admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

090427_999.jpg
<日時>
 2009年4月26日(日) 晴れ 強風


<行先>
 日向山(山梨県)


<アクセス>
 車:自宅→(中央道)→小淵沢IC→矢立石駐車場 2時間強


<人数>
 2人
  w/みいさん


<コース>
 矢立石駐車場→日向山(1659m)→錦滝→不動滝→錦滝→矢立石駐車場
  予定歩行時間 4時間10分 (昭文社山地図参考)
  実績歩行時間 昼休憩&小休止含み 5時間


<内容>
 日向山へ登ってきた。
 登りたい山だった・・。過去に行こうとして何度か天気に振られていた。
 やっと登れた!

 たいした苦労のある山ではないのだが、、
  ・樹林帯を抜けると開けた白砂の頂上に出るという個性的な点。
  ・八ヶ岳と甲斐駒がみえる眺望の良い点。(特にこの時期は白銀で美しいはず)
  ・美しい尾白川渓谷が近場にある点。
  ・ハイキング程度なので、仲間と共有しやすい点。
 に興味あり、登ってみたい山の1つだった。

 この日の天気予報は山梨は晴れ模様、長野は雨模様。
 日向山はくもり・・の予報。。

 ICを下りると登山口方面の空を見る。
 南アルプス方面は雲がかかっていて、
 日向山が丁度、、晴れとくもりの境にあるようだった。

 一方、山梨中部の方は青空が多い。。
 「頂上の展望なさそうだなあ・・・ 行先かえようかなあ・・。」
 ・・と優柔不断な私。

 仲間と相談する。

 そうそう。今回はハイキング仲間のみいさんと一緒だ。
 何度か一緒に山登りしたことがあるが、、タフな女性である。


 みいさんは、「行っちゃいましょう」 とさらり。

 そうだな。。ぶれない方がたいていうまくいく(なにより後悔がない)。
 迷いをきって、登山口へ伸びる細い路を進む。


 やがて車は道幅狭い・・落石がゴロゴロ転がるくねくね山道へ。
 ・・・と、カーブにさしかかったときに視界の中に動物が目に入ってきた。。

 私 「みいさん・・すんません。 ちょっと待っててください!」

 車を道の真ん中に急停車させ、カメラ片手に森に入っていく私・・。
 シャッターを切りながら追う私。 逃げる動物・・。 
 ってか・・・ただのキジなんだけど。 久々に間近に見たので。
 小さい頃・・よくキジの卵取りをしたものだ。
 090427_001.jpg


 そんなこんなで。 登山口へ。 
 さほど広くない山道の路肩に5~6台の車が連なって停まっていた。
 意外といるんだなあ 登っている人。

 若者もチラホラと。


10:10 矢立口発
 ささっと準備をすませて出発。
 090427_010.jpg


 天気も今のところ晴れている。
 頂上方面は微妙・・ガスってるかな?
 南アルプスは厚い雲に覆われ眺望は絶望的。
 090427_011.jpg


 登り始めてすぐに、、ポトポトと空から降ってくる。  雨??  ちがう・・ アラレだった。

 山道に謎の空洞。炭焼き窯?
 090427_012.jpg


 広葉樹の樹林帯は、見渡すと落ち葉の茶色で覆われている。
 私はキョロキョロまわりをみながら、、登る。 もしかしたら、コシアブラ、タラノキとか
 ないかなあ・・・?  ないよなあ・・・・。
 090427_013.jpg

 春の花を写真に収めながら進む。
 090427_014.jpg
 090427_015.jpg

 ところどころにピンク色のミツバツツジも咲いている。
 090427_016.jpg


 時折、上空を飛行機のように強風が通過していく。
 ざわわざわわと木々が揺れる。
 090427_020.jpg


 低気圧が北上していることもあり、本日は強風予報だった。
 しかしながら樹林帯に囲まれ、登山中はちっとも風の影響は受けなかった。
 思ったとおり。


 山道は歩きやすい。
 特に急斜もなく、易しすぎず。

 みいさんは随分登っていなかったらしく、結構へばっていた。 珍しいことだ。
 とはいえ、、コースタイムより早いぐらいのペース。 彼女のペースで登ってもらう。
 090427_018.jpg


 雨量観測所が見えると傾斜も更にゆるやか。
 090427_022.jpg

 しばらくいくと三角点。
 090427_023.jpg

11:30 日向山山頂着
 そして・・頂上へ。
 噂通り ビーチのような白砂が広がっている。
 「うわああああ! すげー! 」 自然にあげる歓声。
 090427_026.jpg

 鳳凰山や甲斐駒ケ岳に似ていて頂上は砂地になっている。
 知ってはいたけど、やはり頭で思い描いていたのとは違い、、感動。

 白銀の甲斐駒は残念ながらガスの中。八ヶ岳方面も雲に覆われている。
 090427_027.jpg
 
 頂上は風が強く・・また冷たい。 アラレと砂が吹き付けるからたまらん。
 090427_030.jpg

 とりあえず、、青空みえる下界をバックに。
 ガスの中にある甲斐駒バックに証拠写真を撮る。
 090427_032.jpg
 090427_033.jpg

 樹林帯に避難して昼飯。
 マイブーム「かまたまラーメン」を食べる。
 麺をゆで、ゆでたもやしと薬味と玉子と混ぜるだけ。
 これ超うめええええよ。
 かじかんだ手で "うめえうめえ"と食べる。
 090427_035.jpg


                                         (つづく)
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。