admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

090523_999.jpg
<日時>
 2009年5月23日(土) くもり のち 晴れ

<行先>
 大台ヶ原:主峰 日出ヶ岳(三重県)日本百名山

<アクセス>
 車:東京→東名川崎IC→亀山IC→大台ヶ原ビジターセンター (7時間)
  ※ここ周辺は「世界遺産 熊野古道」へ向かう 乱暴で下手な運転に何度か遭遇しました。
   ナンバーを見ると普段山道を走らない県外の車のようです。
   車一台しか通れないところを我先に通ろうとしたり、細いカーブをカーブミラー見ないで突っ込んできたり・・。
   もらい事故にはくれぐれも気をつけましょう。


<人数>
 単独

<コース>
 大台ヶ原ビジターセンター 6:05 → 6:30 日出ヶ岳頂上 6:45 →7:10 大台ヶ原ビジターセンター
   予定歩行時間 1.5時間 昭文社地図より
   実績歩行時間 1時間

<内容>
 大台ヶ原は一帯に頂上の平坦な山がいくつか集中しており、それらを総称した呼び名である。
 このような頂上が平坦で周囲を傾斜が急な崖で囲まれている地形を隆起準平原と呼び、
 日本では珍しいのだそうだ。

 世界的に見ても多雨地帯であり、生物や植物が自然の影響を受けやすいデリケートな
 地域であるらしく。 近年の鹿の食害や自然災害により、自然荒廃が著しい山でもある
 ・・・とのことで、一部エリア(西大台ヶ原)は入山規制まで強いられている状況だ。

 さて・・そんな背景を予習をしつつ、主峰の日出ヶ岳へ登った。

==========

6:05 ビジターセンター出発
 前日23時頃に自宅を出た私は、順調に西へと車を走らせる。
 奈良に入ると、、カーナビには古墳、神社、寺院の観光スポットがちらほらと現れはじめた。

 そうこうしているうちに、道は狭くなり、、うねうねと曲がり山道に入った。
 この山道が実に長い。。大台ヶ原は低山という印象が強かったので、意外に思った。

 早朝6:00頃にようやく大台ヶ原エリアへ入った。
 あいかわらずのうねうね山道。観光バスとのすれ違いは一苦労である。
 随分と車で高度をあげたようで。 ふと車の外をみると きれいな雲の運河がみえた。
 090523_002.jpg

 ガスで覆われた大台ヶ原ビジターセンターに到着する。
 090523_003.jpg

 身支度(・・といっても手ぶら)をしているうちに 雲が流れ、太陽が顔を出す。
 出発だ。
 090523_004.jpg

 道が整備され、、山登りというよりは、、ハイキング。
 早朝ということもあってか、思ったほどハイカーはいなかった。
 090523_010.jpg

 ハイキングというよりは、、公園歩きをしているような道をてくてく歩く。
 朝もやが ちょっと幻想的な演出。
 090523_011.jpg

 山頂直下の展望台まで歩いた。
 本来はここから熊野灘、尾鷲湾、知多半島の眺めが見えるそうだが、、この日は雲海が
 覆っていた。
 090523_012.jpg

 おや、出発時より青空が広がってきたよ!
 090523_015.jpg


6:30 日ノ出岳山頂着
 主峰日ノ出岳の山頂に到着。
 090523_016.jpg

 ウィダーインゼリーをチューチュー吸いながら、展望を楽しみます。 北面
 090523_018.jpg

 歩いてきた道。南面。
 090523_021.jpg

 東面。朝日に照らされた雲海が広がっている。
 風が強く、雲があっという間に景色を変えていく。
 090523_023.jpg

 んー、、、もっと 人で賑わう観光地的なものを想像してたけど、、、
 こりゃあ なかなかいい山ではないか?

 もっと時間を使って縦走したい・・・頂上でガスが取れるのを待っていたい・・
 との悔いがあったが、、、。  今日はここでまで。
 大峰山に登るため、これから奈良に移動しなければいけないのだ。

 むーん・・・・。 自分の詰め込み計画を・・ちと反省。
 090523_030.jpg



6:45 下山開始
 下りは花や野鳥の写真を撮りながら、のんびりと。
 090523_028.jpg

 この鳥はヒガラといいます。
 090523_038.jpg



 私・・野鳥に・・・詳しいでしょ?



 
 ・・・・だって、解説書きがあったのだもの。
 090523_042.jpg



7:10 大台ヶ原ビジターセンター着
 ん・・・・。 
 車のシートに座った途端に眠気が襲う。
 どうやら限界きたようです。

 大峰の登山口移動したら寝ようっ・・・と。

 眠りに向かう頭とは逆に、天気はどんどん上向いてきた。


<感想>
 予想外に山深く、よい山である。

 しかしながら私は、山みしゅらんというタイトルをブログでうたいながらも、、
 今回はピークしか狙わない登り方をしてしまった。
 山を適切に味わえていない・・・。 そんな後悔がある。

 大台ケ原を堪能するなら少なくとも1日がかりで歩けるコースをたどるべきだろう。
 つまり、隆起準平原を堪能することが重要な味わいだろうと思う。

 東大台ハイキングコース(約9キロの道のり)が お勧めコースとして紹介されている。
 次回は是非、ロングコースを山の匂いと鳥の歌声をおかずに堪能したい。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。