admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

090906_777.jpg
photo by 那ぁさん


<日時>
 2009年9月6日(日) 晴れ(夜は月夜)

<行先>
 燕岳、大天井岳、常念岳(長野県) 
 
<アクセス>
 車:東京→三股 2.5h
   三股→中房 1h (※回送)

<人数>
 2人(w/那ぁさん

<コース>
 中房→燕山荘→燕岳(ピストン)→大天井岳→常念岳→三股口 [15時間コース]
 実績:休憩込で14時間


<経緯>
 3ヶ月ほど前。

 「いつかご一緒したいですねえ。」・・・・・と、このブログを通してコメントをやり取りさせて
 戴いた 那ぁさんに 「がっつり いけるとこに行きたいです」 ・・・と
 私が欲求コメントを出したのをきっかけとして、

 その欲求に那ぁさんが応えてくれる形で、企画・計画が決まり、、、この度、山行をご一緒
 させて戴くこととなった。

 表銀座・常念縦走コースを 那ぁさんと2人で歩いてきた。
 そう・・・・。ガッツリっていうぐらいだから・・・。
 日帰りである。

 実は那ぁさんとはmixiやブログでコメントを交わすだけのバーチャルな関係だ。
 つまり・・山登りどころか、、、一度もお会いしたことがない。
 (那ぁさんというハンドルの由来すら知らない。)

 そう・・・・この変態的な山歩きが初顔合せなのである。
 私はこう見えても・・・・人見知りで、人間不信の塊であったりする。

 090906s_000.jpg
 こう見えてもねっ。 

 そんな私が いきなり初顔合わせで、 こんな濃厚な山行に行くなんて・・・普通ならありえないのだが、
 (逆に私を那ぁさんに信頼してもらえるだろうかが不安でもあり)

 互いのブログを見知りしたことで、同行するに不安がほとんどなくなったのかもしれない。
 恐らく那ぁさんも私と同様の心情であったことと思う。  もしくは、お互いに気まぐれか。

 話を少し戻して那ぁさんの紹介から。那ぁさんと知り合ったきっかけは、、、
 mixiで山コミュのお誘いメッセージをくださった 山ブロガatsu510さん
 ・・・から紹介していた山のブログ三脚マンさん
 ・・・の去年の初冬の双六岳登山の道すがらで三脚マンさんが出会った方
 ・・・が那ぁさんで・・・・同三脚マンさんの記事を拝見して、那ぁさんの日記を知り、
 ・・・見にいくようになり、コメントのやりとりが始まり・・・・。
 そう・・・あまりにも遠い「知り合いの知り合いはアルカイダ」みたいな? 関係なのである。
  ※atsuさん、三脚マンさん勝手に名前だしてごめんなさい。


 話をまたまた戻して・・・経緯へ。
 いくつか那ぁさんが提案してくれたガッツリコースの中から 私が選択する形でコースを決定したのが、
 8月の終わり頃。

 先週になって、バタバタと日程決めて段取りを始めた。
 といっても・・・私がたてこんでいたこともあって、那ぁさんにおんぶに抱っこな始末。
 (那ぁさんすみませんでした)

 山行の数日前に登山届の作成のために、互いにプロフィールを交換し合う。
 那ぁさんからもらった届出のフォーマットには、、身長・体重の記載もあった。
 那ぁさんの体重・・・・・私より20kgも軽いです。。

 「やばい・・・体重書いたら一緒にいってもらえないかも・・・・」

 そんな不安を抱きつつ、更に 3kgの サバを読んで 体重記載のプロフを返信。
 往年のアイドルかっ俺っ。

 そんなこんなで・・・・いよいよ決戦の日曜日を迎えることとなる。
 いつもながら前置き長くてすんまそ。


<内容>
9/5(土)
23:00 梓SA 集合
 土曜の昼に2時間程 昼寝をし、、体調万全で集合場所の梓SAに到着。
 那ぁさんとご対面。

 ・・・とはいえ、互いにネットで顔を知っていたので、挨拶もそこそこに下山予定の
 常念岳の三股登山口へ回送用の車を置きに移動。車を1台デポって、燕岳登山口の中房へと
 更に移動する。

