admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

080211_999.jpg
<日時>
 2009年2月11日(水)くもり時々晴れのち雪

<行先>
 浅間嶺(東京県)

<アクセス>
往路:
 電車・バス:武蔵五日市駅からバスで約20分程度ゆられて払沢の滝バス停へ。
復路:
 電車・バス:仲の平バス停から1時間ほどバスにゆられて武蔵五日市駅へ。

<人数>
 4名
 めぐさん、うみやまさん、風さん、mimiさんの4名。
 ってか、、前々日に誘うって横暴ですよね。
 ・・・・・すみません・・・いつも。

<コース>
 払沢の滝入り口→払沢の滝(ピストン)→浅間嶺→蛇の湯(たから荘) 約5時間

<今回のポイント>
 ・払沢の滝の氷曝をみたい。
 ・峠の茶屋の鍋ごと出してくるうどんを食べたい。
   (↑計画時点で失念した)
 ・藁葺き屋根の民家が並ぶつづら折り合いを歩きたい。
 ・冬枯れの明るい落ち葉ジュータンの浅間尾根を歩きたい。
 ・最後は秘湯でほっこりしたい。

3年前ぐらいに前にも同じようなコースを仲間と歩いていて、
その気持ちよさが私の海馬に残っていたのだった。


<内容>
9:50 払沢の滝入口着
 事前の調べで払沢の滝が氷結していない・・という情報を入手していた。
 暖冬なんですね。

 入口には『ちとせ屋』という豆腐屋がある。
 ここのおからドーナッツが名物であるが・・・開店は11:30から。
 残念だけど・・諦めた。
 (HPでは正午からとなっているけどあれは古い情報です)

 それでもいちおう見てみましょうかと払沢の滝へむかう。徒歩10分ぐらい。
 080211_001.jpg


10:00 払沢の滝着
 滝は全く氷結していなかった・・。
 080211_002.jpg

 滝の入口付近まで戻り、浅間尾根へと伸びる林道、時坂峠を
 歩く。東京とは思えない田舎家屋が並ぶ。
 080211_003.jpg


 ん~よい眺め。
 080211_004.jpg


 家の裏には福寿草が咲いてたり。春は近い。
 080211_005.jpg


 林道をあがると峠の茶屋がある。
 080211_006.jpg


 北面の見晴らしがよく大岳山や御前山が見える。(写真は大岳)
 080211_007.jpg


 ここで昼食。
 風さんは茶屋にうどんをオーダー。茶屋のご主人がベンチまでデリバリーしてくれる。
 うどんは1000円と割高だけど、驚愕のボリューム。 しかも手打ちでんまい。
 注)これで一人前。
 080211_008.jpg


 すっかりこの茶屋の存在を忘れてた私は用意してた自炊昼飯。
 あー、うどん食べたかったなあ。。
  ・海老と茗荷と揚げ入り稲庭うどん
  ・ふきのとう、タラの芽、こごみの油炒め
 080211_009.jpg

 マイミクさんの日記がきっかけで今年初の山菜を調理したわけだけど、
 今時は冬でも山菜がスーパーで買えるってのも個人的にびつくり。

 うみやまさんは手作りいなり寿司、mimiさんは水餃子を持って来ていた。
 どちらも おもしろい&おいしそう。


 昼食中は茶屋のおばあちゃんが いろいろと話しをしてくれた。
 相槌はしたけど、ほとんど話の内容は耳にはいってなくて、、、
 麓の実家を教えてくれたり(私は見えたふりしたり)
 昔は雪が腰まで積もっていた話をしてくれたり(私は信じてなかったり)
 ホント・・・すんません。 おじいちゃん、おばあちゃんは基本的に
 好きなんだけど。。。ね。

