admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

090814_999.jpg
穂高連峰縦走(1日目):北穂高★★>から続きます。


2日目:北穂高キャンプ場 → 涸沢岳→奥穂高岳→前穂高岳(ピストン)→岳沢→上高地BT

<内容>

なんと・・・ この日は、夜に横浜で呑み会の予定があるため、、早くに下山しなければ
いけなかった。 しかし、できるだけ、、、濃く山登りを楽しみたい。


4:20 北穂高キャンプ場出発
 予定では4時前にはキャンプ場を出発するはずだったが、ちょいと寝坊してしまった。
 それでもキャンプ場を一番に発つ。(ってか、、暗いうちからガサゴソすみません・・。)
 まだ外は暗い。ヘッドライトをつけて 急な岩場を気をつけて登る。

 とはいえ、、20分ほどもしないうちに 空が明け白んできた。
 090814_123.jpg


 ちょうど北穂の影になってご来光は見えなかったが、 それよりも先に進みたかったので
 黙々と岩場と格闘する。

 朝焼けが涸沢岳と奥穂高の岩肌を照らす。
 090814_127.jpg

 槍ヶ岳は やっぱし かっこいい。
 090814_128.jpg

涸沢カールも朝焼けに染まる。
 090814_132.jpg

 北穂の山陰から太陽が覗かせる。
 今日も暑くなりそうだ。
 090814_133.jpg

 北穂から涸沢までの稜線は鎖場、ハシゴが続き、手足を使って進むシーンが多い。
 090814_134.jpg
 
 なんか久々の岩場だったもんで、
 090814_135.jpg

 嬉々として登ってた。
 090814_144.jpg

 山にいる実感。
 090814_145.jpg


 をっ。朝食中のイワヒバリだね。
 090814_137.jpg


 青空のキャンパスに風が絵を描く。
 090814_148.jpg



6:30 涸沢岳 到着
 約2時間。 あれ・・・結構かかっちゃった。
 涸沢岳に到着。
 090814_150.jpg

 っていうか・・私、竹内力みたいな顔しているな・・・。
 090814_150_2.jpg

 頂上は御来光ショーが一段落したらしく、穂高山荘からあがってきた登山者が
 2~3名ほどいた。 どこから来て、どこに行くのか。 簡単に情報を交換する。
 2名の中高年カップルは西穂からジャンダルムを越えてやってきたという。
 前々日の嵐や喉の渇きに耐え歩いてきたことの達成感につつまれており、
 興奮気味で、2回ほど 繰り返して 同じ話を聞かせてくれた。 ちょっとうらやまし。

 頂上からの360度パノラマビューを楽しむ。時の人の言葉を借りれば「すっからピー!」という感じか。
 ※参考URL「のりぴー語講座 サイト様」
 090814_151.jpg

 涸沢カールの中心にいる。素晴らしい眺めだ。
 
 090814_153.jpg

 涸沢キャンプ場を望遠で覗いてみた。凄いテントの数だ。
 090814_160.jpg

 遠くには富士山もみえる。
 090814_157.jpg

 景色を眺めながら10分ほど休憩し、すぐ下の奥穂高山荘へ下る。
 090814_161.jpg

6:50 穂高山荘 到着
 穂高山荘到着。北穂から歩いてきた山人で俺が一番のり。

 穂高山荘はテント場が満杯で、小屋の前のテント場ではないところにまでテントが
 張られていた。テーブルの上に張っている人までいた。

 穂高稜線は水場がないため、穂高山荘で給水。
 1リットル150円だった。 さすが北アの水。南アの雨水ソースと違うため消毒臭さが
 ほとんどしない。


7:00 穂高山荘出発
 ここから先は賑やかな山道となる。

 奥穂高への登行は渋滞していた。
 渋滞で待たされ、休憩をとるに等しいので ここから奥穂まで。。というか、ここから
 紀美子平まで、一度も休憩を取らずに進んだ。
 090814_163.jpg

