admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

060311_999.jpg
<日時>
 2006年3月11日(土)晴れ

<行先>
 谷川連峰 一ノ倉沢出合

<アクセス>
 電車:東京駅→水上駅 (4時間)
 車(ツアー):水上駅→土合橋

<人数>
 ツアー参加 9人(w/メグさん、風さん、めたろーさん、せいさん、他)

<コース>
 土合橋(スノーシュー着用)~マチガ沢出合~一ノ倉沢出合 2h程度

<内容>
 山仲間を誘い、ツアー利用でスノーシューにいってきた。行先は谷川岳。

 旅の目玉は下の3つ。。。
 1:夏は車で行けるのに、、冬は 東屋がかくれるほどに雪が積もるという豪雪地帯一ノ倉沢。
   背丈以上に積もった雪上を歩きたい!
 2:谷川岳連峰のひとつ一ノ倉岳にある日本三大岩場をみたい!
 3:水上は温泉が有名。温泉につかりたい!

 前日、雪がない道をスノーシューで歩かされる悪夢を見た私は、これが正夢にならぬことを祈り、、
 当日を迎えました。

 不安視されていた天気予報も、、前日には曇りのち晴れ、当日には晴れに好転した。
 風もなく絶好のコンディションで迎えた当日の朝。

 まだ薄暗い 3:30に起床し、稲城発の始発車両に駆け込んだ私。
 ゆらりゆられて、、水上駅まで行き4時間の長旅アクセス。

 直前の沼田まで、電車からの風景に雪のゆの字もなかったのに。現地入りしてたら、こんもり雪が積もっていて、
 山も真っ白。 あまりの変化の大きさに驚いた。

 水上は群馬ながら地理的にはほぼ新潟ということもあり、昨年暮れの豪雪被害にあった場所でもあったようだ。
 街中の風景を見ると、雪の影響で潰れている建物もちらほらとあったり、
 公共の足湯も雪で埋まっていたりと、影響の大きさを実感できる。


 そんな晴天と豪雪がちぐはぐな 水上の地に降り立った私たちは、さっそく現地のツアーガイドと合流し
 場所をトレッキングスタート地点の土合に移した。

10:00 土合橋 出発
 出発地の土合橋に到着したら、あらかじめレンタルしたスノーシューに履き替え、出発。
 谷川岳は一ノ倉沢を目指して歩く。湯桧曽川に沿って道なき道を進む。(林道沿いに歩いているのだが、雪が
 高く積もっているので、道の形跡はみえない)
 060311_027.jpg

 
 自然の滑り台を滑り降りる。わー、楽しいなあ。
 060311_029.jpg

 15分ほど歩き雪原にでたところで、1人1人 自己紹介をする。
 060311_036.jpg

 
 060311_033.jpg


 さあ。いよいよ 出発。
 060311_045.jpg


 ちらほらと てんぐ巣病 にかかっている木々がある。
 060311_042.jpg


 ツアーということもあり、いつもの山歩きとは勝手が違い、植物や小さな虫などの 様々な説明を受けながら歩く。
 普段の山歩きでは見えない世界もみえてきて、、新鮮。

 これは??
 060311_048.jpg

 トチノキ。眼を寒さから守るために芽のまわりにねばねばした粘液を出しているのだという。
 ふむふむ。
 060311_050.jpg

 これは?
 060311_060.jpg

 芽をちょっとむくと、さわやかな香りが。
 060311_065.jpg

 木の枝もよくみると おもしろい形をしている。
 060311_063.jpg

 下る時は滑り台。
 060311_068.jpg

 なるほど、、ミクロな視点で見るだけで 山歩きの楽しみも広がるものだな。小枝1つをとってもアート。
 060311_076.jpg

 一ノ倉沢までは 距離はなく アップダウンもなく、30分程度でいけるところを、木々や動物や虫の自然観察を
 したり、雪の滑り台をすべりおりたりと、、のらりくらりと進む。

 060311_073.jpg

 ちなみに・・・ここはこれでも結構雪深い。
 この後ろに実は東屋が埋まっているのだ。完全に雪の下。
 060311_087.jpg

 気持ちいいなあ。 
 060311_090.jpg

 目指す一ノ倉沢も近いか。
 060311_091.jpg

 このあたりの谷は雪崩が多い。デブリってる。 
 060311_099.jpg

 一列に隊列を作ってみる。(やらせ)
 060311_102.jpg

 並列も。(やらせ)
 060311_113.jpg


12:00 一ノ倉沢 到着
 道草しながらも、ようやく一ノ倉沢に到着した。
 おおおおおぉぉぉ!!
 谷川連峰の絶景。一ノ倉の岩壁が雄大だ。美しい!
 目の前にどかんと構える絶壁の絶景かな。見上げただけで登った気分になれ幸せ。
 060311_120.jpg

