味を覚えた。
 091103_027.jpg

 091103_028.jpg

 091103_032.jpg

 091103_036.jpg


12:58 一の鳥居 出発
 さて・・・一の鳥居出発。
 だが・・・私はちょっと準備をすることが・・。

 今日は10月31日。

 10月31日といえば・・・・ハロウィンでしょーー!!
 091101_037-2.jpg
 photo by めたろーさん

 事前に用意してきたカボチャマスクをかぶり仮装登山することに。
 091101_037-1.jpg
 photo by めたろーさん

 一の鳥居からしばらくは紅葉最盛期。
 091103_038.jpg

 広葉樹が多く、登山道が赤や黄色で彩られる。
 091103_039.jpg

 うわあ・・・きれいだあ。。。  歓声あげながら 進む。
 

 ところで私のカボチャ仮装。
 091103_043.jpg
 

 すれ違う登山者は じろじろ私を見ながら無言で通り過ぎていく。。
 恥ずかしい。
 091101_301.jpg



 10分ほど歩くと随分と暑い・・・。息苦しい。

 ・・・たまらず脱いじゃった。


 しばらく紅葉に見とられながら歩く。
 091103_044.jpg

 美しい。6月にみた景色とは全く異なる風景が姿を現し、
 「庚申山は季節の顔がはっきりしていて なかなかいい山だ。」とつくづく思うのであった。
 091103_048.jpg

 JR東海の「京都、行こう」CMのコピーにもありましたが。。。
 「どなたか、この美しさについて、理論的、科学的に説明していただけませんか?」
 091103_051.jpg

 これもコピーから。。。「過ごす場所を選ぶだけで、人はそうとう幸せになれるもんだ。」
 091103_054.jpg

 もっと寒いかと思いきや・・意外と気温が暑く。皆 半袖で歩くほどであった。
 091103_056.jpg


<皇海山 三山駆け 1日目:銀山平~庚申山荘(2of2)★★>へ続きます。
スポンサーサイト




暫く見ない間に、人相が悪くなりましたね。
まるで、カボチャの怪物みたいですね。
【2009/11/05 19:12】 URL | 那ぁ #-[ 編集]
那ぁさん、コメントありがとうございます。

ええ。
ある日おきたらカボチャ頭になってました。

カボチャ・・っていうか・・。

私・・ガタイがいいもんで・・・ストロングマシーンみたいですよね。
http://www.njpw.co.jp/wrestleland/prof/img_2006/ssmachine.jpg
【2009/11/05 21:01】 URL | ぽっか #-[ 編集]
ぽっかさんてば・・・おもしろすぎです。
ポテチのくだり、大爆笑。・・の隣でウチのごろ太氏、俺も喰いてー!!と。
気が合いそう?!

お天気もよく、紅葉も楽しめ、コウシンソウの時期でなくともかな~りよさげですね。
夜の鍋も充実しててすばらしい。
皇海山アタックも(?)面白珍道中でしょうか、楽しみです!
【2009/11/05 23:59】 URL | まきchin #-[ 編集]
まきchinさん、コメントありがとうございます。
ゴロ太さんにくれぐれも宜しくお伝え下さい。
「俺も食いてー」にぽっかが喜んでいた・・と。

山登りだろうが、なんだろうが、、運動前はこれ(ポテチ)を
食えばいいんです。どんなに登山でカロリー消費しても太りますから。
軽いし、非常食としても最適。チョコと交互に食えば至福。
難点は・・喉が渇くことですかね。。ま、これが致命的な感じありますが。

ポテトチップスは日本製のはおいしいけど、パッキングが
ダメダメすぎます。かさばりすぎ。
また、圧倒的に少量なのもだめ。
おいしいなあ・・と思って手を突っ込んだ時に ポテチに指が
あたらなくなった時の喪失感。絶望感。
「あれ・・もう無いの!? 早くない? おまえ、さっき一度に5枚食べたろ」

喧嘩の種にもなりかねません。。


そこで、おすすめしたい この商品。
GoodHealthのオリーブオイルチップス
http://kakaku.ecnavi.jp/item_info/21106949770305.html

日本製でも、、私が大好きなのはこれ。
マウイチップス。
http://www.e-socio.co.jp/hula/product_hula.html

いずれも袋にぎっしり入っているし厚切りでボロボロ
崩れにくいので、山中に泊まって夜中にお腹がすいたときにも、、
手軽にポリポリできる優れものなのです。

ご清聴、ありがとうございました。
【2009/11/06 09:47】 URL | ぽっか #-[ 編集]
うわ~、ぽっかさんとごろ太君、ポテチで一晩語れそう。
というかぽっかさん、ポテチ師匠?(^^

袋でポテチ持ってくと、かさばるのが難点なんですよね~。
なのでもっぱら、山のお伴はチップスターなのですが・・・(見た目=量、だし)
マウイチップス(小袋)、かなり良さげ!!
しかも厚切りチップ好きのごろ太君、かな~りかぶりつき!!
これ、使わせていただきます。

ウチの場合は、下山後のおやつ(もしくは車中泊の酒のアテ)はポテチ解禁、という感じです。
食べても消費できる(もしくは、消費したから食べる)、というハラですが。
いや、いいんですよ。美味しいんだから。

いやはや、非常に参考になりました。
ありがとうございます。多謝。
【2009/11/11 01:50】 URL | まきchin #-[ 編集]
熱くなってしまいました。いや、お恥ずかしい。。。笑

友達とポテチ議論をすると、、やはりチップスターを持ち出されること多いです。

私もチップスターは大好きですよ。
昔は5/8チップなんてのも大好きでした。

携帯性だけでなく、時々欲しくなる味ですよね。

言うほど 食い物へのこだわりは、、あるようで、、ないんですけどね。
【2009/11/11 10:38】 URL | ぽっか #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。