 渋滞は抜けたが 黙々と進む。 体がのってきた。
 090814_164.jpg


7:25 奥穂高岳頂上 到着
 奥穂高岳山頂に到着。北穂から歩いてきた山人で俺が一番のり。。

 ・・・・。

 奥穂高岳頂上も当然 賑わっている。
 狭いピークで写真を撮らんと大賑わい。
 笑顔だけど、、内心 ピーク写真なんてどうでもいいじゃんな投げやりな気分。
 090814_165.jpg

 頂上から眺望を楽しむ。
 下山方面の岳沢とその先に、梓川と上高地が見える。 あと6時間ほどで、
 あそこまで下りなければいけない。   ・・だ・・・だいじょうぶかな。
 090814_167.jpg

 冬に登った西穂高方面。あー、いつかいきたいジャンダルダルム。
 090814_168.jpg

 景色を楽しんでいると韓国女性がもじもじしながら、、私をつついてきた。
 ん? なんだろ? 私に気があるのかな?? と無理矢理な前向き解釈をしながら
 彼女を見つめると、、どうやら、、「写真を撮りたいから どけてくれないか」というジェスチャーらしい。
 
 「あー、はいはい。 どーぞ。」 といいながら 展望台を下りて場所を空けたら、、、
 仲間にむかってガッツポーズをしていた。  
 なんで、ガッツポーズ!  ありがとうじゃないんか。 なんかやな感じ。


8:35 奥穂高岳頂上 出発
 奥穂高岳頂上を出発。
 090814_170.jpg

 このまま(前穂に登らずに)上高地まで降りようかなあ。。。それとも前穂も登ろうかなあ。。。
 悩む。  結構ね。 疲れたの。
 
 振り向けば奥穂。穂高連峰が人気な訳が 今更ながらわかった。
 090814_171.jpg


8:50 紀美子平 到着
 予定よりも早く到着することができた。見上げると前穂への岩場道。
 みると登りたくなってくる。
 090814_172.jpg

 時計をみる。  まだ余裕がある。。。

 よし・・・・登ろう。 前穂高。

 10分ほど休憩して、前穂高に登る。前穂は登山道への落石多いので稜線は通行禁止に
 なっており、 紀美子平からのピストン道になっている。  
 それでも 稜線を歩く マナー悪い人が何人かいた。 腹が立つ。 止めて欲しい。
 
 往復約50分のコースを ガシガシ歩く。 きつかったなあ。。。ここの登り。
 

9:30 前穂高岳 到着
 顔をしかめながらも、、、登った!!  北穂から歩いてきた山人で俺が一番の・・・・
 二日間で一番 達成感を感じたなあ。
 遠く槍ヶ岳の矛先をバックにパチリ。
 090814_174.jpg

 その後、重太郎新道を下山。
 足も息切れもないが、、、久々の長時間歩行だったために足裏が痛む。

 岳沢のパノラマからの眺めは素敵だった。
 090814_177.jpg

 もっと山にいたいけど・・・ 21時には横浜に行かねばならない。
 ・・・と考えていたら 、ふと 可笑しくなってきた。 こんな山中の局地にいるのに、
 本当に10時間後には都会で酒を飲んでいるのだ。このギャップ!俺ってバカ?笑
 090814_178.jpg

 岳沢キャンプ場(小屋跡)に息もきれぎれで辿り着く。
 水を節約したため、脱水気味ということでもある。
 小屋はないが、キャンプ場があるためか 沢水をひいていて、、結構キャンプ場としては
 よいところではないかと思う。  給水で潤い、力がまたみなぎってくる。
 090814_180.jpg

 渡り蝶、アサギマダラ。 私はこの蝶が好きだ。
 白いタオルをくるくる回すと 近づいてくる 不思議な習性を持った蝶でもある。
 090814_182.jpg

 岳沢を過ぎ、上高地までいっきに下る。
 途中 「天然のクーラー」とユニークな名前が名付けられた 涼風が吹き出す風穴で
 涼をとる。
 090814_183.jpg