9/6(日)
0:50 中房登山口 到着
 日付が変わって1時頃に中房に到着。駐車場は既にたくさんの車で埋まっていた。
 が・・当然車中泊か、前夜出発した人達の車。
 こんな深夜に出発の準備をしているのは私達ぐらいである。

1:04 中房登山口 出発
 深夜1時に中房を出発。こういう山行をかもしか山行というらしい。

 空は月夜で明るい。標高1400mにもかかわらず、風は無く、気温も以外と暖かった。
 薄手の長袖シャツでいいぐらい。
 気分が高揚する。
 090906_001.jpg
 photo by 那ぁさん

 まずは燕小屋までの4時間コースをアルバイトだ。
 先頭は那ぁさん。秒刻みより若干早い小気味良いリズムで急坂を登っていく。
 後ろを 離れずに付いていく私。

 深夜発で、しかも1日に15時間というロングコースを歩いたことはなく、
 ペース配分に不安があったため、那ぁさんに先頭を歩いてもらい、 ペースを委ねることに。

 普段の私の歩き方よりも早いペースではあるが、全体行程&ガッツリコンセプト
 考えたら適当でもあると思いながら付いていた。
 
 合戦小屋まであがると、眩い月明かりが雲海を照らしていた。
 山頂付近にヘッドライトの光がみえる。燕山荘の登山者が活動をはじめているらしい。
 090906_003.jpg
 photo by 那ぁさん

 眠気は・・・吹き飛ばないが、体が温まり 力が漲ってくるのを感じる。
 今日は、、いつもの山行と違って軽量化。

 デジイチも重いとの理由で置いてきた。
 脚をあげたときに邪魔になるカメラバッグもない。

 同行の那ぁさんに迷惑をかけたくないとの重いから、、いや、マジモードなのである。
 ってことで、、撮影はiphone。夜景写真もなく寂しいが・・・・。


3:57 燕山荘 到着
 CTよりも1時間早い3時間ほどの歩きで、燕山荘まであがると、
 090906s_001.jpg

 浮かび上がるアルプスの鋭鋒群の荘厳な景色が目に飛び込んできた。
 夜なのに昼のように月明かりが眩く、景色を闇に浮かびあがらせる。
 (デジイチないので、、、写真は・・・ない。)


 「お疲れ様。行けそうだね。」

 声を掛け合う。

 互いの呼吸や歩き方をみて、手ごたえならぬ脚ごたえを互いに
 感じるものがあったようで、早くも今回の山行が素晴らしいものに
 なるという予感がしている私と那ぁさんだった。

 
4:32 燕岳頂上 到着
 稜線はさほど風は凪だったものの、
 秋の高山のような冷えようで、インナーダウンをはおるぐらいだった。
 小屋から30分ほど歩いて燕岳の頂上に到着した。
 090906_006.jpg
 photo by 那ぁさん


 頂上には小屋からご来光みたさにやってきた人達がちらほら。

 私と那ぁさんは岩陰に座って風を避け、雲海を眺めながらご来光を待った。 眠い。。寒い。。
 090906_012.jpg
 photo by 那ぁ

 5時を過ぎて、待てどもご来光が登らなかったので、(それもそのはず日の出は5:24だったそうだ)
 降りることにした。

 360度見晴らしよく。北燕もよく見える。那ぁさんはこの北燕の景色がお気に入りのようだ。
 090906_016.jpg
 photo by 那ぁさん

 とりあえず、2人で ピークゲットだぜ証拠写真。
 090906_019.jpg
photo by 那ぁさん
 帰ってから相方にこの写真を見せたら・・・「ぽっかさん・・・ダンゴムシみたいだねっ」 って言われた。

 イルカも定番ってことで。
 090906s_011.jpg

 裏銀座の上方に見える月は、もうすぐ登る朝日に負けまいと 光っていた。
 090906s_015.jpg

 那ぁさんの調子もバッチし(左)。 私もブーム再来、ボルトポーズ(右)。
 090906s_014.jpg 090906_030.jpg
 photo by 那ぁさん