 昼食を終えて出発。茶屋を超えると最後の民家、峠の蕎麦屋「みちこ」がある。
 ん?みちこの手前に何やら謎の立て札がある。
 080211_010.jpg


 !? どうやら展望を説明してるようだけど・・・・・大ざっぱすぎるよ!
 080211_011.jpg



 しかも・・・・ヒルヅて。(笑)  ある意味みてみたいですが。


 
 さて「みちこ」。
 なにやら香ばしい香りがする名前。 スナックではなくて蕎麦屋なのだけど・・
 「その時の出会いが・・」とか スナック的なことを書いてる。
 080211_012.jpg


 昔、代官が蕎麦を食べちゃったんだとか。
 080211_013.jpg



 なかなか雰囲気は良さそう。
 冬はお休みしてるとのことで立ち寄りませんでしたが。
 080211_014.jpg


 ん?ちょっと待てよ。。。さっきの写真再掲。。。
 下の方に何か書いてる・・・・・・。
 080211_013_2.jpg



 峠の茶屋チェーン!!??
 さっきのじじい&ばばあがやってるのかああああ。
 ってことは・・・さっきのおばあちゃんが「みちこ」さん?(笑)
 もう昼から やられっぱなし。笑い倒れちゃいます。

 さて「みちこ」を過ぎたあたりから山道に。
 山道といっても昔は生活道として使われていたところ。
 風情を楽しむハイク。
 080211_015.jpg


 ピンボケだけど なんか艶かしい根っこがあったので撮影。
 この漢字久々に使った。<「艶かしい。」
 080211_016.jpg


 針葉樹林帯は暗くて固い道。
 広葉樹林帯は明るくて落ち葉フカフカの道。
 違いを楽しみながら歩く。
 080211_017.jpg


 落ち葉でルートがわからなくなるような箇所もあるけど、
 こういうとこって好き。 田舎の野山みたい。
 来年はバリエーションルートに挑戦したいなあ。
 080211_018.jpg


 「冬枯れの里山」の印象。
 いいなあ・・この道すきだなあ。。
 080211_019.jpg



XX:XX 浅間嶺着
 のんびりしすぎて・・・予定よりちょっと遅れ気味。
 まきで行こう。まきで。
 080211_020.jpg


 といいつつ、、記念撮影。
 080211_021.jpg



 といいつつ、おやつでまったり。
 もうね、、、遠足気分。
 曇り予報だったけど、時々青空になったり。
 080211_022.jpg


 御前山がどっしり。 
 080211_023.jpg


 頂上直下には休憩施設がある。
 なんか いい写真が撮れた。
 080211_024.jpg


 以前にここでマイミクさんの誕生祝いをしたねえ・・。なんて
 以前に歩いた風さんと思い出にふける。
 ここで月夜にテント泊するのも よさそうだ。焚き火したりしてね。
 夜は凄く静かだと思う。

 さて、いい加減、、、先を急ぐ。
 空には雪雲が広がりだして、暗くなってきた。
 080211_025.jpg


 広葉樹エリアの尾根道は明るいんだけどね。
 080211_026.jpg


 温泉ある数馬方面へ尾根道を歩く。
 080211_027.jpg


 サル石という名所もある。
 この岩のどこかにサルの手形があるそうで、、、探してください。
 080211_029.jpg


 途中にあるお地蔵さん。
 おにぎりが備えられていた。
 080211_028.jpg



 このあたりで ふわふわと 白いものが舞う。
  「なにこれ・・虫!?」  「灰!?」 「ゴミ!?」
 メンバーの方々の口から次々に出る単語・・。
 違います、雪です。
 ・・・・・。

