admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

050717_999.jpg
<日時>
 2005年7月17日(土) 曇り後晴れ
        18日(日) 晴れ

<行先>
 富士山(静岡・山梨県) 日本百名山

<アクセス>
 電車:→御殿場駅
 バス:御殿場駅→須走口新五合目
  ※ 1時間程度

<人数>
 10人(内 1名は途中合流)

<コース>
 1日目:須走口→八合目山小屋
 2日目:八合目山小屋→お鉢巡りで剣ヶ峯(頂上)→御殿場口

<内容>
1日目:須走口→八合目山小屋
 所属しているハイキングサークルの企画で富士山に登ることに。
 富士山に登るのはこれで2度目。

 初めて山登りをしたのは友人と2人で登った富士山だったが、、
 その時は、山登りと富士山の気候やコースについて徹底的に調べて、
 河口湖口から登って(誰も下りない)御殿場口へ下りるコースを取った。
 それは結果的に 正解だった。

 賑やかな観光雰囲気の河口湖口とはうってかわって、荒涼とした御殿場口の景色は日本の風景とは
 思えないほどにすばらしいコースだった。

 未だに私の中で思い出深い山行といなっている。

 「山というのは歩くコースと季節が違えば違う山」 である。 (このブログの主旨と矛盾してるなんていわないの
 

 当日の朝。


 私はいきなり遅刻をかましていた。

 新松田の駅で電車の乗換えに失敗し、新松田から御殿場駅までタクシーでむかい・・・
 執念の合流を果たす。
 しかしながら福沢諭吉1人とは惜別。

 今回は10人のパーティーである。仲間の1人は途中で河口湖口から登り
 小屋で合流することになっている。

10:40 須走口新5合目着
 バスは5合目に到着した。この時点で雲の上・・だ。

 高度順応のためゆっくり食事しシャバの空気を楽しむ。
 050717_001.jpg


11:30 出発
 須走口は、富士登山で唯一の緑の山道。
 050717_003.jpg

 景色を楽しみながら登る。
 050717_004.jpg

 徐々に高度をあげていく。
 050717_005.jpg

17:30 小屋到着
 休憩しながら、歩行すること 約6時間。
 ようやく8合目の山小屋「太陽館」に着いた。
 050717_006.jpg

 夕日が綿菓子のような雲を赤く染めるのを ボーっと眺めて明日の山行に思いをはせる。
 050717_007.jpg



 この日の小屋は激コミだった。
 幅40cmほどの寝床に驚きと怒り。
 夕食は、おかわりなしのレトルトカレー(1000円)

 ま・・・噂には聞いていたけど、富士山の山小屋はホントにひどいものである。


 食後に皆で軽く宴会をした。(軽くのつもりだった)
 山小屋のメニューに 日本酒というメニューを見て、ちょいと一杯。

 仲間 「燗はつけられるの?」

 と小屋番さんに尋ねると・・出来ますよーとのお返事が。



 熱燗で4杯呑む。
 050717_009.jpg


 下界以上に酒がまわる・・・。
 吐き気と、頭痛に襲われる。。  もしや これは高山病では?
 先ほどまでなんともなかったのに・・・・。
 熱燗が呼び水となったようだ。

 消灯前に会はお開きとなったが、私が連れてきた会社の同僚Oさんは
 消灯後も仲間のHさんと共に まだお酒を呑んでいた。

 話声が大きくなって・・・。
 とうとう小屋から追い出される。
 外は夏とはいえ3000m級の世界。 相当寒いはずだ。
 それでも・・・・2人は呑んでいた。笑い声が私の耳に入ってくる。
 というか・・・・Oさんに巻き込まれるようにHさんが付き合い呑んでいた。
 


 そして、、、睡眠不足のまま朝を迎えた。


 翌朝、、、、 勿論 日本酒に溺れたメンバーは皆 二日酔い(というか高山病?)に
 なっていた。 


 私も含めて。

 一番に元気で 日本酒をたくさん呑んでいたOさんだけが、、「さあ! 行きましょう!!」
 と元気であった。 (どこかの岩場から突き落としてやる)
 

                                      <2日目へ続きます>
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。