admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

081116_99.jpg
<日時>
 2008年11月16日(日)雨

<行先>
 草津白根山(群馬) 日本百名山

<アクセス>
 車:東京→(高速)→渋沢伊香保IC→白根火山大駐車場 3時間

<人数>
 4人(私含む)

<コース>
 白根火山大駐車場→展望台(左周りでピストン)
  コースタイム 2.5時間 ※昭文社 山と高原地図参照

<内容>
6:00 東京出発
 いろいろあったけど、、仲間をPickUpし東京出発。
 天気予報がはずれて朝から雨模様のため、自分含め
 仲間のテンション低め。仲間の心が聞こえてきた。
 「断って 家で のんびり過ごしてればよかったなあ。。」
 という心の声が。

 私も心の中で、、
 「無理しなくても よかったかなあ。。 山やめて温泉楽しもう。」
 と朝の駐禁のこともあって萎え気味。

9:00 草津白根山登山口着
 目的地が近づいてきたが、あいかわらずの雨模様。
 車中の会話は楽しいものの、ハイキングテンションはいまいち。
 しかし、車が草津志賀高原ルートに入り高原の風景が見えてきたら
 なぜか、、、、私の山登りの虫が騒ぎはじめる。
 くねくね道を走って高度があがると ふと雨が弱くなり、
 ガスが薄くなり、遠くの山並みが 一瞬姿を現す。

 「の、登りたい!!!!」

 ふと仲間の目を見回すと、、山女2人の目がぎらついていた。
 山を欲しがってる目だ。・・・Yさんはあいかわらずの目をしていた。
 雨なのに・・・山登り、決行。
 081116_01.jpg

10:00 山頂着
 歩きはじめると雨は霙まじりの氷雨に変わった。
 081116_03.jpg
 081116_04.jpg
 081116_05.jpg

 登山といっても、それほどの登りもなく、1時間ほどで山頂へ。
 山頂付近は樹林がないためガスで視界も閉ざされる。
 火山のため風にのって硫黄の香りがかすかに漂う。
 081116_08.jpg

 また1時間ほど歩いて駐車場に戻る。百名山なのにさすがにこの日は
 他の登山者に会うことはなかった。
 日光でレインハイクしたときも、丹沢でナイトハイクしたときも
 誰かしらの人にあったのに・・・誰にも会わないハイキングは
 この日が初めての体験だった。
 081116_14.jpg

 この後、いちおう湯釜に立寄る。さすがに湯釜は観光客でそれなりに賑わっていた。
 081116_16.jpg


====
11:50 万座温泉
 車中で食事をして、万座温泉へ移動。
 万座温泉の中で一番頂上にある温泉、万座温泉ホテルへ。
 081116_18.jpg

 硫黄の香りがただよう展望露天風呂へ。 他に有名な苦湯もあるらしいが、
 私は露天風呂で大満足してしまい、他の湯は入浴しないでしまった。
 いやはや、温泉好きなのに勿体無かった。

 でも、万座温泉は本当に気持ちよかったなあ。


=====
14:10 草津温泉街着
 「せっかくだし、草津温泉街ぶらついて帰りません?」
 「賛成ー!!」

 ってことで・・草津温泉街立ち寄り。
 081116_24.jpg

 Yさんが温泉まんじゅうを無料で食べられるところを知っている
 (試食なのにまるまる1つ温泉まんじゅうが食べれる)
 ということで うながされるまま そのお店へ。

 お店の前では 蒸かしたてのアツアツの 温泉まんじゅうと、、
 なんとお茶までふるまわれていた。
 「本当にある!」
 「おいしー。あったかーい。」
 081116_19.jpg

 勿論 試食であるから、お店での買い物をすすめてくるのだが、
 それほど押し売りなすすめかたでもなく、
 まんじゅう一個をほおばり店をでる。

 こうして、、試食を中心として、食べ歩きが始まった。笑
 私なんてペットボトルのお茶まで買って、、もう、、やる気だし。
 甘味屋で ようかんや、花マメを試食して、、
 漬物を試食して、、、まんじゅうやあげまんじゅうを買って歩き食いした。
  081116_26.jpg

 噂の湯畑のセブンイレブンも立寄ってみた。
 ここは2Fが無料休憩スペースになっていてしかも湯畑が見渡せる
 ロケーションにあり穴場である。 
 081116_20.jpg 081116_21.jpg
 
