admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

090523_998.jpg
近畿遠征1日目:大台ヶ原★ >から続きます。


<日時>
 2009年5月23日(土) くもり のち 晴れ

<行先>
 大峰山:主峰 八経ヶ岳(奈良県)日本百名山

<アクセス>
 車:大台ヶ原ビジターセンター→行者環トンネル登山口駐車場 (1時間)
  ※ここ周辺は「世界遺産 熊野古道」へ向かう 乱暴で下手な運転に何度か遭遇しました。
   ナンバーを見ると普段山道を走らない県外の車のようです。
   車一台しか通れないところを我先に通ろうとしたり、細いカーブをカーブミラー見ないで突っ込んできたり・・。
   もらい事故にはくれぐれも気をつけましょう。

   

<人数>
 単独

<コース>
 行者環トンネル登山口 9:15 →(沢沿い)→ 稜線分岐→ 12:10 弥山・小屋 6:30
  → 12:40 八経ヶ岳頂上 13:00 →稜線分岐→ 15:10 行者環トンネル登山口
   予定歩行時間 6.5時間 昭文社地図より
   実績歩行時間 6時間

<内容>
 大峰山はどのルートもロングコースで 日帰りできるコースは少ない。
 深い山なのだ。

 今回は最短でピークハントできる行者環トンネルを起点としたコースをたどることにした。
 百名山のピークハンターも専らこのコースを辿り、人気が高い。

 大台ヶ原から移動すること約1時間。 8時頃に駐車場に着くと、既に駐車場はいっぱいだった。
 広い道路の脇に停めて、、、、、、、、、、、、、、、、、、寝た。
 090523_048.jpg
 

 時間はある。  無理はしない。
 

9:00 起床
 ・・・といっても、1時間ほどでまぶしい日差しに起こされる。
 わずかな睡眠時間だが、随分と頭はすっきりした。  
 
 天気が崩れたらもったいないし、、そろそろ出るか!

9:10 出発
 遅出なので念のために ツエルトやヘッドライトや非常食も詰め込んで、出発。
 090523_049.jpg

 歩き始め5分ほどで沢に出合う。
 090523_050.jpg

 ここからメインの尾根沿いコースと別に沢沿いのコースに別れる。
 破線ルートのため分岐の標識はない。私は往路は沢沿いのルートを辿ることにした。
 爽やかな風を受け、沢の音を耳にしながら 清涼感ある。
 090523_051.jpg

 ところどころ荒廃しているが、踏み跡あり、それなりに気をつけて歩けば、
 問題はない。 なにより、コースを占有できるのがいいではないか。
 090523_053.jpg

 もののけグリーン。
 090523_056.jpg

 
 ちらほらとシャクナゲも咲いている。
 090523_062.jpg

 シロヤシオも咲いている。丁度見頃のようだ。
 090523_064.jpg
 090523_068.jpg
 090523_069.jpg

 寝不足で力が入らない・・ということもあり、登りはゆっくりと歩いた。
 写真を撮りながら1時間ほど歩いて稜線へ。
 090523_086.jpg


 ここから1時間ほど高低差のない稜線歩きをした後に、
 弥山へのやはり1時間ほどの登りと、最後は弥山から大峰ピークの八経ヶ岳まで
 30分ほどの登りとなる。
 

 稜線はシロヤシオがそこかしこで花を咲かしていて賑やかだ。
 (あ・・写真に写っているのは私です)
 090523_082.jpg

 見事な咲きっぷり。
 090523_084.jpg


 またもや・・コガラ?
 090523_077.jpg

 野鳥は恋の季節らしく、アチコチで求愛の光景がみられた。
 090523_135.jpg


 春だにゃーー。
 どこをみても鮮やかな新緑だ。
 090523_088.jpg


 1時間ほど歩き、前方に弥山が見えた。
 あそこまで1時間の登りである。
 090523_091.jpg

 ちなみにこの辺から「大峰奥駈道」に入る。
 いちおう 世界遺産の道 なのだ。

 木漏れ日の道を弥山の取り付きまで歩いていると・・
 090523_093.jpg

 突然、妙な銅像が(ここは修験者の山なのだ)。
 こ・・・これは・・どこかで見覚えあるぞ・・・。
 090523_094.jpg


 ノ・・・ノリコさんだあーーー!!
 090523_140.jpg


 ネタ元:
海男、日本百名山に挑戦! Vol.2
大峰山、大台ヶ原、伊吹山【山行記録】Vol.1 ~信仰の山、大峰山

 ※またまた勝手に紹介。そのうち怒られるぞ。

 ノリコさんとは昨年に中央アルプスをご一緒させていただいたタフガイである。
 過去記事参考:「越百山★★(中央アルプス縦走)


