admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

090401_999.jpg
=========================
プロジェクト始動
=========================
2009年4月2日 吉祥寺「たるたるホルモン」
 しまなみ海道サイクリング縦断から数ヶ月が経った。

 私は吉祥寺のおいしいホルモン焼き屋さんでホルモンと焼酎とめっちゃおいしい卵かけご飯に
 上機嫌な夜を仲間と過ごしていた。

 もうもうと煙が舞う店内。

 私「そろそろGWだねー。」

 なんて会話を・・仲間と話していた。

 GW・・。
 毎年、この時期は山に登っている。
 去年は仲間の予定が会わず1人で甲武信岳に登ったり、九州の百名山巡りをしたりした。
 今年も やはり山に行こうかと考えていた。


 Yさん「しまなみ海道サイクリング・・楽しかったね。」
 一緒に呑んでいたYさんが言う。

 私「・・楽しかったですねえ」
 私も返す。


 気が付いたら・・卵かけご飯をおかわりして、私は言った。
 私「そうだ。琵琶湖を一周しよう!」



 そこから準備(調査・手配)に追われる毎日。
 行先は翌日には四万十川になり・・・心変わりが早すぎるだろ
 仲間も集まり・・・
 事前打合せも実施し・・
 仕事の合間にせっせと手配と調査・・・
 結構、頑張った。

 どうせ遊ぶなら、、ただの観光ではなく誰もやらないような遊びをしたい。

 予定を詰め込む、、詰め込む。ギュウギュウ。





 そうして実行に移された。
 名付けて・・・「馬頭紀行、しまんとの旅」プロジェクト。
 ま・・・名付けた俺すらこの名前で呼んでないんだけどさ。

=========================
2008年5月1日(金) 出発の夜
=========================
深夜 しおり作り
 1ヶ月かけて作ったしおりは26ページに及んだ。
 090400_9.jpg


 前日の夜になっても・・細かい調査を進めて・・・寝不足のまま会社へ。
 
 なんとか仕事にケリつけて、出発の夜を迎えた。
 直前になって荷物をつめこむ私。



今回の旅のメンバー
 090400_3.jpg親友N(広島在住で元ハンド部)
 090400_8.jpgMさん(Nの嫁)
 090400_1.jpgよしさん(ハイキング仲間)
 090400_6.jpgメグさん(ハイキング仲間)
 090400_2.jpgF田(親友)
 090400_5.jpgOさん(親戚)
 090400_7.jpgハイキング仲間みいさん
 090400_4.jpg


 そして・・・出発の夜。


21:30 小田急登戸駅集合
 仕事を終えてかけつけた仲間達。私を含めて5人。


 広島に住んでいる親友N、嫁のMさんとは現地(高知のキャンプ場)で合流する予定だ。
 仕事の関係で途中合流予定の親戚Oさんとは電車でやはり現地で合流予定。



 集合後、会話もそこそこにトランクに荷物を詰め込む。
 長い旅が始まる・・。



 そう、、我々5人は、、、四国の高知県にあるキャンプ場まで車移動するのだ。



 川崎IC乗って・・さっそく渋滞が始まる。
 深夜にもかかわらず その後も断続的に渋滞情報が入る。
 覚悟はしていたけど・・・想像以上に時間が過ぎる。
 私  「これじゃ間に合うかなあ・・」
 F田 「え?何のこと?」
 私  「どうせ おメぇは 今回も何も知らねんだべ? しおりすら 見てねえべ?
      XX時までにXXSAぐらいまで進む目標なの!」


 F田といえば、しまなみ海道縦断サイクリングした際には、
  広島市民球場も、お好み焼きもスルーするようなヤツで、
  カレー食ってる途中で"うんこ"をしに行くようなヤツで、
  今治では名物チャーシュー玉子丼を皆が注文する中で、、1人だけ"カルピスのみ"を注文するようなやつで、
  しまなみ海道のサイクリング開始5分で疲れて渡船の港を見つめていたやつで、
  しまなみ海道の絶景を画面が見えない・・と太陽光で反射してみにくい液晶画面を
  手でおおいいながら"ケータイで"撮影していたやつで、
  しまなみって・・・・島だったの?というのを当日サイクリングしながら話すようなやつなのだ。

 F田 「なんだ。そんなことか。XX時にXX SAでしょ?」
 私  「なっ・・。ま・・まあ・・・。あってるけど。」
 F田 「今回はちゃんと予習したから。一夜漬けだけど。」


 ち・・・違う。なんか・・・・今回のF田は違うぞおっ!!!


  私は動揺していた。
 (ま・・・・"一夜漬け"・・というのは気になるが)

 F田 「わからないことがあったら、なんでも聞いて。」

 私は自然と握り締められている自分の拳に気付いた。
 正しい反応してくれているけど、なんかむかつくっ!

 しかし、、今は殴れない。。
 ま・・そのうち、ボロを出すさ。



 下道が意外と空いているんじゃないか?という仮定のもとに御殿場で高速を降りたら・・
 その後は 嘘のように進捗率があがる。

 下道進んで、高速が空いたら高速に乗って、また渋滞に捕まって、、
 を繰返し、車はようやく鳴門大橋へ。 出発から13時間でようやく四国の徳島に入った。

 090401_001.jpg
 photo by みいさん

                                         (つづく)
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。