admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

081005-99.jpg
『八甲田★★★ 1 of 2』のつづき

 頂上の空気を堪能したらば、さあ下山。
 081005-20.jpg

09:56 大岳避難小屋
 立派です。さて、、、下山は走ってみようか。
 081005-21.jpg

10:06 上毛無岱着
 30分コースを10分走って上毛無岱へ到着。紅葉の中 走るって気持ちいい。
  ※マメ知識:上毛無岱、、岱または代という字は湿地帯を表す。
  田代山とか山頂に湿地のある山あるよね。頂上に湿地がある
  岩手の八幡平も実は八幡岱が元々の字なのである。

 上毛無岱で早くも足が止まる。だって、紅葉がひどく美しかったから。
 081005-25.jpg

 ちょっと歩いては・・・・
 081005-26.jpg

 シャッターを切る。。
 081005-28.jpg

 ジャンプ!!・・・タイミング合わず。。失敗。
081005-31.jpg

 「ここから下はもっときれいなのよ」というおばちゃんの
 大きいひとり言が聞こえてくる。

 (これ以上!?本当かなあ!?)と思いながら、、私はまた駆け出した。
 湿地が終わり、急な下り坂にさしかかる。

 !?

 足が止まった。
 そこには広がる美しい日本の風景が広がっていた。
 081005-32.jpg

 ・・・あ、下毛無岱というらしい。
 081005-35.jpg

 京都行きJRのCMに極上の紅葉という言葉があったけど、
 081005-36.jpg

 そんな言葉がぴたりとあてはまるような、、
 081005-37.jpg

 はるばる東京から来て良かったと思えるような、、
 081005-39.jpg

 そんな紅葉でしたよ。
 081005-40.jpg

 名残惜しく下毛岱を後にする。
 081005-42.jpg

 樹林帯に入っても、大火事です。
 081005-44.jpg

 分岐、右に行くと"城ノ倉温泉"。光輝くその黄色いトンネルに吸い込まれそうに
 なったが、私が帰るは酸ヶ湯温泉。ため息ついて左の道へ。
 081005-45.jpg

 樹林帯に青みがみえてきたら、、ゴールが近いということ。
 081005-46.jpg

 ゴールの酸ヶ湯へ。
  観光名所的な外観で、中も人で混みあってるのかと思ったが、、
  意外と空いていてゆっくり入浴できた。勿論名物の千人風呂に。
  総ヒバ造りの体育館のような巨大な建物で古めかしく趣きがある。
  湯は酸性が強いというが、それほどピリピリした感じではない。
  硫黄臭もさほど強くはない。

  メジャーな混浴風呂ということもあり、マナーが問題になっているらしいが、
  私が行った時間帯がよかったのか、静かな入浴を楽しめた。
  星3つ。(★★★)
 081005-48.jpg

 入浴後はりんごを購入。青森で初りんご。
 いろんな種類の林檎が並んでいる。どれも100円であった。安い。

 おじさんに、
  私 「このリンゴ値段一緒ですけど、、違いはなんですか?」
 とたずねたら、、
  おっちゃん 「んー、まーどれも一緒だよ。」
  私(小声で) 「そうですかー。じゃあ名前なんかいらないねー・・・。」

 081005-49.jpg

 いつのまにか下山していた"さくら"。 おまえ、、早いな。観光客とじゃれていた。
 081005-51.jpg

 お風呂の後は青森の友人と合流し、黒石焼きそば「藻川屋」に食べに行く。
 この店は黒石焼きそば元祖の店なのだが、、とにかく店内が汚い。
 赤黒く変色した生肉が厨房にみえる。
 081005-52.jpg
 いろんな意味で、、、、深みのある味がした。
スポンサーサイト




・・・え??
いつの間にか、過去記録も全部アップしちゃったんですか????
すげー、パワーです。

紅葉の八甲田、いきたい!

【2009/03/01 19:09】 URL | atsu510 #-[ 編集]
atsuさん、コメントありがとうございます!

まだまだ過去記録あるんですが、、、
写真整理も兼ねてちょこちょこアップしてます。



目標・・・・今年中。。。v-16
【2009/03/03 10:43】 URL | ぽっか #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。