5:10 燕岳頂上 出発
 小屋に降りる道すがら・・・5:25頃に小屋付近の稜線でご来光を見た。
 090906_028.jpg
 photo by 那ぁさん

 「さあ・・今日は熱くなりそうだな。」

 朝焼けで橙色に染まる槍の穂先を見て つぶやくのだった。
 090906s_016.jpg

 さあ。。。表銀座の縦走路に入るぞ。

スポンサーサイト




じ、十五時間ですか?! 長いですね~~~。
しかもあの稜線を一日で歩くとは。

でもスバラシイお天気だったようで、いいですね~。飽きないですよね~~。

続きが楽しみです。どきどき。
【2009/09/10 01:11】 URL | まきchin #-[ 編集]
>まきchinさん
こめんとありがとうございます。
まきちんさんも先月逆コースで行かれてましたよね!いつも記事を楽しみに拝見しております!

終わってみれば、「こんなものか」でしたが、翌日の筋肉痛が過去最高にひどかったです。下りってつらいですよねえ
【2009/09/10 10:45】 URL | ぽっか #-[ 編集]
ぅうううう。(>_<)

嬉し泣きしちゃうくらい、愛情溢れるレポですね。
いやぁ、こんなにちゃんと書いてくれるなんて(しかも3部作)
ぽっかさんが更に大好きになりました。

なんか照れるけど、こうやってお気に入りBlogに
自分が登場するのは嬉しいものですね。
マジ、嬉しいです、有り難う御座いました。

続きも、楽しみです。
ぽっかさん、また、何処か一緒に登りに行きましょう。(゚∇^d) グッ!!
勿論、次のテーマはマッタリで。(≧∇≦)ノ ハーイ♪
【2009/09/10 10:50】 URL | 那ぁ #-[ 編集]
15時間とは、凄い!
それにしても、天気も良くて良かったですな!

表銀座の燕、大天井は、まだ行ったことないので
行ってみたい山です!

おいらは、日帰りに無理そうなので
1泊2日コースかな?^^;
【2009/09/10 15:57】 URL | アードッベッグ #-[ 編集]
はじめまして~!
いつも楽しく拝見させてもらってます♪

今度はどこだろう~と思って来てみたら、
うちと同じく燕岳でした!びっくり(゜゜)

土曜に燕山荘のテント場に泊まる中房からのピストンだったので
すれ違いだったとは思いますが・・・

日曜の朝はお天気良くて雲海から登るご来光きれいでしたね♪

それにしても、それから常念ですか・・・

さすがです!
【2009/09/10 21:48】 URL | mari #SbYG1Vtc[ 編集]
>那ぁさん
コメントありがとうございます。
いやいやいや、、恐縮です。

そんなに褒められちゃうと、、那ぁさんのこと
悪くかけないじゃないですかあ。笑

まったり登山ぜひぜひ 行きましょう!
稜線でまったり酒でも飲みながら・・いいですね~。


>アードさん
コメントありがとうございます。
アードさんも、しょっちゅう山にいってらっしゃるので、
全然体力的にはいけると思いますが、、自ら望んでは
やらないですよね?

私もそうです。 いつもだったら・・やらないです。。

今回は たまには軽荷で体力チャレンジ的な山行も
したいなっ・・ていう感覚で、同行の那ぁさんも
同じような趣旨でした。

ってことで、まったり登山、、、引き続き遊んでやってください。
(シルバーウィークの件、返信遅くてすみません。
 後でメールしますが、私 日程が調整できなくって
 NGみたいです)


>mari さん
コメントありがとうございます。
燕いってらっしゃったのですね。
小屋付近などですれ違ってそうですねえ。
むむ。。お話したかったです。

mariさんも山ブログやってらっしゃるんですね。
後で遊びにいきます!
【2009/09/11 10:28】 URL | ぽっか #-[ 編集]
焼肉登山好きです。
つまみに、新鮮なお刺身とかも大好きです。
西岳(北ア南部でお気に入りのテン場)で
まったり宴会ってのも良いですよね。
三俣蓮華も捨てがたいけど…
【2009/09/11 18:49】 URL | 那ぁ #-[ 編集]
>那ぁさん
宴会。。いいですねえ。
なんでん食いますよ。
いきたいなあ。いけるかなあ。
【2009/09/12 15:42】 URL | ぽっか #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。