admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

090315_899.jpg
<日時>
 2009年3月15日(日)晴れ

<行先>
 乗鞍岳(長野県) 日本百名山
  もちろんここでいう乗鞍信者とは、信仰登山のそれではなく、まして遊覧バスで運ばれてくる大衆ではない。
  お金は余り無いが暇は充分あるという学生時代に乗鞍に住んだことのある人たちを指す。全く、乗鞍に登ると言うより、
  住むと言った方が似つかわしい山である。
  -深田久弥「日本百名山」より-


<アクセス>
 車:東京→松本IC→乗鞍高原温泉スキー場 4時間
 リフト:乗鞍高原温泉スキー場→ツアーコース入り口まで 20分

<人数>
 単独

<コース>
 乗鞍高原温泉スキー場 ツアーコース入り口→位ヶ原→肩ノ小屋→頂上(ピストン)
  →乗鞍高原温泉スキー場入口まで(スキー滑降)

<内容>
 さて・・・今回は 一ヶ月ほど前に敗退した乗鞍岳にリベンジすることにした。
 参考記事 2009/2/15 乗鞍岳(敗退)


 深夜に東京を出発し、途中八ヶ岳PAで仮眠を取る。
 前回はここでチンピラに襲われた(?)のに、懲りずに鍵もかけずに寝る私は愚鈍。
 
 早朝。

 甲斐駒の上に浮かぶ月が束の間の時間を、太陽と共存していた。
 090315_001.jpg

 八ヶ岳が光を浴びて輝きだす。 
 西へ向かって車をまた走らせた。
 090315_002.jpg


 中央道から白銀の北アルプスが見える。
 (撮影しながらの運転は危険なので止めましょう
 090315_004.jpg

8:30 リフト乗り場発
 リフトのチケットを2回分購入してスキー場ピーク=登山口へ。
 ※通称"ツアーコース入口"と呼ばれる。
 090315_007.jpg


8:45 スキー場ピーク出発。
 
 空はピーカン。 
 090315_008.jpg

 道は・・・・なんと新雪でフカフカだった。
 ストックを差して新雪の深さをみると・・50cm程度もあった。
 090315_018.jpg

 木々に付いた雪でも昨夜は結構降ったことがわかる。
 雨じゃなかったんだ・・・・・。
 090315_010.jpg


 位ヶ原付近はきっと膝上パウダーいけるで・・・これ。



 「やべー・・・・・また、やっちまった。」

 
 そう・・・私はやっちまっていた。
 前回、アイゼンを家に置いてきたために山頂直下を登れずに敗退しちゃった私。
 今回は勿論アイゼンはしっかりと持参。

 しかししかし・・・どうせ雪はシャーベットだろうと、長いスキーを家に置いてきてしまい
 代わりにショートスキーを持ってきてしまった。
 ショートスキーは軽くて携帯性はよいが、深雪やモナカ雪は滑れない。
 090315_014.jpg



 溜息をつきながらも、、、「滑ってみないとわからない」と 自己フォローし、
 スノーシューを履いてハイクアップ開始。

 一本トレースあるが、まだ登山口は静か。。
 これから続々と下からスキーヤーやボーダーがあがってくるだろう。
 登山道が賑やかになる前に、、、静かな山歩きを楽しみたい。
 090315_012.jpg


 30分ほど歩くと大日岳と乗鞍岳(剣ヶ峰)が見える。
 090315_017.jpg


 スノーシューの浮力が気持ちよい。
 090315_019.jpg


 空・・・真っ青。  足の速い山スキーヤーに追い抜かれ・・・会話をする。
 いい雪だね。いい空の色だね。最高だね。。って話。 関西の人が多かった。
 私のショートスキーとブーツにも 興味を示す。 やはりブーツは珍しいようだ。
 090315_021.jpg


10:00 位ヶ原手前
 位ヶ原 手前のパウダーバーン。
 うおーー。つまみ食いしてえーーーー!!!
 乗鞍で1番おいしいとこだと思う・・。
 090315_030.jpg


 でも・・意外とショートスキーでも滑れるかもしれない・・・。
 キセキを起せるかもしれない・・・・。  とりあえず サクッと頂上極めてくるから
 なるべく原型を留めて残っていてね・・・・とありえへん希望を抱きつつ、、
 先に進む。


 あっ・・・1人ドロップ。。奇声をあげながらバージントラックを食べていた。
 うぐぐぐぐ・・・・・・。  めっちゃ悔しい。
 (あたいのバージンを・・・
 090315_032.jpg

 
10:13 位ヶ原着
 枯木の影模様が血脈のように。
 090315_033.jpg


 森林限界を越え、別世界が広がる。
 090315_045.jpg


 絶えず雪煙が舞う。 
 肩の小屋の方面から冷たい風が吹き付ける。
 090315_046.jpg


 北方には穂高連峰が見える。
 090315_047.jpg


 この辺りから、下山者と擦れ違う。
 下山者は位ヶ原小屋で宿泊しているらしい。小屋は2月初旬より開いているとのこと。
 

 肩の小屋までの道が長く感じた・・。
 前回に増して真っ白だから、距離感がつかめない。
 歩いても歩いても・・なかなか肩の小屋に辿り付けない。
 090315_058.jpg

 雪煙を舞い上げながら強い向かい風が吹きつづける。
 沢の中を上流に進むように・・・ゆっくりと着実に進む。
 090315_059.jpg

11:30 肩ノ小屋に到着
 着いた~。
 この小屋の影(建物 東側)で風を避けながら皆 スキーからアイゼンに、、、またはアイゼンから
 スキーに履き替える。勿論、休憩ポイントでもある。
 090315_062.jpg


 スキーウェアのポケットに入れた昼飯を食べながら、スノーシューを脱いで
 アイゼンを履く。

 ・・・さて・・・リベンジの時は来たっ!!


                                    乗鞍岳★★(2of2)へつづく
スポンサーサイト




おー、リベンジですねー!!
私もリベンジしたい。

春、御嶽企画しましょ。

【2009/03/18 10:30】 URL | atsu510 #-[ 編集]
>atsuさん
いつもコメントありがとうございます。

御嶽、よいですねー。

那あさんやまきchinさんのレポートなどみて、行きたいなあ・・と
思いをはせてました。
日程あえば是非。

凄く遠いですが・・月山とかも春スキーでいかがです?
【2009/03/18 14:17】 URL | ぽっか #-[ 編集]
おっ、名前が出ている。
嬉しいです。ヽ(´▽`)/
何処かでバッタリしたいですねぇ。
【2009/03/30 19:30】 URL | 那ぁ #-[ 編集]
那ぁさん

すんません。勝手に名前だして・・・。(^-^;

どこかでバッタリできたら嬉しいです。
とりあえずウェストにカメラくくりつけてるのは私です。笑
【2009/03/30 19:40】 URL | ぽっか #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。