admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

060212_999.jpg
<日時>
 2006年2月11日(水)晴れ

<行先>
 浅間嶺(東京県)

<アクセス>
往路:
 電車・バス:武蔵五日市駅からバスで約20分程度ゆられて払沢の滝バス停へ。
復路:
 電車・バス:仲の平バス停から1時間ほどバスにゆられて武蔵五日市駅へ。

<人数>
 4名(w/ めたろーさん、ありさん、風さん、ゆきさん)

<コース>
 払沢の滝入り口→払沢の滝(ピストン)→浅間嶺→蛇の湯(たから荘) 約5時間

<今回のポイント>
 ・払沢の滝の氷瀑をみたい。
 ・峠の茶屋の鍋ごと出してくるうどんを食べたい。
 ・藁葺き屋根の民家が並ぶつづら折り合いを歩きたい。
 ・冬枯れの明るい落ち葉ジュータンの浅間尾根を歩きたい。
 ・最後は秘湯でほっこりしたい。


<内容>
 夏にもいった払沢の滝へ、氷瀑を写真に撮ることが目的。
 060212_014.jpg

 氷瀑をみて、さっそく出発。
 の前に、、、、土地の名物 卯の花ドーナッツを買い求め、、、、浅間尾根へ。
 060212_018.jpg

 浅間尾根の入り口付近の茶屋で、猟銃を持った猟師と出会う。一丁二百万程度もするそうな。
 060212_019.jpg

 どうせいくなら、 どうせいくなら、山も登らなきゃ、
 どうせいくなら、温泉もはいらなきゃ、
 うどんも食べなきゃ、居酒屋で〆なきゃ・・・

 で、盛りだくさんの 山行でした。
 楽しかったよ!

 浅間尾根へ。
 060212_002.jpg

 御前山の眺望。
 060212_003.jpg

 途中、ありさんの誕生日をどっきりで祝う。ケーキとシャンパンを隠しもってきていたのだ。
 ありさん・・・、泣く。  やったっ。
 060212_004.jpg

 060212_005.jpg

 下山後は蛇の湯「たから荘」へ。
 060212_006.jpg

 東京都にこのような名湯があるとは・・・。
 060212_007.jpg

 湯で身体を温め、バスで五日市に戻る頃にはすっかり外も暗くなり。まんまるお月様が。
 060212_008.jpg

 この後、居酒屋でお疲れさん会。


 お疲れさん会で、、、銀杏に目を書いて遊ぶ私。
 060212_009.jpg

 銀杏三兄弟。
 060212_010.jpg
 060212_020.jpg
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。