admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

090510_999.jpg
<日時>
 2009年5月10日(日) 晴れ

<行先>
 御座山(長野県)日本二百名山

<アクセス>
 車:東京→長坂IC→栗生林道終点 (2.5時間)

<人数>
 2人(w/みいさん)

<コース>
 栗生林道終点 9:40 → 10:15不動の滝 10:20 →11:45 頂上 12:35 →13:28 不動の滝 13:35
  → 14:00栗生林道終点 (ピストン)
   予定歩行時間 3.5時間昭文社地図より
   実績歩行時間 3時間強

<内容>
 同郷のみなみらんぼう氏が「静寂の名山」として紹介していた山。
 以前から行きたかった その山に、登ってきた。
 山登り・・というよりハイキングに近いが。


 今回は 冬眠から目覚めた ハイキング仲間 みいさんも一緒。


 清里を過ぎると 車とおりがめっきり減る佐久甲州街道を北へ走らせる。
 街道を右へ曲がり御座山方面へ進むと、さらに車の数が減る。
 ・・・やがて車は随分と遠い田舎に来たかのような・・鄙びた山村に入る。
 御座山の麓の村、南相木村である。

 そうして、南相木村の栗生林道終点で車を止めた。
 御座山の登山口である。ありきたりの言葉で恐縮だが、、、んー。空気がうまい。


9:40 出発
 今回は最短ルートの南側ルート、栗生林道終点の登山口を起点としてピストンすることにした。
 私もみいさんも準備が早い人で・・・着いて間もなく出発となる。
 090510_001.jpg

 沢沿いに涼しげな山道を登ると、
 090510_002.jpg

 一段 緑が濃くなる山道に入る。
 090510_003.jpg

 今日もいきなりに道を間違えているみいさん。
 バチンと拍手をして「ういー。 みいさんー。こっちだよー。」 と修正。
090510_004.jpg

 スミレの花が咲いている。
 090510_005.jpg

 今にも踏みつけられんばかりに山道脇にたくさん咲いていた。
 090510_066.jpg


 耳をすますと色とりどり鳥の歌声も聞こえる。
 らんぼう氏の紹介によると、野鳥も豊富なのだという。


 色と匂い感触、、春を五感で感じながら、歩く。
 090510_007.jpg090510_008.jpg
 090510_009.jpg


10:15 不動の滝 到着
 090510_018.jpg

 はあ~、涼しい~。
 090510_019.jpg


 御座山は頂上までずっと単調な急登が続く。
 時々、木の間から遠くの山を見て、自分の上げた高度を確認する。
 090510_026.jpg


 しばらく登ったところで、可愛い男の子連れの父子を追い越した。
 こんな小さいのに よく登ってきたなああ・・・。 結構、大変よ。
 090510_027.jpg


 どっちが根でどっちが枝かわからないような木の間をくぐる。
 090510_029.jpg

 木登りしたくなるような、足場でできた木。
 090510_031.jpg

 急登を登ること1時間ほどすると、岩壁がみえてくる。
 この岩場を越せば、、視界が開け、目指すピークが見えるはずだ。
 090510_032.jpg

 岩場は鎖場になっていた。
 みいさんはお山はビギナー。 鎖に体重をかけて登っていたので、
 最低限の安全知識として三点支持を助言した。
 090510_035.jpg

 岩場を越えたら いよいよ 御座山ピークが眼前にあらわれる。
 「あれ・・・手ぬぐい同じですね」
 擦れ違ったカップルの女性に声をかけられた。
 私が首にまいている手ぬぐいと、、彼女が頭にしていた手ぬぐいの柄がなんと・・・
 一緒であったのだ。 こういうことってあるのだね。
 090510_040.jpg

 20分ほど歩くと頂上直下の避難小屋が現れる。
 立派な小屋だ。
 090510_041.jpg

 北側からぞろぞろとハイカーがやってくる。挨拶を交わす。。
 年配の方が多い。 ・・・というか この後出会う人はほとんど年配の方だった。
 木々を抜けて、、岩岩のピークへぬける。

 私の足が足早に。
 どんな景色が待っているのだろう。
 この瞬間は どんな山でもたまらないよね。

11:45 山頂着
 「ふわーーーー!」 
 空間がぐあっと開けていて、360度さえぎるものがない。
 南側が切り立った崖になっていて(みずがきのピークに似てる)、涼しげな谷風が吹き上げる。
 090510_044.jpg