 そんな感動の出会いをして、すっかり心が和んだ?私は、スタコラと弥山の登りへと取り付いた。
 ・・取り付きといっても 実際はジグザグ登りで、苦はない道だった。
 森林の中にコバイケイソウが群生している。
 090523_097.jpg


 這いつくばって花の写真を撮る。
 090523_104.jpg

 090523_109.jpg


 ひとりでニヤニヤ。
 090523_098.jpg

 薄気味悪いですよ。
 090523_099.jpg

 
 木々の間から周囲の山も見えます。
 あれは・・山上ケ岳かな? あの山は日本で唯一女人禁制をつづけている山だそうな。
 そもそも大峰山(この近辺一帯)は女人禁制だそうで。「女人禁制の差別を訴える」論者と
 「女人禁制を含んで文化=だからこそ世界遺産に認められている」論者によって
 議論が紛糾しているそうだ。

 そんなお山をバックに 咲いている白い花。  おや・・あの花は?
 090523_100.jpg
 

 先日ブログコメントで ありさんに教えていただいた"オオカメノキ"です。
 090523_139.jpg


 こちらもあちこちに咲いていました。 遠めには桜のようにもみえなくもない。
 090523_103.jpg

 そんな花の道をジグザグに登ること1時間ほどで
 090523_105.jpg

 弥山の小屋がみえてきた。
 090523_107.jpg


12:10 弥山小屋到着
 立派な小屋だ。 小屋は多くのハイカーで賑わっていた。
 090523_110.jpg

 この後、小屋のすぐ先にある弥山にもいった。
 弥山のピークには社があるだけ。  皇太子も登っているらしい。(ホントいっぱい登ってるね彼) 

 弥山から八経ヶ岳を見る。ん・・ちょっと凡な風景だな。
 090523_113.jpg

 小屋一帯は立ち枯れている木が多かった。風害にあったのだろうか?
 090523_115.jpg

 八経ヶ岳の頂上を目指して、コースタイム30分の登りを歩く。
 この時季は咲いていないが、弥山から頂上までの道はオオヤマレンゲの植生地であるらしい。
 鹿の食害から守るために 植生地一帯が柵で覆われていた。
 オオヤマレンゲ。 ぐぐってみると・・なるほど・・なかなか美しい花ですよ。
 

12:40 八経ヶ岳頂上着
 頂上直下は急に走りたくなり、ダッシュで登った。
 着いた!
 090523_131.jpg

 四方の展望がよい。
 090523_132.jpg

 奈良って山深いところなのだなあ・・と再確認できた。
 090523_129.jpg

 また・・コガラ? コガラばっかり飽きた・・・。
 090523_134.jpg


 山頂では昼食。

 ・・といってもダイエット中のため、梅干(勿論、紀州の梅ですよ!)と
 ウィダーインゼリーを呑む(体脂肪消費するやつ)。  食い合わせ悪そう。

13:00 山頂出発

15:10 登山口到着
 下山も のんびーーーりと下った。

 稜線と登山口方面への分岐からは、往路は沢沿いを通ってきたので、
 復路は本道の尾根沿いに下った。

 尾根沿いの道はシャクナゲが そこかしこに咲き乱れていた。
 090523_143.jpg
 090523_145.jpg


 真っ赤なツツジも咲いていた。(レンゲツツジ?)
 090523_146.jpg
 090523_148.jpg

 最後は登山口付近の水場で、冷たい沢の水を水筒に入れて、、、下山完了。
 090523_149.jpg



===============
◆夕食
 「腹減った。。」

 とりあえず、飯が食いたい。梅干だけじゃあ、やっぱり 足りなかったみたい。

 どうせなら・・下界でご当地の名物を・・・と思っていたが、徐々に我慢が限界に。
 もう・・・蕎麦。 蕎麦でいいよ!! とドライブするも。。。。
 いくら走っても走っても山道。   ・・・・食事処はおろかコンビニすら出てこない。
 車通りは激しいのに、、、ほんと、田舎道なんだ。

 ・・・・と とうとう ラーメン屋の看板を見つけて、たまらずINN。
 とん太・・・。チェーン店のとん太?

