admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

081102-99.jpeg
3日目 11/3(月)
4:30 起床
 朝になっても喉の渇きが止まらず。
 4:30から水場探し。
 給水塔から伸びているホースを辿っておおよその場所に
 検討をつけたらあっさり沢スジにたどり着き、、水ゲット。

 乾きを潤してくれた。

5:20 聖平小屋出発
 朝食を済ませ、紅葉の中をゆっくり下山。
 081102-1.jpg

 カラマツの紅葉がきれいです。
 081102-2.jpg
 081102-3.jpg
081102-4.jpg
081102-5.jpg
081102-6.jpg
 
 造林小屋跡にたどり着く。廃墟。
 忍び込んでみる。
 081102-7.jpg

 怖い・・・。
 081102-8.jpg

 フラッシュたいているから撮れているが真っ暗で
 怖いです。

 081102-9.jpg

 写真に人の姿とか・・・・映ってないですよね?
 081102-a.jpg

 そして造林小屋跡を抜けると、、噂の人力ロープウェイ。
 これで渡るの楽しみにしてたんだよねえ。
 081102-b.jpg

 引き寄せて、、、
 081102-c.jpg

 自分で載って自分で漕ぎます。 結構重い。
 081102-d.jpg

 結構高度感ある。
 081102-e.jpg

 ロープウェイを降りたら平坦な道になる。
 紅葉をみながらクールダウン。
 081102-f.jpg
081102-g.jpg
081102-h.jpg
081102-i.jpg


9:30 易老渡駐車場着
 帰りはのんびり紅葉をみながらドライブ。
 沢でキャンプしても楽しいだろうなあ。
 081102-j.jpg

◆温泉:小渋温泉赤石荘
 081102-k.jpg  
 しらびそ峠を抜けて飯田市街地へ。
 この辺はあまりよい温泉場がなく
 少し離れているが塩見岳近くの小渋温泉赤石荘に行くことに。

 温泉みしゅらんで五ツ星。眺めが自慢の温泉。
 http://www.asahi-net.or.jp/~UE3T-CB/spa/akaishiso/akaishiso.htm

 紅葉美しい大鹿村の山奥に赤石荘はあった。村の眺めと赤石岳の眺めと
 近隣の山間の紅葉と川を眺めながら入る温泉が気持ちいい。
 お薦めの温泉である。

 ついつい長湯し、さてそろそろ行くか。ザパーーッと湯をでる。
 ・・と一匹の虫がブーーーンと凄い勢いで飛んできて私の
 体に止まった。うわっ!! あわてて指ではじく。
 と。。。。次の瞬間、私の体と指から妙な匂いが漂うではないか。

 カ・・・・カメムシ?(泣)
 せっかく身体がきれいになったのに・・・・。



◆ゼロ磁場
 温泉をあがって帰宅の途へ。
 国道152号秋葉海道という道を北上して帰っていると
 長野の分杭峠という峠にたどりつく。

 と??分杭峠のピーク付近で多くの車がとまっている。
 そう、、、ここが 不治の病も治るという世界的なパワースポット。
 ゼロ磁場だったのだ。 ・・・って私もテレビでみたことがある。
 

 おおお! 登山の疲れを癒してもらおうじゃないのおおお!
 パワースポットよ!

 えーと、なになに、「ゼロ磁場は波動エネルギーが磁力を無能力化するため
 宇宙エネルギーをダイレクトに浴びることができます。」
 て・・・おいおい宇宙エネルギーって浴びたら人間死んじゃうよ!
 081102-l.jpg

 あ、また何か書いている。
 なになに、、「ここは、天然の気を体感する場所です。
 人にふれる等の人的行為や、営利行為を禁止します。」
 ようは、、痴漢がでるってことか? とんでもないところである。。
 081102-m.jpg

 斜面ではこんな感じ。
 毛布をかけて何時間も座っているであろうおばさんや、
 神妙な顔で座っている若い女性や、首をひねっているおじさんがいた。
 081102-n.jpg

 私は首を捻るグループ。 近くに素敵な山が一杯あるのに どうして
 こんな辺鄙なところに癒しを求めすがるのだろう。。
 その行為が病んでいるといったら、、言い過ぎだろうか。

 さて行こうかと席をたったら、後ろの女性のミニスカートが
 ぺらりとめくれる・・・・。
 おおぉ、なんか元気がでてきた。こ、これが宇宙パワーか!?


 ある意味、元気と勇気をもらったパワースポットであった。
 ・・・・なんか全体的にダメダメ日記。


18:30 渋滞をまいて東京着。
 この日は夜に友達と呑み。
 ヨレヨレで参加し、、、12時までワイン呑み。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。