admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

040620-99.jpg
<日時>
 2004年6月20日(日) 晴れ

<行先>
 赤城山(群馬県) 日本百名山で主峰は黒檜山

<アクセス>
  車:練馬集合 関越練馬IC→赤城IC→駒ケ岳登山口

<同行>
 ハイキングサークルのメンバー14名(男7、女7)


<行程>
 駒ケ岳登山口→駒ケ岳→黒檜山山頂→車道出合→覚満淵

<コースタイム>
 記録なし

<内容>
 ハイキングの社会人サークルに入ってみた。
 動機は・・なんだろう。
  ・彼女と別れて半年、余暇の過ごし方を持て余してたから。
  ・仲間が欲しいというのもある。
  ・田舎モノ(東北は宮城の田舎育ち)の血が騒ぐから。
  ・雑誌で槍ヶ岳の写真を見て惹かれたから。(山は富士山だけだと思っていた)
 というところか。

 さて、そんなことはさておき、肩掛けリュックにスニーカーにチノパンの軽装姿で
 ドキドキしながらら集合場所へ。

 そこに待っていたのは・・・背が高くがっしりとした見るからに山男といったような がたいの方が
 大きなリュックに登山靴をはいて立っていらっしゃった。
 ・・・なんか本格的だ・・・。

 ・・・そ、そんなに大変なの?? とびびりながら おそるおそる 挨拶をすませる。
 やがて 同様の装備の方々が集合する。
 むむ・・・やばいぞやばいぞ。
 と、、不安が膨らんでいたところで、
 お1人だけ 自分同様の軽装(ジーンズ姿)の常連さんが現れた。

 見てホッとする。(※軽装の方はよしさんという方だった。)



 、、、いざ山へ出発。

 車で2時間ほどであろうか。赤城山の主峰である黒檜山の登山口に着いた。

 登山開始直後、私の装備を心配くださる皆さん。
 皆さんに言われると心配になるが、、そんなに凄い山なんだろうか。
 そもそも、赤城山が百名山だとか、国定忠治のたてこもった山だとか、、
 低い山でも登山靴をはくもんだとか、、とにかく私には常識がない。

 メンバーの皆さんの話を聞きながら、ふむふむ そういうものなんですねえと
 登って居苦。・・・なんか、山登りって自分の知らない世界だなあ。

 それにしても集団で歩くという経験は中学生以来!?
 遠足気分が新鮮で楽しかった。
 10064690270.jpg

 高度をあげると、大沼・小沼が見えてきてたちまちに
 駒ケ岳山頂に着く。ここで3名ほどの参加者(私と同じ初参加の方)がダウン。
 パーティを分けて3名は下山することに。
 10063566843.jpg


 私は心配していただいたが平気。 あれ、、結構いけるんだなあ。


 山頂付近にある御黒檜神社を経由して
 10064690266.jpg


 山頂に立つ。
 10063566844.jpg


 下山後は覚満淵を散策。
 10063566846.jpg


 温泉に入り、蕎麦を食べて帰途へ。
 10063566848.jpg


<感想>
 翌日も筋肉痛も無く、丁度いい運動になった。
 仲間とハイキング。運動の後の温泉と食事。。。いいな。
 また参加しようと思い、未知の「ハイキング・登山」というものへの好奇心が湧いた。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。