admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

090401_998.jpg

馬頭紀行 1日目:出発から続きます。

11:00 徳島入り
 徳島に入ると高松自動車道の渋滞情報がはいってきた。
 渋滞15km・・・ その後も断続的に渋滞は続いているそうだ。

 当初予定では、うどんを食べ終わって山に向かっている予定であったが、、
 これでは 山登りすら厳しい。(この日は香川で讃岐うどんを食べて午後に徳島剣山に
 移動して山登りをする予定だった)

 皆に「 うどんにするか?」 それとも 「 山にするか?」 尋ねた。
 「私は山に行きたい」と意思を伝えた。


 意外にも 皆も山でいいと言う。
 私を除いては本場で讃岐うどんを食べたことのないメンバーがほとんど。。
 讃岐うどんに魅力がないわけではないだろうが、、皆、渋滞に疲弊していたのだと思う。


 高松自動車道には入らず、徳島自動車道に入ると、
 嘘みたいに道路が空いていた。 渋滞もなく順調に車は走り・・・剣山最寄の美馬ICで降りる。


12:15 昼食:徳島でうどん屋にはいる
 私 「(ここは徳島だから)讃岐うどんではないけれども、、
        せっかくだから うどん食べましょうか」



 ということで、目に止まった・・・うどん屋の看板に視線をむける。
 090401_005.jpg



 ど・・・ど・・・・どん兵衛?090401_000.jpg
 こうばしい名前っ出たっ・・・・!!

 ってかフォント種類まで一緒だから確信犯だよね。



  私 「おもしろそうだから、ここに入ります。。。」



 香川・・・でなく徳島でうどんを食べるという・・・。
 讃岐と違ってプライスも割高。
 090401_003.jpg


 しかしながら・・・あなどるなかれ・・・。
 この店・・・・・・おいしいんです!!
 ・・・おでんが。
 090401_002.jpg


  よしさん「おでん。うまっ!!」
  私    「え?おでんあるんですか? あら、ホントだ。
        セルフサービス? どれどれ・・・。」

  私    「うおおお! うまっ!! うどんよりうまっ!!」
  よしさん「おいっ! 『うどんよりうまい』とか言うなっつの!
        聞こえるぞっ!」


 と・・・全て厨房にまる聞こえであろう会話をやりとりし、、、うどんとおでんを食する。
 うまかったなーー、おでん。 うどんは?


14:10-16:00 剣山登山
 その後、剣山へ登る。
 レポはこちら。
 

 下山後、祖谷エリアへ移動。
 途中かかしの村を通り越し、リアルなかかし群にびっくり。
 深夜にドライブしたら・・怖くて泣いちゃうかもしれません。

 どうやら・・・↓これのようです。
 奥祖谷かかしプロジェクト
 (写真撮ってません。ごめんなさい。)



 祖谷エリアは温泉目当てであった。
 祖谷には四国一との温泉ファンの呼び声高い源泉かけ流しのホテル祖谷温泉があるのである。
 しかし残念ながら・・・朝の渋滞のつけがまわったのか、、入浴時間に間に合わなかった。

 仕方なしに「祖谷温泉 秘境の湯」という健康ランドのような真新しい温泉宿に向かうことに。

 ・・・と その前に。
 ちょっと時間的に余裕があったので、せっかくだからと祖谷の「かづら橋」に立寄った。
 090401_092.jpg

 「かづら橋」は四国の有名な観光スポット。
 秘境という名前は名ばかりで多くの観光客で賑わっていた。
 ("めざましテレビのココ調"も取材にきていたよ)
 090401_102.jpg


 この橋。 橋を渡るだけで500円徴収されるらしく、それを聞いた皆のケチケチセンサーが作動。
 財布の紐がロックし、いっきに渡橋への興味が失せる。。
 結局、よしさんだけが橋を渡った。
 なので私は渡った感想を書けない。 まあ・・よかったらしい。いい加減。
 090401_088.jpg


