admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

090525_999.jpg
近畿遠征1日目:大峰山(八経ヶ岳)★ >から続きます。

<日時>
 2009年5月24日(日) くもり

<行先>
 伊吹山(滋賀県)日本百名山

<アクセス>
 車:奈良方面 → (伊吹山ドライブウェイ) → 山頂駐車場 
  ※ドライブウェイは普通車の往復料金 3000円也

<人数>
 単独

<コース>
 山頂駐車場 →(西遊歩道コース)→ 頂上→(中央遊歩道コース) → 山頂駐車場
   予定歩行時間 1時間 昭文社地図より
   実績歩行時間 40分

<内容>
 伊吹山ドライブウェイの料金所入口に着いたのは、、、
 早朝・・・・・・・・ではなくて10時。寝坊したから。 

 ドライブウェイの通行料金の3000円という料金に驚きつつ、 それでも車が通っているなら
 車で行こうと・・・ドライブウェイを通っていっきに山頂直下の駐車場へ。
 090525_001.jpg


10:40 駐車場出発
 昨日の大台ヶ原と同じく、何も持たずに出発する。
 中央遊歩道を通ったら20分ほどで山頂にたってしまって、、さすがにあんまりなので。
 西遊歩道を歩いて登ることにした。
 090525_008.jpg

 写真に写りこんでいる観音像は、「恋人の聖地 恋慕観音像」 だそうだ。
 けっ!!

 伊吹山は、、花の山のようだ。
 2合目付近から頂上まで、春から秋へかけて実に賑やかに花を咲かす。

 なんだっけ??
 090525_010.jpg

 
 090525_011.jpg

 なんだっけ?この花・・・。
 090525_012.jpg

 タンポポごしの山道。(タンポポはわかる・・・。
 090525_013.jpg


 キセキレイかな・・・? よく見かけた。
 090525_014.jpg

 クモマナズナ
 090525_015.jpg

 タチツボスミレ
 090525_019.jpg

 眼下に雲海が広がっている。 
 標高1,377mながらも滋賀県の最高峰の山であるのだ。
 090525_021.jpg

 コキンバイ?(キンバイソウ)
 090525_022.jpg

 頂上まで ほんのちょっと。
 090525_025.jpg

 南面の眺めがよい。  天気がよかったら絶景だろうになあ。
 090525_024.jpg

 山頂エリアに上がると、予想通り、、、賑やかな売店が並んでいた。
 090525_026.jpg

 伊吹そばも 想定の範囲内さっ!絶対普通の蕎麦だろっ!!(1オクターブ声をあげて)
 090525_027.jpg


 頂上は丁度タイミング悪く、、誰もいなかったため、セルフで撮影しようと設置してたら、、、
 売店のおじさんが 「撮ったげようか?」 とニコニコしながら店から出てきた。

 もしや、、、何か買えと勧められるんじゃないか?と警戒しながらも・・・

 「お願いします。」とカメラを渡し、、ポーズ。

 090525_029.jpg


 「良かったら、また おいでよ。」 と言って、おっちゃんは カメラを返してくれた。

 人の親切を少しでも疑った自分が恥ずかしい。。。

 「おっちゃん、ありがとう!」 ← とうに アクセントをこめて関西風に発音してみました。
  ↑はい、こういうの余計ですね。



 ちなみにさっきの写真のポーズ。
 Tシャツの「ザ・魔雲天(キン肉マンのキャラクター)」を意識したのは言うまでもない。
 090525_030.jpg


 古くから霊峰と知られる伊吹山。頂上には菩薩が数箇所にまつってあった。
 線香の香りが漂う。
 090525_031.jpg
 090525_033.jpg


 関西のハイカーがほとんど。
 「先週は養老山登ったんよ・・」なんて会話が聞こえてくる。
 090525_032.jpg

 帰りは中央遊歩道(近道)を通って駐車場に戻る。
 なるほど、、これで荷揚げするんだね。
 090525_035.jpg

 菜の花のようですが、イブキガラシという植物だそうです。
 090525_036.jpg

11:20 駐車場到着
 あっというまに駐車場に到着。

 
 走ってきたドライブウェイを車で戻る。  ドライブウェイの途中で下界の景色がきれいに
 見下ろせるところがあったので、車を停めてシャッターをきる。
 090525_038.jpg



=============
◆吉照庵
帰り道の途中で、岐阜に立寄った。
某グルメサイトで、、岐阜で一番おいしいと評判の吉照庵さんで蕎麦を食べる。
(20分ほど待たされた)
090525_041.jpg


