admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

080628-99.jpg
<日時>
 2008年6月28日(土) 晴れ後曇り

<行先>
 平標山、仙ノ倉山(新潟・群馬)

<アプローチ>
 車:練馬IC→関越月夜野→R17→元橋 町営駐車場(約2時間半)

<人数>
4人(私含む)

<コース>
 町営駐車場発→70分→鉄塔→50分→松手山→70分→平標山→50分→仙ノ倉山→45分→平標山→30分→平標ノ家→45分→林道出合い→55分→町営駐車場着
 
<内容>
4:30 自宅出発
 仲間をPickUpして5:50頃には練馬ICに乗る。梅雨時期ともあって渋滞は
 行きも帰りもなかった。

7:50 駐車場着
 群馬までは曇空だったが、新潟県境のトンネルを抜けると空は晴れていた。
 平標は花の最盛期ということもあってか駐車場には多くの車が
 駐車してあった。
 080628-1.jpg


8:00 出発
 登り始めて約1時間は新緑の樹林帯登りになる。時々木々がひらけた
 ところにでると苗場スキー場と少し北側には雪渓残る苗場山がみえる。
 080628-6.jpg


 この高さでは「木の花?」ヤマツツジやウツギが咲いており、さっそく
 花の洗礼だ。
 080628-2.jpg 080628-3.jpg 080628-4.jpg 080628-5.jpg

 平標山はこの登りでは見えない。鉄塔を目標に登る。約400mの急登。


9:00 鉄塔着
 080628-7.jpg
 

 涼風でクールダウンしながら次なる目標、松手山目指して登る。
 更に200m登り。ベニサラサドウダン、アカモノ、シャクナゲが
 咲いていた。BGMは野鳥の声。
 080628-8.jpg 080628-9.jpg 080628-a.jpg 080628-b.jpg 080628-c.jpg
 
9:45 松手山着
 ここからは平標山まで見渡しのいい尾根歩きになる。更に300m登り。
080628-f.jpg

 徐々に「草の花?」が増えてくる。ツマトリソウ、イワカガミ、
 ヨツバシオガマが山道を彩る。
080628-d.jpg 080628-e.jpg 080628-g.jpg


 ハクサンイチゲの群生では熱心に写真を撮ってしまった。
080628-i.jpg


 この山、、登る時間+撮影時間もコースタイムに加味しなければいけない。
080628-h.jpg


11:00 平標山頂着
 晴れてるうちに山頂にたどりつけた。遠くはガスで十分にみえないが
 北面には池塘と雪渓が残っているのがみえる。広く気持ちのいい山頂だ。
 080628-0.jpg 080628-j.jpg


 ここ平標山から仙ノ倉山に向かって少し下った鞍部部分は見渡す限りの
 花畑が広がっている。
 
 ハクサンイチゲを主に、チングルマ、ハクサンコザクラ、ミヤマキンバイ
 が咲き乱れていた。
080628-k.jpg 080628-l.jpg 080628-m.jpg 080628-n.jpg


青空をバックにシャッターを切りまくる。
080628-o.jpg 080628-p.jpg 080628-q.jpg


12:00 仙ノ倉山着
 仙ノ倉へは少し下って登り返す形になるが、ここでガスにまかれ
 山頂に到着した頃には長袖シャツ1枚では寒いほどの強風。
 晴れていれば360度の大展望が期待できる谷川連峰の最高峰だけに
 少々残念だったが、ここまで来たという達成感で満腹。
080628-r.jpg


 先の花畑に戻り強風とガスの中、ちょっと遅い昼食を取る。
 080628-.jpg


 ここで地元月夜野の登山者と挨拶を交わし、しばし山談義。
 小出俣山、日白山、稲包山が残雪気に谷川連峰の眺めよく
 お勧めだという。地図でみるとルートがない・・。
 どうやら踏み跡を頼りに登るらしい。なかなかアドベンチャーでは
 ないか。  この山、覚えておこう。

14:00 下山、平標ノ家着
 平標山へ戻り、平標ノ家方面へ下る。
 途中ワタスゲが咲く湿原がある。もうおなか一杯です。
 080628-t.jpg


 平標ノ家にはニッコウキスゲが咲いていた。
 080628-u.jpg 080628-v.jpg


16:00 駐車場着
 更に林道出合いまで下る。ここでもミヤマオダマキが咲いている。
 080628-w.jpg 080628-x.jpg

 駐車場まで約1時間の林道歩きここではギンリュウソウが咲いていた。
 080628-y.jpg 080628-z.jpg

 