 そう・・雪だった。 
 振るというより里から舞い上がるように
 ふわふわ舞い踊る雪。

 素敵だった。
 080211_031.jpg


 尾根は続くよどこまでも。
 080211_030.jpg


 ようやく数馬の集落分岐がでてきたので、、、、
 ここでドロップ。集落へおりていく。 結構急坂。
 080211_033.jpg


 落ち葉フカフカ。 蹴り上げて遊びながら下る。
 080211_032.jpg


 30分ほど下ると集落の人家がみえてくる。
 安心感。   うみやまさんは真っ先にトイレへ。
 ってここまで書かなくてよいか。
 080211_035.jpg


 
15:50 浅間尾根登山口@数馬 着
 ゴール。
 080211_034.jpg


 今回のハイク。
 アップダウンはさほどないが、距離が長い。
 この日の歩行距離は約10km。  

 ほとんどの人が数馬から歩くが、私は逆コース(数馬ゴール)が断然好きだ。

 朝にカチンカチンの氷結みれるし、、、最後に温泉入れるし。
 んで、、、冬に歩くのが風情あっていい。

 足が速くて食いしん坊な人は11:30にスタート地点にある「ちとせや」で
 おからドーナッツをおやつ用として買って、茶屋で昼食のうどんを食べても
 よいと思う。

 疲れたりトラブルがあったら尾根の各所にある里への分岐をエスケープすればよい。


=====
 温泉は・・・・。
 数馬にある蛇の湯温泉「たから荘」へ。
 この外観。素敵である。
 080211_037.jpg


 水という漢字一字が書かれている。
 080211_036.jpg


 かぶと造りという藁葺き屋根の建物は江戸時代末期の建物で300年以上の歴史を
 有するそうだ。

 温泉は適温で長湯に丁度よい。
 貸切状態だったので・・・・こっそり 冷たいパイナップルと水を持込み、食べる。。。
 良い子は絶対に真似をしてはいけません。
 080211_038.jpg


 沢の音につられて窓を開けると渓谷がみえる。
 雪がしんしんと降り始めた。。  良すぎる。。
 080211_039.jpg


 宿の雰囲気よいし、従業員の対応も明るく親切でよい。
 待合室もあったかくて落ち着いた雰囲気でよい。
 お雛様がかざってあった。
 バスの時間まで待合室でまったりした後、
 団体さんとすれ違うように宿を出た。
 雪がうっすら積もっていた。
 080211_040.jpg


===
 立川でお疲れさん会。
 料理がおいしく、スタッフも気が利くいい店だった。
 080211_041.jpg
スポンサーサイト




見つけちゃいました。
ブックマーク入れさせて頂きマース。

また、遊んでください。
【2009/02/17 00:49】 URL | atsu510 #4SZw2tfw[ 編集]
こんにちは。
楽しかったですねー。お声がけいただきありがとうございます。
念願のぽっかさんとのご対面e-420 嬉しかったです。
冬の低山は見晴らしもいいし落ち葉の上を歩くのは
気持ちよかったです。
雪も温泉も最後の立川のお店もよかったですね。
また一緒に歩きましょう~e-465
【2009/02/17 11:01】 URL | mimi@大阪 #z8283xuI[ 編集]
>atsuさん
よろしくです! 私もいれちゃいます!!

>mimiさん
私も念願のmimiさんに会えてうれしかったですよー。
また一緒に歩きましょうね。

「旦那さんがプチぽっか=ぽっか もっとでかい」発言は
遺恨。







冗談ですよ。
【2009/02/17 13:20】 URL | ぽっか #-[ 編集]
ご、、、、、、

ごめんなさい~


えーっと・・・


お好きな日本酒一杯ご馳走させてくださいv-305




今度是非だんなも一緒に山歩き お願いしますv-284
【2009/02/17 23:52】 URL | mimi #z8283xuI[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


2/11(祝)は、mixiの山コミュメンバー ぽっかさん、そのお友達Kさん、Mさん、うみやまさんと浅間嶺に行ってきました。冬の低山、それはそれで趣があり青空のもと、日差しが降り注ぐぽかぽかハイキングから後半は雪が降ってくるサプライズ。最後は素敵な温泉と、 山へ海へ川へ!【2009/02/18 01:18】

| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。