 すぐ近くに残雪で まだ白い八ヶ岳の山並み。 東にはやはり残雪の甲武信岳がみえる。
 090510_048.jpg

 もやってなかったら北アや浅間山も見えるのだが、残念ながら この日は見えなかった。

 ピーク標識のすぐ裏で、昼食を取る。
 暑くも寒くもない気候。ときどきそよぐ谷風が気持ちいい。
 広がる下界の景色と、、遠く八ヶ岳の 素晴らしい景色をおかずに、、
 昼食。(カロリーコントロール)
 090510_050.jpg


 昼食後に、記念写真。
 090510_051.jpg


 一応、またまたお見合い用写真を。

 いい男募集的な・・・ 
 090510_054.jpg


 いい女募集的な・・・
 090510_055.jpg


12:35 下山開始
 登っている時には気づかなかった景色に出会う。
 ガクアジサイが桜の木のように 花を咲かせていたり。
 090510_057.jpg

 1つのモノを いろいろな視点で捕える感性を持ちたい、、と私は思う性分で。
 自然の中にある不自然な鉄塔をみても・・
  「あれは人間が手を加えた・・・というだけで、元々自然のもので
  自然の法則にしたがって作り出されたものなのだ。 自然って言葉は
  人間のエゴなんだ。 温暖化もゴミ問題も。 ゴミという認識からして、
  エゴなんじゃないか。」
 なんて・・・ぐるぐる思いをめぐらすのだ。

 基本的に、このぐるぐるは街にいても、山にいても、人をみても、石ころ蹴飛ばしても
 起こっていて。まー、私の頭は・・・いつも どうでもいいことで忙しい。
 おや・・脱線してしまった。
 090510_059.jpg


 不動の滝まで降りてきた。
 上流に小屋などないようなので、一杯、滝の水をすくって飲む。
 090510_060.jpg

 滝の裏側・・・いけるんじゃないかな。
 裏側はどんな景色なんだろう?? 水しぶきをあびながら裏側の空間にいってみる。  
 裏側は・・・ こんな景色。 ちょっとシャッタースピードを変えて遊んでみる。
 090510_061.jpg
 090510_062.jpg

 もう少しで、、もっと キミドリ色が濃く鮮やかになる。
 090510_064.jpg

 花も春から初夏にうつろいでいく。
 090510_065.jpg


14:00 登山口着
 急に計画した山行にもかかわらず、丁度いいぐらいに体を動かせて、気持ちいい週末ハイクだった。
 付き合ってくれたみいさんに感謝。ありがとうございました。


============================
■温泉:南相木村 滝見の湯
 下山後は、せっかく(足を運ぶことが少ないだろう)南相木村に来たので村の温泉に入ることに。
 犬ころの滝という変わった名前の滝を眺めながら入れる浴場らしい。
 温泉は健康ランドのような施設で、広い内湯に露天とサウナもある。
 軽く塩素消毒されていて、加水循環のため、、温泉・・という湯ではないが、
 訪問客も少なく(恐らく地元の人がほとんどかな)、 空いていてゆっくりできた。
 090510_067.jpg


============================
 浴後は清里エリアに移動して蕎麦を食べる。
 日も傾き、、橙色に染まる八ヶ岳が美しい。 清里、、好き。
 090510_070.jpg

============================
 食後はソフトクリーム食べましょうかとみいさんに提案。
 みいさんは清里が初めてらしいので、

 私     「ジャージー牛のソフトクリームが有名なんですよ。」
  と説明。

 私     「あとは・・・・ク・ソフトという う○こみたいなビジュアルのソフトクリームが
        B級グルメとして有名です。」

 みいさん 「へー。」

 ク・ソフトに意外な食いつきをみせる。。
 
 私     「私もク・ソフトは食べたことないんですが、、クウォリティでいったらジャージー(のソフト)
        だと思いますよ。  どうします?ジャージーorクソフト。 どっち食べたいです??」

 みいさん 「じゃー・・・ク・ソフトでっ!」


 み・・・みいさん・・・・・。


 といいつつ実は私も 初のクソフトに内心は わくわくしていた。。


 ということで・・・携帯で場所を検索しつつ・・・クソフトのお店へ。。
 あやしい。。。。  昔 スケートの安藤美樹が 「クソフトを食べに来たっ」 的な
 広告写真を清里駅付近でみたときに、、、安藤美樹・・・可哀想と思ったが、
 同じ記事が店の入口付近に貼られていた。 当時あった写真はなぜか無くなっていた。
 090510_078.jpg


 そして・・ドキドキしながら注文する私達。
 みいさんに注文させたい・・・と思っていたら、すすんで注文されていた。

 みいさん 「ク・ソフト下さい!」


 この人・・・こいうの 好きですね??