 とりあえず 記念写真!
 060311_123.jpg

 そして、、この絶景を眺めながら昼食に。
 天気がよくてよかった。3月の陽気はセーターも厚く感じるほどだった。
 060311_127.jpg

 昼食はガイドが作った。。。具沢山の中華スープに チャーハンのおにぎりをつっこんで おじや風にして食べる。 
 060311_129.jpg

 具沢山でうまい。
 ツアーならではのグルメか。。。
 060311_136.jpg

13:00 一ノ倉沢出発
 さて、、ぼちぼち出発。
 あいかわらず植物の勉強をしながら、元来た道を戻る。
 060311_140.jpg

 060311_144.jpg


 そして、雪遊び。
 天然のすべり台で すべり倒す。時間があるようなので、何度も何度も。
 060311_148.jpg

 060311_150.jpg
 
 060311_155.jpg


 滑るメグさん。
 060311_157.jpg
 060311_019.jpg

 私は頭から突っ込んでみた。
 060311_155.jpg
 060311_020.jpg

 めたろーさんはスコップで滑る。無茶な人だ。笑
 060311_023.jpg

 帰りはとにかく、滑るツアーだっけ?というほど、坂を見つけりゃ、のぼって 尻から滑って、頭から滑って、
 後ろ向きに滑って、スコップで滑って・・滑り倒してきた。
 060311_161.jpg


 スノーシューで急斜面を登るテクニックも教えてもらう。
 060311_162.jpg

 皆で競争だ!
 060311_164.jpg

 手こずる風さん。 いやこれが、、なかなか難しい。
 060311_166.jpg

 雪のカウンターテーブルで「めたろー寿司」?
 060311_021.jpg

14:00 土合橋到着
 060311_169.jpg
 

==========
 その後、雪で冷えて(もないけど)しまった体を 温泉であたため。。
 熱海のように錆びれた水上の地をぶらつき、、帰りの電車で 地ビール、地酒で まったり 1次会。
 高崎で途中下車し、居酒屋で2次会。
 あっという間に1日が終った。

 ガイドさんに諸事情があり、急遽 別のツアー会社のガイドさんになったり・・
 日本3本の指に入る蕎麦の名店in水上が諸事情により休業中にて蕎麦を堪能できなかったり・・・・。
 カメラの電池が寒冷地のため 早々に切れちゃったり・・・。
 現地人がおすすめする温泉が ただの銭湯でがっかりだったり・・・。
 いろいろと『想定外』はありましたがそれもご愛嬌。
 自然と仲間に癒された休日でした。満足なトレッキングだった!


<参考情報>
 今回のツアーで私たちが出会ったものをお知らせ。URLはネットで検索した参考写真です。
 1:熊だな
  熊が木の上で木の芽を食べ、食べ終わった枝を自分の尻にしいて、
  鳥の巣のような棚場が木の上にできます。
  http://www22.tok2.com/home/akaitori/04/itinokura/tana.jpg

 2:虫こぶ
  木の上に蜂の巣のような木の悪性腫瘍ができています。
  http://www.sotoasobi.net/report/r00360010101/img/photo8.jpg

 3:うさぎの糞(通称チョコレート)
  うんこです。いくつかありましたね。
  http://www22.tok2.com/home/akaitori/04/itinokura/koro2.jpg

 4:東屋
  本当は写真のような東屋が たっているそうですが、雪の下に隠れてみえませんでした。
  私たちは この上を歩いていたようです。
  http://www22.tok2.com/home/akaitori/04/itinokura/azumaya.jpg

 5:セッケイカワゲラ
  雪の上に生きる虫、カワゲラ。手の平にのせると体温が上昇しぷるぷる
  震えて死んじゃうそうです。
  http://www22.tok2.com/home/akaitori/04/itinokura/musi.jpg

 6:川の上を渡る
  あれはハプニングではなくコースとして設定されているようですね。
  http://e-minakami.com/cgi/snowshoe/imgdir/83.gif

 7:トチノキの顔
  頂芽がべとべとした樹脂でおおわれた、トチノキを観察しました。
  http://www9.wind.ne.jp/matu-ko/huyume.htm

 8:大清水原水
  帰り道、、私は ミネラルウォーター「大清水」を購入し
  絵柄と目に焼きついた景色を重ね合わせ、旅の余韻に浸りました。とさ。
  http://www.jr-t-syouji.co.jp/

 9:土合駅
  今回は立寄れなかったのですが、谷川岳には 土合駅という 有名な
  もぐらトンネルがあります。『出る』という噂も。。
  http://hp1.cyberstation.ne.jp/hikyoueki/doai.htm

 10:ふかふかの雪
  春近しということもあり、溶けはじめた雪は上層が重く残念ながら雪のテーブルを作ったり
  ふかふか雪へのジャンプ(肩まで雪に埋まるそうだ)といった遊びはできませんでした。
  時期が時期ならこのような遊び方もできるようです。

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。