admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

081109099.jpg
<日時>
 2008年11月9日(日)曇り

<行先>
 金峰山(山梨) 日本百名山

<アクセス>
 車:東京→(高速)→勝沼IC→大弛峠 2時間30分
 ※大弛までの林道は通行止になることがあるので
 地元に確認したほうがよい。

<人数>
 4人(私含む)

<コース>
 大弛峠→金峰山(ピストン)
  コースタイム 4.5時間 ※昭文社 山と高原地図参照

<内容>
8:00 東京発
 八王子を8:00に出発。渋滞もなく勝沼ICで降り、
 大弛峠登山口までの下道を進む。焼山峠経由で
 行こうと思っていたが、途中で通行止め。

 引き返して、県道210号でアプローチしなおす。
 そのため理想到着時間より30分程度ロスと思われる。

10:30 大弛峠着

10:48 大弛峠出発
 ガスで視界ゼロ。山頂周辺だけ露出しているが、ほとんどは
 林間コース。木々が冷たく吹き付ける風から我々を守ってくれた。
 そのため 寒いけど苦になるほどの寒さではなかった。
 081109001.jpg

 山頂付近は木々がなく荒涼としている。
 ガスがもっと濃かったら迷いやすいかも?
 081109006.jpg
 081109007.jpg

12:30 山頂着
 とりあえず記念写真。
 081109011.jpg

 眺望はガスに覆われなし。
 一瞬 近隣の高山の頭がみえるが、すぐに隠れる。
 081109013.jpg

 山頂も直下は岩が暴風してくれたおかげで、ゆっくり
 昼食をとることができた。今日は私はおでん。
 仲間は柿をむいてくれていた。
 081109013.jpg

13:15 山頂出発
 40分で昼食を済ませ下山。

 午後に入って気温が下がっていった。
 帽子をかぶっていなかった仲間の頭が凍っていた。
 081109014.jpg

 行きに何もなかった木々は霧氷になっていた。
 わずか2時間ほどの間にである。
 081109016.jpg
 081109021.jpg
 081109023.jpg
 081109024.jpg
 081109025.jpg
 
14:45 大弛登山口着
 たいした道ではないが、視界がないため多少退屈しながら
 登山口へ帰ってきた。
 081109027.jpg

 停めていた車にはツララができていた。
 普通タイヤなので、道路が凍結したらヤバイ。
 道草せずに そそくさと山道を車で下った。
 

===

16:00 温泉場着
 下山後は、途中にある「はやぶさ温泉」にいった。
 甲武信登山の時にも使った温泉。
 http://yamamichelin.blog39.fc2.com/blog-entry-9.html#more

 かけ流しで、湯温は微妙にぬるいため長湯ができて、
 ほったらかし温泉がもはやダメダメになってしまった今日にとっては
 貴重な山梨の温泉リソースである。(と私は思う)

 但し この日は地元の人と思われる人達で混みあっていた。
 それでも 湯はドバドバとかけ流されるので、不潔感はないのだけどね。
 仲間は隣に入浴していた おじいさんの太ももに誤って手を置いて
 しまったといっていた。
 
 温泉に入っている間、あることが気になっていた。
 前回聖岳に登った日記に書いた「福山雅治のラジオ番組」である。
 実は先週山登り後に番組宛にハガキを書いていて・・・
 私の書いたハガキが読まれないか気になっていたのである。
 友達に代理で聞くようお願いして

17:10 温泉発
 小仏で故障車が止まっているために3時間以上の渋滞だった。
 下道と合せると到着が21:00頃になる恐れが。裏道利用。

19:40 八王子着
 裏道(峠道)を爆走して2.5時間で八王子へ帰還。
 くねくね道をすげー乱暴な運転で飛ばしたので、、仲間が
 ひいてないかちょっと心配。


 八王子で宴会。日本酒の熱燗をちびちびやりながら、酔い酔い。
 「帰りの電車で寝過ごしちゃわないようにね!」と仲間を何度も
 からかって解散。



 電車に揺られて足元ポカポカ。
 ・・・・・・・・気がついたら、見慣れぬ駅のホーム。
 「やべっっっ! 俺が寝過ごしたっ!!」
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。