 ぶらついているうちに、雨はあがり、、なんと青空に。
 081116_27.jpg

 水たまりをちゃぷちゃぷ歩きながら、、
 「次、どこ行きましょうか?」
 「A.水沢うどん、B.蕎麦、C.東京でめし、D.高崎パスタール、E.その他」

 「水沢うどんって・・有名だけど、食べたことないよね。」
 水沢うどんを食べにいくことになった。

=====
吾妻峡
 草津を後にすると晴れ間が広がって、ついには太陽が顔を出した。
 車は吾妻峡にさしかかる。
 081116_35.jpg

 西に傾いた太陽の赤い光が紅葉に差し込み美しく燃えていた。
 俺「ちょ、、、10分ぐらい寄っていいですか?」
 081116_30.jpg

 予定にはなかったが、ちょっと車をとめて吾妻峡を少しだけ散歩。
 081116_29.jpg

 今年最後の紅葉かな。
 081116_34.jpg
 
=====
16:40 水沢うどん「大澤屋」着
 水沢うどんは草津の帰り途は伊香保温泉街付近にある。
 お店は17時で閉店。急がねば。
 
 なんとか20分前に大沢屋に滑り込む。
 081116_36.jpg

 広い店内に客は我々4人とカップルが1人。
 081116_37.jpg

 さっそく店のおばさんがお茶をおいて一言。
 「お茶どうぞ。」

 この後にきた一言が4人をイラッとさせた。
 「さあ、おいしいお茶なので 一口めしあがってください。
  まずは召し上がってください。 ほら、一口。おいしいですよ。」

 "おまえら うちのお茶はよそとは違うんですよ。私の入れ方は一流なんだから、
  きっとおまえらはこんなお茶を飲んだことないだろう?"
 という高飛車ニュアンス。
 飲まなきゃ立ち去らないって雰囲気だったので、
 それじゃ飲んでみますかと渋々 渋いお茶を含む4人。

 ゴクリ。
 (うわ、・・・・ふ、、ふつう。きわめてふつううーのお茶だ。)

 そんな表情を一瞬浮かべる仲間一同。 しかしすぐに大人の顔に変わり、、、
 Mさん 「おいしー!」
 Rさん 「・・・ああ、おいしー。」
 俺   「・・・・・ホントだ。はは。」
 Yさん 「・・・・・うん。」

 空気の読めないおばちゃんは、満足気に「そうでしょう?」って感じで
 去っていく。


 この後食べた水沢うどんや舞茸の天ぷらはそりゃあおいしかったが、
 「会計を別々に」と言った途端に態度を急変させる おばちゃん(たぶん古女将)
 や、 我々が最後の客となるや追い立てるように 駐車場も真っ暗にする
 店の心使いの無さに、、サービス業のなんたるかを反面教師として
 考えさせられるのであった。
 081116_38.jpg

 その後は目立った渋滞もなく、さくさく東京へ帰還。
 いや、盛りだくさんの1日であった。仲間も私同様に満足の様子。

=====
 調布駅について最後の仲間を降ろしてから、、、1人 喜多方ラーメン坂内食堂へ。
 店員 「いらっしゃいませー。ご注文お決まりですか?」
 俺   「チャ、チャーシューメン 下さい・・・!!」
スポンサーサイト




草津行ってたんですか!!
私は11月21日に行きましたよ!

そうそう、あのまんじゅうは有名ですよね、
私にも無理やりにくれようと
したけど、私は反発してかたくなに拒否して逃げました。^^
買わされたらどうしようと心配になってね。

写真みたら、めちゃ楽しそうに見えます♪
私は寒いし散々な思いをしたけど…
お店で食べた、まいたけの天ぷらの中に
爪楊枝が残っていて口のなかで刺されそうになりました。T_T




【2009/01/20 10:25】 URL | なな #2Qwf./yA[ 編集]
ななさん、メッセージありがとう!

えーー。そうなんですかー。
1週違い?ですね!
しかもななさんも舞茸食べてたんだね~。

私たちがいったときも結構寒かったですよ。
今度は一緒に遊びに行きましょうね!
【2009/01/20 13:59】 URL | ぽっか #fa7VEvUA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。