admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

061009_999.jpg
<日時>
 2006年10月9日(月) 晴れ


<行先>
 黒斑山(長野県)


<アクセス>
 車:東京→(関越自動車道)→小諸IC→黒斑山 車坂峠 登山口  3時間

<人数>
 単独

<コース>
 車坂→蛇骨岳→Jバンド→火山館→草すべり→車坂 6時間 (昭文社山地図参考)
  実績歩行時間 小休止含み 6時間


<内容>
 また山に行ってきた。
 8日に友達と呑んで その5時間後の深夜に1人 車で長野に向かった。

 山歩きの醍醐味を考える時、あまり山に興味がない人にとっては
 「自然との触合い」「頂上到達の達成感」という答えがたいていだろう。

 でも、山歩きを 2年も続けると 魅力が『ソレだけ』では物足りなくなった。
 山を「見る」ために 山に登る時がある。
 黒斑山はそういう山だ。

 長野の浅間山を一番きれいに見ることができる山だった。


深夜3:30 登山口到着
 まだ暗い登山口の駐車場に到着する。

 月と星の綺麗な夜空だと思ったら、時々 雲が覆い、途端に薄気味悪なる。

 それを繰り返していた。

 駐車場には登山目的だろうと思われる車も何台か泊まっていた。

 ここでエンジンをかけたまま仮眠を取る。


6:00 登山開始。
 睡眠不足と運転の疲れから ぐっすり仮眠?し、6時にスタートすることに。
 061009_005.jpg

 山道は霜が降りていた。
 空は雲ひとつなく、風は ぴゅーぴゅー と強い。

 霜柱を踏みながら 稜線までゆるやかなのぼりを歩く。



 稜線にでると、右に雲海が広がり、正面に噴煙をあげた浅間山がどっしりと座っていた。
 061009_019.jpg

 061009_010.jpg

 尾根伝いに黒斑山山頂まで歩く。
 061009_012.jpg

 今日は尾根伝いに黒斑山を超え、蛇骨岳を超え、写真の右端のJバンドまで歩く。
 061009_015.jpg


7:30 黒斑山山頂
 浅間山にはこのような立札がいたるところにたっている。
 現在小康状態にあるとはいえ、浅間山は活火山なのだ。
 061009_021.jpg

 登山開始後、1時間半。ほどなくして山頂に到着した。
 山頂からはやはり浅間山の素晴らしい眺めを楽しむことができた。
 061009_022.jpg

 その後、尾根伝いに蛇骨岳を超え、白ゾレの荒々しい尾根を歩く。
 061009_035.jpg

 浅間山はいつも視界に入ってきて、力がみなぎる。
 061009_032.jpg


 ここから嬬恋村の平野が展望できる。
 風が強く体に吹き付けるが、自然に鼻唄うたい上機嫌な私。
 061009_026.jpg

 鋸岳が見えてくるが、これには登らず(登山道はない)Jバンドへ。
 061009_038.jpg

 Jバンド・・・と書いてある・・・。
 061009_040.jpg

 急なガレ場を降りる。
 061009_041.jpg



 稜線の風が嘘のように静かだ。
 ここは賽ノ河原と呼ばれる平地だ。
 061009_045.jpg

 目線を合わせられていた浅間山も、、ここからだと見上げるようになる。
 061009_042.jpg

 黒斑山の自分が歩いてきた尾根を見る。
 山肌のグリーンが優しく美しいと思えた。
 061009_046.jpg

 しばらく歩くと紅葉したカラマツがちらほら現れるようになる。
 061009_049.jpg

 下界はまだ 初秋だが、山の上はすっかり秋色なんだ。
 061009_051.jpg
 
 061009_052.jpg
 
9:30 火山館 到着
 湯ノ平高原を抜け、火山館に立ち寄る。ここで昼食を取る。
 061009_055.jpg


 昼食後はまた湯ノ平口に戻り、草すべりと呼ばれる急坂を登り、黒斑山へ戻る。
 061009_058.jpg

 061009_064.jpg

 最後に青空をバックに燦々と陽を浴びた浅間山を見納める。
 061009_061.jpg



 浅間山はなんと素敵な山容だろう。端正な・・というか・・。
 好きな山の1つになった。

 
 晴れた強風の日は雲のダンスも楽しみの一つ。時々 空を仰いでその変化を楽しみながら下山した。

 061009_067.jpg

 061009_068.jpg

 061009_069.jpg



12:20 登山口 到着
 スタートから6時間ほどで登山口へ。
 早く下山したのには、、、理由があった。


 温泉である。

  
===============
◆高峰温泉★★
 立寄り湯は、近くにある ランプの宿の高峰温泉に入った。
 ここは1年先まで予約がいっぱいの 人気の宿だ。。。
 温泉好きな私としては、、、是非とも入りたかった。


 実は 早起きしたのは、この温泉に入りたかったからでもある。
 14時までしかやってない 温泉だから 早く下山する必要があった。

 湯は文句なし。飲泉も可。おすすめする。
 061009_070.jpg


===============

 浴後に近くのアサマ2000スキー場へ。
 老夫婦が のんびりと腰を降ろして、目の前の 湯ノ丸山を見ていた。
 061009_071.jpg

 いい光景だなあと思った。


===============

 ◆すばらしい日々
 帰り道に、カーラジオから ユニコーンの「すばらしい日々」が
 流れた。どっかの女性アーティストがボサノバ風にアレンジした
 曲のようだ。

 詩が 直接 心に入ってきて、、なぜだか、ぼろぼろと涙をこぼした。
 なんで 泣いてるのか、、全く意味がわからなかった。

 びょ、病院行こうかな・・・。

 すばらしい日々ってさ、きっと ポジティブな歌詞だよね?
 私には ネガティブな歌詞、、というか 別れの歌詞に聞こえるんだよね。
スポンサーサイト




おおおー、いいですよね! 黒斑山そして、高峰温泉!
なんか浅間山がthe日本の山!ってかんじにみえますよね。

見るために登る、、 とてもよくわかります。
私にとって、富士と槍穂は完全に「見る山」です。

(なんか、告白のようなタイトルになっちゃいましたけど。。)
【2010/10/31 23:24】 URL | moko510 #-[ 編集]
もこさん
コメントありがとうございます。
ご覧の通り古いレポなのですが、
好きな山だし、思い出して
しぼりだしてみました。

富士は御殿場口やらお中道やら幻の滝やら
山としての面白いとこもあるなあと
私は思います。
【2010/11/01 21:39】 URL | ぽっか #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。