 帰りは猿ヶ京温泉に入り、マイミクdaiちゃんおすすめのラーメン屋で
 がっつき、帰途につく。

<感想>
 充実の山歩きだった。噂以上によい平標だった。百名山にも二百名山にも
 選ばれてないのが不思議なぐらい素敵な山だ。

 久しぶりの長時間歩きでふとももがいい感じで疲労している。真夏までにも
 少し鍛えるぞお。
スポンサーサイト




おー、このシーズンもよいですね。
百花です。総攬です。

山の数 X 四季
行きたくなりますね。 

そりゃ、・・・毎日行っても足りないですな。
【2009/05/19 08:50】 URL | atsu510 #-[ 編集]
atsuさん
コメントありがとうございます。
同じコースでも1ヶ月違うだけで別の山を歩いているようですよね。

山みしゅらんとかハードルあげるブログタイトルを
つけちゃってる私ですが、
それこそ本気でみしゅらんするなら、
山の数X四季Xコースしなきゃだと思いますもの。
【2009/05/19 09:19】 URL | ぽっか #-[ 編集]
atsuさんのブログから飛んできました。

一ヶ月後はこんなにきれいになるのですね。また行ってみようかと思います。(今度は谷川連峰縦走かな?)
【2009/05/20 07:43】 URL | うりう #-[ 編集]
>うりうさん
コメントありがとうございます。

平標を少し越えたら一面花畑な景色が飛び込んで来ます。花期はそれほど長くないのでタイミング難しいですけどね。
この縦走ルートは、歩く人も少なそうでよさげですよね。
【2009/05/20 08:25】 URL | ぽっか #-[ 編集]
うぉ~!
ぽっかさん、この時期に行ってましたか~?

私も長年、この時期狙っているんですが、いつも天気が悪くて行けてません。
今年の6月こそ、っと思ってます。

ただ、確かテントはダメだし、山の家以外の避難小屋もイマイチだし・・・。
ハードルも高いです。

【2009/05/21 02:27】 URL | 三脚マン #mQop/nM.[ 編集]
>三脚マンさん
そうそぅ。テント泊禁止なんですよね。

山の家は立派だけど ロケーションがいまいち(効率が悪い)
ですもんね。

って それ(日帰りできない)をハードルが高いと
表現されるのは三脚マンさんはおもしろいです。(笑)
【2009/05/22 18:28】 URL | ぽっか #-[ 編集]
あははっ!
そうなんですよ~。

日帰りだと、ど~もやる気がなくなりますし。
歩く自信もないですし(苦笑)
【2009/05/23 10:24】 URL | 三脚マン #mQop/nM.[ 編集]
>三脚マンさん
なるほどー。
三脚マンさんの嗜好がコメントにかいまみえて、
いや、、、妙な勝手な納得感ありました。

山に行きたいというのも、皆さん嗜好はそれぞれで、
仲間とわいわい、スキーがいい、百名山がいい、高山がいい、
低山がいい、そして三脚マンさんのように泊まりがいいという
嗜好。

私の嗜好は・・なんだろ・・・たぶん全部を浅くやりたいです。(笑)
食いしん坊なんですよね。

居酒屋いっても全部のメニューをちょこっとずつつまみ食いできたら
いいのにって思うし。(笑)
話脱線。
【2009/05/25 12:30】 URL | ぽっか #-[ 編集]
ふむふむ。
久々に復習させていただきました。
実は今週密かに狙ってまして。。
でも赤子連れには無理かな〜。
記憶以上に歩き応えありそうですね。

などと思っていたら、、
また、は〜、となってしまうやりとりあったので
ついぞコメントです。。

ますます見に行きたくなりました!
【2012/06/21 21:24】 URL | moko510 #-[ 編集]
コメントありがとうございます。

もこさんのメッセージ気付かなかったです。。
(長い間 更新をさぼると コメントしても承認しないと
 反映されないブログ仕様のようなのです)


平標はすっかり有名な山になってしまって、
新たな隠れ花の名山を探さなければ・・です。

三脚マンさんとのやり取り、いま拝見すると懐かしいです。
【2012/07/02 17:14】 URL | ぽっか #fa7VEvUA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。