美濃蕎麦を伝承している店である。

蕎麦も超うまいが、、、付いて来た海老のでかいこと。。
(写真は大海老の天せいろ。)
090525_040.jpg

サイドオーダーでにしんの煮付けを頼んだ。
090525_039.jpg

待ったことを苦に思わないほどに、スタッフの対応もよかった。

気分がいいので 自家製の蕎麦せんべいをお土産として買って帰る。
これが、また、、うまかった。
090525_055.jpg


=============
◆善光寺
蕎麦屋の近くには岐阜の善光寺があったので立寄って参詣してみる。
 090525_042.jpg
ここ岐阜の善光寺は-(しつこい?)、織田信長が御本尊を迎えたといわれるところで、
由緒正しき?お寺なのだそうだ。


丁度 今時は長野と同じく、ご開帳をしておった。
 090525_044.jpg

広いお寺をちょっと散歩してみる。 
 090525_046.jpg

なんとなく鎌倉のような雰囲気。
 090525_047.jpg

変な馬でた。
 090525_051.jpg


<感想>
 観光の山と思いつつ、、正直、期待もなしに行った山なのだが、
 「ああ、さすがに百名山と言われるだけあるな」と ドライブウェイを車で通りながらも
 その山容の持つ貫禄に溜息がでた。  四季折々に色どる花の豊かさもすばらしい。
 しかし・・・やはり・・どうしても 頂上までのアクセスの良さが・・つまらないかな。
スポンサーサイト




まさに、百名山巡りですね。
事前に言ってくれれば、お付き合いしたのに。
勿論、全部下から登りますぞ♪

今回の3山の写真で最も目をひいたのが、
すね毛の少なさがアクセントとなっている
モデル立ちの一枚ですね。w

今週末は、近畿も天気良くなかったのですね。
【2009/05/27 19:39】 URL | 那ぁ #-[ 編集]
>那ぁさん
コメントありがとうございます。

下から・・いーやです!!(笑
私は、、車やロープウェイで行けるところは
行ってしまえ・・派なんです。(笑 車に越されると
悔しくて泣いちゃいそうになるので。

<すね毛の少なさがアクセントとなっている
那ぁさんって・・・おもしろい方ですね。
モデル立ちって・・・。(笑 いやー、好きです。その突っ込み。
そうなんです!私、、すね毛少ないんですよ!

んー、今年 どっかの山で遊びましょうね!
あと・・・・準備中のブログ・・。私、発見してますよ!(笑
【2009/05/27 19:52】 URL | ぽっか #-[ 編集]
ブログ、全然やり方が解らなくて。。。苦笑
mixi は会員にならないと画像容量制限がきついので、
ってことで考えてみたんだけど、考えただけで終わりそう。苦笑

そうですね、是非、一度何処かでバッタリしましょう♪
【2009/05/27 20:03】 URL | 那ぁ #-[ 編集]
私も那ぁさんと同じ理由(画像容量制限)で、
ブログに記事移行しました。

このブログ(FC2)はアダルト系がメインなんで、
うさんくささはあるんですが、mixiの記事を取り込む機能などが
あるんで、よいんですよ。
【2009/05/27 20:10】 URL | ぽっか #-[ 編集]
遠征、オツカレサマでした~!
伊吹山、まきchin達も行ったばかりでデジャブ感たっぷり、なんか楽しい。
ぽっかさんも3,000円払ったクチなんですね~、お仲間です!!(高速より高いって、どうよ!!って思いません?)

近畿の山って、味があってよいですよね。
大峰山あたりは、またゆっくり歩いてみたいな~、と思ったりしますが、私は縦走できないんですよね・・・残念。
でもま、「女人禁制」は差別じゃないと思いますけどね。それはそれで、文化ってことでいいんじゃないかな~。

味も景色も花も堪能されたようで、いいですね!
私もこの辺りは駆け足だったので、またのんびり、百名山以外の山並みも歩きたいです。

・・・そんでもってぽっかさん、美脚ですね~。(^^)
【2009/05/29 01:27】 URL | まきchin #-[ 編集]
>まきchinさん
コメントありがとうございます。
天気予報みて、「関西晴れてるから行こう」と
旅立ったんですが、・・・
まきchinさん達みたいに、もっとゆっくり回れば
よかったなとちょっと悔いが残ってます。
しかし、お2人ともアグレッシブですよね!
見ならいます!
【2009/05/29 09:30】 URL | ぽっか #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。