 私は勿論チョコ味。 みいさんはミックスを注文した。



 そして・・・これが・・・・噂の・・・・・クソフトだっ!! 
 090510_073.jpg


 ってか・・・この記事を見た人の、、苦笑いが目に浮かんで、、心が痛いですよ。


 みいさん。。 笑顔でクソフトを舐める。
 あー、、これダメだわ。笑
 お見合い用写真も相殺して、、大赤字がでるほどの、ダメな写真が撮れました。
 090510_075.jpg

 手には・・・何もってるの??

 ク・・・・クソフト通信でたーーーー!!!
 090510_076.jpg


 このクソフト。。結構ボリューミーで・・・結構 後半は食べるのつらくなります。
 食べ終わって便器カップを捨てる私、、大事に家に持ち帰るみいさん。

 みいさん・・・クソフト・・・結構ツボだったんですね。



 帰りの車中は しばらく クソの話が続いた。。。
 ええと、御座山に登ってきたレポートでした。
スポンサーサイト




うーん、やっぱり良さそうですね。
ピーク直前のドキドキ感が伝わってきます。
同じ日程で私も行こうと、山と温泉を探しましたが
御座山周辺の温泉で惹かれるところがなかったんですよ。
泊まりだったら、やっぱり良いお湯の宿が良くて。
序帰りで行けるんだったら、私も絶対登ってみたいです。
そうそう、この山の麓の村にこの4月から甥っ子が山村留学しているんですよ。

で結局、霧積温泉の金湯館に泊まり鼻曲山に登ってきました。
ぽっかさんが書いていた通り、良いお湯で静かな良い山でした。

ガクアジサイ。私も鼻曲山で「もう咲いているんだ~」と思って
会社の友人に話と、そっくりだけどオオカメノキだと教えて貰いました。
ぽっかさんが見たのも、おそらくこれなんじゃないかしら。
http://futarinoyakata.web.infoseek.co.jp/ookamenoki.htm
【2009/05/17 01:00】 URL | あり #-[ 編集]
あ、漢字間違えちゃいました。
「日帰り」って書こうとして、となりのJを打ってしまったみたいv-14
序帰りじゃなくて、日帰りです~~。
【2009/05/17 01:10】 URL | あり #-[ 編集]
ありさん

コメントありがとうございます。
鼻曲いったんですね。しかも金湯館!私もあそこに泊まってみたいです。うらやましいです。

御座山自体はすごく変わった山というわけではないです。ただ麓の雰囲気がいいですね。都内からさほど離れていないのに辺鄙なのがよいです。甥っ子さんよいところに留学されましたね。

山登りにご一緒できそうな機会あれば是非わたしも誘ってやってください!
【2009/05/17 16:38】 URL | ぽっか #-[ 編集]
大事なことを書き忘れました。
実は私もガクアジサイにしちゃ時期が早過ぎないか?と思っていたのです。オオカメノキというのですね。勉強になりました&すっきりしました~。
情報提供、ありがとうございます!
【2009/05/17 18:45】 URL | ぽっか #-[ 編集]
こんにちは。
ク・ソフト?と思っていたらもう爆笑です。
知りませんでした。
みいさんステキ♪

御座山いかれたんですね。
シャクナゲはまだだったんでしょうね?
咲き始めに見たことありますけど
満開時にもみてみたいです。

GWは四国だったのですね
いいな~お友達と楽しそうです。
【2009/05/20 16:22】 URL | sanae #EixCJqAg[ 編集]
>sanaeさん
クソフト。 失礼しました。笑
クソフト舐めるみいさんの絵、ステキですよねえ。

シャクナゲはみかけませんでした。まだ早いですね。 
来週ぐらいからちらほら見えるのではないでしょうかね。
今年はシャクナゲ・・・どこの山に見に行こうか。
sanaeさんのサイトで予習させてください。
【2009/05/21 01:51】 URL | ぽっか #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。