admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

080118_900.jpg
<日時>
 2009年1月17日(土)晴れ

<行先>
 入笠山(山梨県)

<アクセス>
 東京→(電車)→富士見駅→(送迎バス)→富士見パノラマスキー場→山麓駅
   →(ゴンドラ)→山頂駅

<人数>
 2名 

<コース>
 山麓駅→入笠湿原→山頂(ピストン)
  コースタイム 約3時間 ※富士見パノラマスキー場HP 参照

<内容>
マイミクメグさんを誘って入笠山に日帰りスノーシューにいってきた。
朝・・・・少し寝坊。予定の列車に乗り遅れる・・も、
なんとか10時前に富士見駅へ到着。

途中、車窓から甲斐駒みあげ、、にやける。
090118_002.jpeg
 

10:00 富士見駅発
 富士見駅から富士見パノラマスキー場(入笠山麓)
 まで無料送迎車に乗込みスキー場へ。

11:00 スタート
 準備してゴンドラのって頂上へ。仕度をすませて
 スノーシュー開始。
 090118_001.jpeg

 入口わかりやすいです。
 090118_004.jpeg

11:18 入笠湿原
 アップダウンのほとんどない樹林帯を10分ほど歩くと
 入笠湿原へ着く。 
 090118_003.jpeg

 青空が美しい。
 090118_005.jpeg

 無人そうな山彦荘を通り過ぎてしばらく行くと
 開けた雪原へ。(元スキー場)ここを登る。
 090118_006.jpeg

 あえて、山道をはずして踏み固められていない雪道を登る。
 ふかふかだあ。
 090118_008.jpeg

11:50 再び樹林帯へ
 再び樹林帯へ入る。直登コースと迂回コースが
 あったが、我々は行きも帰りも迂回コースを選択した。
 090118_007.jpeg

12:05 山頂
 15分ほども歩くと山頂へ。結構賑やか。
 090118_009.jpeg

 山頂は360度大パノラマ。気持ちいいいーーー!
 西に中央アルプス、、、こんにちは!
 090118_010.jpeg

 北は八ヶ岳。バンザイ!!
 090118_011.jpeg

 東は甲斐駒に間ノ岳に仙丈。昔は この辺に登っても
 富士山しかなかった(見えなかった、認知してなかった)
 のにいまは甲斐駒を認知している。不思議だ。
 090118_012.jpeg

 富士山もみえる。おーい、元気かああ!?
 090118_014.jpeg

 風も弱いので頂上より少し下がったところで食事。
 今日は沖縄ソバを作った。
 ・・とメグさんも取り出したるは沖縄ソバ・・・。
 「かぶりましたね!」
 というか私の沖縄ソバは先日メグさんから戴いた
 ものであり、全く一緒に沖縄ソバ。
 しかも野菜も、、私のもやしを、メグさんはキャベツを
 シェアして・・
 「・・・これって 2人でバラバラに作って結局
 同じものを食べてませんか?」になる。

 半熟卵を入れて、1歩リード。
 090118_013.jpeg


13:20 下山開始
 食べ終わったら下山。ここで私はスノーシューから
 スノーブレードにはきかえる。
 しかも、、、私が1番最初に買った板(ビッグフットといいます)
 日本でファンスキーが定着する2年も前にゲレンデで
 遊んでた頃の・・・板だ。
 090118_015.jpeg

 狭い山道もこれなら下れるかと思いきや・・結構山道って
 ボコボコしていて滑りずらかった。
 090118_016.jpeg

 お決まり尻セード by メグさん
 090118_017.jpeg
 

 さっきラッセルした雪原。先に滑りおりてメグさんを見上げる。
 あれ??なにやってるのかな?
 090118_018.jpeg

 あ、また滑ってる!(滑落じゃないっすよね)
 090118_019.jpeg

 山彦荘、、帰りに煙突をみたら煙がでていました。
 誰かいるんだね。 薪もいっぱいあるもんね。
 090118_020.jpeg

 入笠湿原まで戻り。。
 090118_021.jpeg

 スキー場まで戻る。私はそのままゲレンデを滑って降りる。
 090118_022.jpeg

 くるくるまわりながら撮影。。あぶないっす。
 090118_023.jpeg

 八ヶ岳と麓の田園が素敵。
 090118_024.jpeg

14:50 下山
 スノーシューを返却し、さて次は温泉。

 最寄の温泉場まで地図をみながら近道作戦。
 この道でいいのかなあ・・・と人気のない寂しい林道を
 歩く我々。・・・すると。

 行く手が鹿避けの電気柵で遮られていた。なんと。せっかく
 歩いたのに・・・引き返さなきゃいけないのか?
 090118_025.jpeg



 通れそうな箇所がない。 柵を無理矢理通るべきか・・・。

 当然、「感電に注意」と書かれている。
 頭の中で感電で骸骨がすけてみえるの図がうかぶ。


 
 「ど・・・どうします?ドロンジョ様・・」
 メグさんを見ると、、、メグさんも悩んでいる様子。
 「あの透き間・・・とおれるかなあ。。」

 人が1人分、、なんとか通れそうな透き間がある。

 悩んだあげく透き間を這って通ることに。
 感電しないかとびくびく。(良い子はマネしないでね!) 
 先に行くのは私。。。  ダイエットしてよかった。 多少服がひっかかりながらも
 なんとか通過!

 安心の私は余裕でカメラを取り出し・・・メグさんを撮影。。
 次はメグさんの番。
 090118_026.jpeg

 ダメだ・・・おもしろすぎる絵だ。。。笑
 カメラを構える手が笑いで震える。
 

 なんとか生きて電気柵を通って安堵の2人。
 と・・・ここでメグさんがある発見をして叫ぶ。
 「トッテあったんだー!」
 とか叫んでいる・・。 ん?どうしたんだ??

 メグさんの視線の先を追ってさっきの柵にかけられた
 メッセージをよく読んでみる。
 
 "ここを通行する時は感電に注意し・・云々・・"
 090118_027.jpeg

 そうだよね。だから這って歩いたんじゃないか。
 続けてメッセージを読んでみる。

 "取手をはずしたら必ず下のとおりに柵に接続して
  下さい。"
 


 取手?  ん?

 あああ!! これだーー!!
 090118_028.jpeg



 この電気線、、、はずせたのね。 2人、大爆笑。
 おもしろいやら、、情けないやら。。

===

 その後、どうみても遠回りだった道を進んで
 温泉場に向かう。 途中田んぼの真中に不思議な積荷。
 どんと祭の準備のようだ。
 090118_029.jpeg

 一個、だるまが落ちてる。
 090118_030.jpeg

15:35 温泉着
 水神の湯で身体をあたためる。
 アルカリ泉でまあまあよい湯である。
 090118_031.jpeg


17:00 スキー場発
 入浴後、スキー場に歩いて戻り駅まで送迎してもらう。

 帰りの車中では当然・・・・ビールで乾杯。
 そして長い車中は爆睡。

===

 電気柵の通り方。この先の人生でおおよそ役に
 立たないであろうノウハウを 今日 私は身につけた。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。