 ここにもかかしがあった。
 かかしと記念撮影するみいさん。 なんか・・服の色がマッチしていて・・カップルのよう。
 090401_079.jpg



 鮎をほおばるF田。
 090401_080.jpg

 鮎の値段は500円。
 おい・・・お前・・・その500円・・・橋に使ってやれよ。


 ↓犬「なにみとんじゃ、ワレ。」
 090401_099.jpg



 その後、ようやく温泉に移動。
 「秘境の湯」といいながら全然秘境でない温泉へ移動。
 ・・・・塩素臭いが・・・でも、まあまあ よい温泉だったかも。

 温泉をあがって・・さあ、そろそろ出発しましょうかとフロントで下駄箱の鍵を
 受取っている時、一組のカップルが玄関から入ってきた。

 私の視線はすぐさま女性のお尻をキャッチする。
 なにかがおかしい。
 違和感を感じたのだ。

  私    「はみでている?!」

 なんと・・・その女性の尻がショートパンツから不自然にはみ出ていたのである。

 よしさんも雄の本能が働いたのか・・すぐにそれに気付いた様子。
 咄嗟に・・・。
  よしさん「あの子っ、ハミ尻でてるっ!」

 と発言するよしさん。

 すかさず、私はよしさんにフライングチョップ。
  私    「めっ!! 口にしちゃだめっ! 聞こえんぞっ!」


 幸い、声は我々以外 誰にも聞こえなかったようだが・・・

 あの女性は・・いったいなんだったんだろう。
 彼氏は気付いていないのだろうか。
 はたまたそういうプレイなのだろうか。


 それから毎晩のように、本件が酒宴での議題にあげられたのは言うまでもない。
 しかし・・・・よしさん・・・ハミ尻て・・。
 う・・うまい言葉だな。
 
 
 浴後は高知へ移動し、めぐさんが事前調査してくれた「ひろめ市場」へ向った。
 すっかり日も暮れて、、我々のお腹もペコペコ。
 「ひろめ市場」ここは巨大な屋台村。
 090401_123.jpg



 入った途端に、、私のテンションはこの日 MAXを振り切る。

 テニスコートが3つぐらい入るような広さの空間が大きく2つにしきられ、周囲を様々な店舗が囲み、
 真ん中に食事用テーブルがある。ま・・いわゆる屋台村・・としか言えないんだけど。
 なんか・・・活気があってよいのだ。

 我々は散り散りとなって鰹の塩タタキやら、土佐ジローの焼鳥やら、川海老、
 うつぼのから揚げやら、、買い物してきたものをテーブルに寄せ集め、、
 皆でシェアして食べまくる。  楽しいい。
 090401_104.jpg
 また塩タタキがうまいんだあああ・・・これが。
 090401_105.jpg


 私    「ビールのみてええええぇぇぇ!!」
 こんなことを言ったら皆が困るというのもわかっていて、、だだっこ発言。


 ふと・・・しまなみ海道の問題児・・F田を見ると、彼は
 たこ焼きと松の実を注文して食べている。。このお侍さんは・・・。いっつもこうだよ。
 私    「いいかっ。ここは四国なんだっ。四国の名物を食えぇ!!」
 と説教する。

 よしさんも加勢。



 食後に念願だったアイスクリンも食べる。
 アイスクリンとは高知ではポピュラーな氷菓で、
 高知に行く機会があれば、アイスクリンを食べたい・・・と思っていた食べ物だ。
 食べてすぐに気付いた。

  「これ・・・食べてた頃あるかも・・・。」

 いつか食べてみたいと思っていたアイスクリン。
 それは昔、田舎でよく駄菓子屋さんで買っていたアイスの味だった。

 出会っていたのだ。


 大人になって探し求めた(大袈裟)アイスクリンに、、
 実は、、、小さい頃の俺は出会っていたのだ。

 なんか、、
 大林宣彦映画の「時をかける少女」を見た後のような、、
 喉の奥がゴロゴロするような・・そんなせつない気持ちが私を襲って、、
 思わず泣きそうになった。(大袈裟



 さてさて、ひろめ市場での長い食事の夜を過ごした後は、、いよいよ今日のゴール地へ向う。
 それは今回の旅のメイン宿泊地、高知件窪川市興津のキャンプ地だ。

 ここは「日本の水浴場88選」に認定されている興津海水浴場にあるキャンプ場である。
 キャンプ場で、親友夫妻N夫妻と落ち合う段取りになっている。


 高知市から約1時間半。
 西へ80km車を走らせて、ようやくキャンプ地に到着した。(ホント高知って広い)
 前日21時半頃に東京を出てから約26時間。約1400kmほども走った。(寄り道もしたのも含まれる)


 とにかくも・・・・キャンプイン!

 キャンプ場では親友夫妻が既に到着していてテントを設営して待ってくれていた。
 友人のテント&キャンプ道具は想像以上に立派なものだった。
 バンガローよりむしろ快適かも・・・・?


 後で聞いた話では、 このキャンプのためにターフを1張り購入してくれたという・・・。
 ありがとうN夫婦。


 この日は月夜。
 恋人がいたら、、3回ぐらいプロポーズしてるぜって感じの素敵な月夜の砂浜をみやり、
 皆で軽くビールで乾杯し・・就寝した。
 090401_118.jpg


 我々の旅はまだ始まったばかりだった。

                                  (つづく。)
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。