admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

090117_90e.jpeg
<日時>
 2009年1月12日(月)晴れ

<行先>
 高座山(山梨県)

<アクセス>
 車:東京→富士吉田IC→不動の湯
  ※冬季不動の湯付近スリップ事故おおし。

<人数>
 単独

<コース>
 慈光院付近→鳥居地峠→高座山→大ザ首峠→不動の湯→慈光院付近
 コースタイム 約3.75時間 ※昭文社 山と高原地図参照

<内容>
前日は美ヶ原にナイトハイク。翌朝起きると長野(諏訪)の街は雪で覆われていた。
甲斐駒が間近にみれる日向山に登って雪山写真を撮ろうと思っていたが・・
大雪注意報もでていたため、 いい写真も撮れないだろうな・・・と日向山山行を取りやめた。

冬型の気圧配置が強まり、山梨は晴れ模様という。
山梨の山に登ることに。 地図をみながら日帰りできそうな山を物色する。

富士の東側にある杓子山があり、この山の麓に不動の湯という名湯が
あるのだが、この山と温泉をセットで楽しむのはどうだろう。
うん、、、そうしよう。

山梨へ向かうにつれてみるみる雲がなくなり、富士を越える頃には
ピーカンの青空が広がった。

杓子山は以前から行きたかった山でルートは頭の中にはいっている。
不動の湯付近に車を止めてのがベストアプローチだが、冬はスリップ事故が多いため
坂の下の道路脇に駐車し、高座山経由で杓子山に登り、不動の湯に入って
降りてくるというルートを辿ることにした。
 (不動の湯付近は この時期は事故が多い。スタッドレスをはいた4WDでも事故する
 凍結坂なので充分注意が必要。この日も何台かスタックしていた。)

10:10 スタート
 林道を登り、高座山への分岐点を曲がる。
 林道はトレースが一本しかない。 マイナールートなのかな?
 090117_021.jpeg

 30分ほど歩いてトレースが消えた。。。あれ?この道あってんのかな。。
 なんか地図と違うような気がする・・・・。やけにキジも多いし。(登山道
 に巣は作らんよね)
 090117_022.jpeg

 1時間ほど歩いて杓子山と高座山の位置から同定したら、、
 全然違うとこを歩いていることがわかった。(地図にもない道だった)
 おまけに復路で風呂に入るというのに財布も車に忘れた。

 「・・・・・・戻ろう」


12:20 振り出しスタート
 なんと往復で2時間も無駄にした。ラッセルで身体がちょっとだけヘロヘロ。
 諦めようかとおもったが、、諦めきれず再度杓子山を目指す。

 誤った分岐点を越えてしばらく行くと正しい分岐を発見。
 間際らしい地形だが地図を慎重に読めばわかるミス。 
 090117_023.jpeg

 しばらく林道が続く。轍は微妙に歩きにくく無雪期より疲れるかも。
 090117_024.jpeg

 コースタイムを少し上回って登山道に入った。トレースあり。
 青空がスカスカみえて元気が湧いてきた。
 090117_025.jpeg


 樹林帯を抜けると高座山山頂がみえてくる。
 振り返ると、、、意外と素敵な眺め。
 私がアプローチしたのは南面のコース。
 頂上付近は風がうなりをあげていたので、ここで昼食を取る。
 サッポロ一番塩ラーメン。  うめーーー!!
 090117_026.jpeg

 山頂直下は急傾斜。凍結してたら結構危険。
 この日は午後ということもあってドロドロ。
 ある意味転んだら危険かも。(泥だらけになる)
 090117_027.jpeg

15:00 山頂着
 ノーアイゼンで登れたが、、かなりロープに頼った。
 アイゼン履くべきです。(ただ泥道が大半だから迷うところ)
 090117_028.jpeg

 杓子山を目指すが、そう簡単に通してはくれない。
 ロープ道のアップダウンを繰り返す。
 無雪期なら早いんだろうなあ。
 090117_029.jpeg

 鉄塔をくぐっていく。
 090117_030.jpeg

 下界の景色。
 090117_031.jpeg

 田んぼが見えるっていいな。
 090117_032.jpeg

15:45 大ザ首峠(不動の湯との分岐点)着
 随分と日が傾いてきた。
 随分タイムロスしてしまった。杓子山に行くと日が暮れてしまう。
 暮れてもいいが、、早く東京へも帰りたい。
 残念だが杓子山を諦め、温泉へ向かうことにした。ここから長い林道。
 090117_033.jpeg

 林道といっても雪が積もっているので登山道とあまり変わりはない。
 降りているうちに陽の光が赤くなった。
 090117_034.jpeg

===
16:30 不動の湯着
 日暮れ前に不動の湯へ到着。
 http://www.navi-city.com/iine/fudo-yu.html

 この湯は皮膚の病気(アトピーなど)に大変効くといわれている。
 前に会社の同僚と訪れたことがあるが、、私は以来 お気に入りの湯になっている。
 湯槽は特別に凄いわけではないが、泉質の良さが実感できる湯なのだ。
 090117_035.jpeg

 お風呂の中で、ある地元のおじさんと親しくなった。年のころ60過ぎぐらいか。
 そのおじさんは不動の湯がいかに皮膚の病気に効くかを力説してくれた。
 家族や知合いで皮膚が悪い方は あせもレベルでも連れてきて
 この湯に入れたのだそうだ。 皆、治りが早いという。
 またおもしろいことには、 あまりにも効果があるんで・・・「泉質を
 調べてみよう!」・・と、わざわざ8万円もする温泉の泉質を
 分析する器材を購入して調べたらしい。
 そうしたところ他の湯に比べてマイナスイオンが高いことがわかったのだという。
 

===
 温泉を出た頃には陽もとっぷり暮れた。
 090117_036.jpeg


 不動の湯(コーヒーにしたらうまいと 同僚が言っていた)を水筒に汲み、
 スタート地点までトボトボと夕暮れの坂道を歩き始めた。
 ・・・・・と、、、1台の軽トラックが私の脇に止まった。
 「おう、あんちゃん。乗ってくか?」
 さっきのおじさんである。

 はあ・・私はこういう人情に弱いです。
 あったかいわ 田舎の人って。
 

===
 でっかい月を眺めながら帰路へ。帰りは中央道の渋滞もたいしたことが
 なくスムーズに帰れた。
 090117_037.jpeg
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。