admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

060204_999.jpg
<日時>
 2006年2月4日(土) 晴れ

<行先>
 塔ノ岳、鍋割山

<アクセス>
 電車:東京→渋沢駅 (1.5h)
 バス:渋沢→大倉登山口(0.5h)

<人数>
 5人(w/メグさん、めたろーさん、みもさん、たけしさん)

<コース>
 大倉登山口~金冷やし~塔ノ岳(ピス)~鍋割山荘~大倉登山口


<内容>
 体調不良によりマイミクの風さんが急遽メンバーから抜けたのは悲しかったが、それでも5人パーティーで
 丹沢鍋割山へ。

 私にとっては、初めての冬山。アクシデントに備えてアイゼンにヘッドライトを準備し、、、
 行動時間を長く作るため、いつもの山行よりも 1時間早く起きた。

 前日は会社で送別会があり、、睡眠時間は3時間程度だったが、遊びとなると、元気になるから不思議だ・・。

 ※ 余談だが、、早朝 最寄のコンビニで朝食をあさっていると、レストランtenten@多摩センタの店長と遭遇した。
  実は家が近所なのです。この時間まで飲んでいたなんて・・・。

 電車に揺られ約1時間、小田急渋沢駅に到着。
 丹沢はアクセスがいいため、そのお手軽さが人気。
 渋沢駅から 見た、丹沢山系は想像してたよりも 白かった。(・・雪、あるじゃん)

 ふと、西の空をみると、
 富士山が朝焼けで薄い橙色をしていた。好天に感謝する。
 060204_001.jpg

 渋沢から大倉の登山口まではバスで移動した。
 060204_003.jpg
 060204_004.jpg

7:45 大倉登山口出発
 8時を前に 早々に登山を開始した。
 夏ほどではないが、、登山客の姿が多くみられる。人気の山なんだな。
 060204_005.jpg


 中腹の金冷やしまでの登りは 道の状態が安定しており、アイゼンも不要だった。
 (結局、私は最後までアイゼンは使用しなかった)
 060204_007.jpg 

 登山直後は、全く雪がなかったが、登るほどに、雪が見え始め、薄い雪に覆われた山道は、冬山に登っていると
 いう実感を与えてくれた。
 060204_009.jpg

 霜柱。見ると壊したくなるね。
 060204_010.jpg

 通称 馬鹿尾根を何度も振り返りながら登る。
 060204_013.jpg

 060204_014.jpg

 060204_015.jpg

 060204_018.jpg

 060204_020.jpg


 振り返ると、相模湾がクリアに見える。
 060204_025.jpg

 左は富士山。右は東丹沢。

 枯葉が落ちた山道は視界を広くし、冬の澄んだ空気は更に深く視界を広げてくれた。
 060204_029.jpg

 病も山登りも気の持ちようか? 足も軽やかになるのは不思議だ。
 何度登ってもハードな尾根道なのに、中腹の金冷やしに着いた頃には、、
 「あれ?もう着いたの?」という感じ。禄な休息もなく 塔ノ岳にアタック。
 実は当初、塔ノ岳には行かずに鍋割り山に左折していく予定だったが、、
 塔ノ岳からの眺望を想像していたら、多少下山予定がおしても、登るしかない。とメンバー一致判断で予定変更。
 060204_031.jpg
 

11:05 塔ノ岳山頂 到着

 あっという間に頂上へ。
 060204_040.jpg


 さすがに 疲労したが・・・眺望のご褒美が疲労をチャラにしてくれた。
 ・東に新宿、渋谷池袋のビル群、
 060204_035.jpg

 ・南に三浦半島と なんと、房総半島、
 060204_037.jpg

 ・西に富士山と南アルプスの山々。麓の町までよく見える。
 060204_034.jpg

 ・北に短パンのおじさん。(写真2)短パン? 寒くないの!?ここは 氷点下レベルの寒さ。
 060204_033.jpg
 060204_039.jpg


 360度マル見えである。
 
 
 
 達成度50% 来て良かった。。晴れてよかった。
 060204_032.jpg
 
 060204_041.jpg

11:20 塔ノ岳出発
 寒さもあり、本日のメインイベント、鍋割山へむかう・・・。
 鍋割山は、山荘で 鍋焼きうどんが食べれるということで印象的な山だ。

 実は今回の山登りの目的は、コレであったのだ。(私だけ?)
 塔ノ岳から 金冷やしに戻り、鍋割山の分岐を曲がる。
 鍋割山へは 軽いUpDownがある 林間コースとなるが、道中は 所々 凍っており、滑りやすかった。
 軽アイゼンを着用すべきだろう。

 私は不精のため、ノーマルで歩き、、1度だけ 滑って転んだ。
 「登山靴にも スタッドレスがあったら・・」と 言っていた マイミクたけしさんの言葉に賛同。
 060204_042.jpg

12:34 鍋割山荘 到着
 060204_043.jpg

 さてさて・・さっそく鍋焼きうどんを食うべえ。
 鍋割山荘では、期待を裏切らぬクオリティーの鍋焼きうどんが 我々を出迎えてくれた。
 060204_044.jpg

 主人の草野氏の蛭退治の話が、場をなごませてくれた。(食後でよかった)
 ボランティアで、ボッカの手伝いをする登山客が多いという。
 ご主人の人柄のなすところだろう。
 鍋焼きうどんも、主人の暖かさも 訪問者の期待を裏切らない。
 この山荘。おすすめする。
 山荘HP http://www.geocities.jp/nabewari_tanzawa/

 ・・・その後、山の天気は一転、、雪雲が空をおおいはじめたが、、
 雪が降る頃には、スタコラサッサと 無事 下山し、お風呂、、飲み会へ・・。
 風邪をひいたのか、、食欲はなかったが、おいしいお酒を楽しんだ。
 タイムスケジュールは多少オーバしたが、それも想定の範囲内であり。のーぷろぶれむ。
 下山の長い林道歩きは、精神的につらかったが。
 それをのぞけば、満点の日帰り登山だったと思う。


<感想>
 「冬のもう一度 丹沢に来て下さい。空気が澄んでいて 山頂からの眺めが素晴らしい」
 昨年、丹沢最高峰の蛭ケ岳に 登山した際に、山小屋の主人が言っていた言葉だ。
 それは、本当だった。山は季節によって楽しみ方が異なる。それを実感できた。
 そろそろ、山は飽きるかな・・・と思っていたけど・・・私の山歩きは もうちょっと 続きそう。

 ありがとう、鍋焼きうどん・・。と、同行の皆様も。





スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。