 軒下におばあちゃんが寂しそうに座っていた。
 東北にもあるが、、、田舎の方に行くとみかける光景だ。

 ネギチャーシューを食べたが、「お母さんがスーパーで買ってきた坦々麺」・・的な味だった。
 しかも・・・おっちゃん・・勘定を間違えて50円ばかし多いし。 (さすが関西人・・的に思っちゃう私
 090523_151.jpg

 お店を出ると 軒下に座っていた おばあちゃんが けらけら笑いながら話しかけてきた。

 おばちゃん 「にいちゃん、そない足出して寒くないんか?
            にいちゃん、今晩は どこに泊まるんや!?」

    注)"足出して" は、、、ハーフパンツをはいた私の足を見て言っているのだ。

 私  「いや・・今日は泊まらないで、また他のところに移動するんですよ。
    これから この先の十津川温泉でも行こうと思っています。」

 おばちゃん 「そりゃー、(温泉に入るのは)足出して寒いからやろ。」

 ケタケタ笑って、、元気に返してきた。
 軒下に座る老人=無口  ・・な東北イメージが染み付いている私は面食らって、
 小粋な返事もできなかった。

 関西・・・・・やはり・・・アウェイだ!



===============
■温泉:十津川温泉 ホテル山水

 途中でラーメンを食べたりもしたが、大峰山から山道を80kmも走って、
 ようやく目的地の十津川温泉に到着した。  もう日も暮れかけている。

 日帰りで入ろうとしていた某温泉宿は人気の宿なんだけど、日帰り入浴時間を4時間も
 繰り上げていて、、この日は早々にClose。  しかも、断りの対応がひどいもんだった。

 こりゃ困った・・と 周辺の宿をあたる。
 十津川観光ホテル山水という宿を飛び込みで訪ねたら、
 最初は驚いていたスタッフも 日帰り入浴OKとのお返事。
 その後は対応もよく、500円の低料金でタオルも貸してくれた。
 露天風呂が川沿いにあり、新緑と川のせせらぎの音をBGMに ゆっくり楽しんだ。

 源泉高温のため加水はしているものの・・かけ流しで、なかなか良い湯だった。
 ここ十津川温泉は村をあげて、100% かけ流し温泉村 みたいなキャンペーンをやっている。
 どの湯に入ってもはずれはなさそうである。
 090523_153.jpg

 宿を出るととっぷり日がくれていた。
 さっ・・滋賀に移動するぞ!  明日は伊吹山に登って東京に帰るのだ!
 090523_157.jpg


 しかし・・・・この後の山道のドライブが実に長い。
 なんせ、120kmぐらい山道が続くんだから。。。。


<感想>
 大台ヶ原に続いて、大峰も思ったよりも懐深い山域であった。
 というのは、歩くよりも、車を運転して思うことでもある。 
 とにかく登山口まで行くのも大変なのだ。
 奈良の仏閣や熊野神社や周辺の歴史文化も合せて学び歩きたいものである。

 次回は釈迦ヶ岳のあたりまで足を延ばして歩いてみたい。 そう想いながら帰路に着いた。
スポンサーサイト




ははっ!
ノリコさんだ~!
強靭で頼りがいのあるナイスガイでしたね。
なつかしいです。

モデルポーズ、決まってます(笑)
ぽっかさんこそ、お茶目です(笑)
【2009/05/30 06:45】 URL | 三脚マン #mQop/nM.[ 編集]
>三脚マンさん
コメントありがとうございます。
(三脚マンさん 早起きしすぎです。)

って。。。まきchinさんも、那ぁさんも、三脚マンさんも、
すね毛だの、足きれいだの、モデルポーズだの、
ぽっかさんって男前だの・・・(最後のは言ってねーか)、
変なつっこみいれないで下さい!笑

【2009/05/30 12:15】 URL | ぽっか #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。