13:35 上高地 到着
 多くの観光客で賑わう上高地まで下山。
 090814_184.jpg

 休憩含めて 約9時間。 
 私にしてはなかなかに歩いた感じである。
 疲れた。。。

============
そして・・・・・・
 温泉も入らずに、14:40の上高地発のバスに乗り、スーパーあずさであれよあれよと
 東京へトンボ帰り。
 090814_185.jpg


 自宅でシャワーを浴び・・・着替え・・すぐに家をでる。

 そして・・・ 21:20には横浜の歓楽街へ。
 これまた達成感あり。
 ビールがうまかったーー。

<感想>
 穂高連峰を2日で縦走はお疲れマンモスだったけど、うれP~山行となった。(時事ネタ)
 山は心のデトックス。
スポンサーサイト




このルート1泊とは凄いですねぇ。
朝焼けの北穂のシルエッツの写真・・・マンモスうつくPv-238
↑こりで合ってます?
穂高逝きたくなっちゃいました。
【2009/08/26 21:50】 URL | ROCKおやじ #3hri4u1c[ 編集]
穂高。むっちゃ混んでますね~でも景色はすんばらしい!
やっぱ北ア、よいですわ~~。
そりゃもう仕事放棄、でしょう。当然です。熱烈支持。(あれ??)

間近なところから見る穂高の稜線。すばらしい。
今度は空いてる時に、も一度、ですかね~~。
【2009/08/27 02:56】 URL | まきchin #-[ 編集]
>ROCKおやじ さん
コメントありがとうございます。
美ピ(うつくピ)、または めんこらピーというらしいです。
・・・どうでもいいですねえ。。笑


>まきchinさん
コメントありがとうございます。
穂高。紅葉シーズンはもっとにぎわうのでしょうかね。
まきchinさんはいろいろと行かれてますよねえ。
私も本当は北海道いる予定でしたが。(泣)
【2009/08/27 10:33】 URL | ぽっか #-[ 編集]
すごい!すごすぎる歩行力です、ぽっかさん。
この夏は天候が安定しなかったけど、この2日間は
絶好の山日和だったものね。
山行かなきゃ損!って感じでしたよね。
私はせっかく穂高に行ったのに、コブ尾根だけしか
経験してないの・・。
いつか、穂高の頂上に登りたい・・簡単なルートで。
【2009/08/27 20:31】 URL | 風 #-[ 編集]
>風さん
コメントありがとうございます。
いや・・・。全然です。 30代なんだからもっと歩けなきゃ・・。
もっとね、体スリムにしないといけないのに、、
食べるから・・。私。。。

コースでいっても せっかく穂高にいったのにジャンダルムも
大キレットもいってないし、、、。
今度は是非 西穂に抜けたいですよ。
北鎌も挑戦したいし。

風さんはその昔どこで遭難しかけたのでしょう?

【2009/08/28 10:23】 URL | ぽっか #-[ 編集]
岳沢の裏の雪渓を登り、コブ尾根に至るバリエーションルートです。
私を含む全くの初心者二人の7人位のパーティーでした。
遭難ってよりは、雪渓・岩登り・懸垂下降などがあり、
あらゆる箇所で時間がかかりすぎて日没してしまったのです。
23時間歩いたってなっていますね・・。
よく生きて帰れたわ。
【2009/08/30 12:45】 URL | 風 #-[ 編集]
北アよいですなあ~w

おいら、北ア行くときは、3日以上休みがないと!^^;
けど、ぽっかさんの日記観たら行きたくなった!

9月後半5連休の後、夏休みなので針ノ木から縦走で
穂高か槍に行こうかな?^^;


【2009/09/01 11:13】 URL | アードッベッグ #-[ 編集]
>風さん
コメントありがとうございます。
その記事、検索すると出てきますね。
石神井・・ですか。
ホント、すごい体験です。。

>アードベッグさん
コメントありがとうございます。
針ノ木からの縦走、よいですねえ。
9月後半、紅葉前で空いていると思われるし
良さそうですよね。
【2009/09/01 16:39】 URL | ぽっか #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。