admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

080401-1.jpg
九州山と温泉の旅 4日目:九重山と弓ヶ浜温泉★★>から続きます。


<日時>
 2008年5月1日(木)曇り時々雨

<行先>
 阿蘇山(熊本) 日本百名山

<アプローチ>
 電車:東京→(バス)→博多→(車)→仙酔峡ロープウェイ山麓駅

<人数>
 単独

<コース>
  総歩行時間 XXX 5時間  ※昭文社 山と高原地図参照
 
<内容>
 1日目 30日は給油パニックでしたね。私も熊本市内であたふたいれてました。
 普段なら観光登山で賑わう山も、雨模様の日には さすがに人もまばら。
 080501_001.jpg


 9:25 仙酔峡ロープウェイ山麓駅発
  始発のロープウェイで高度をかせぐ。
  080501_003.jpg

  10分ほどで山頂駅へ。
  080501_005.jpg


  ロープウェイ小屋から出る時には身体に塩をふりかけて
  身を清める。ここから先は火の神の領域だ。
  080501_006.jpg


  山頂駅からは中岳を経由し最高峰の高岳まで登る。
  1時間強の登りだが、視界は霧と強風で完全にホワイトアウト。
  火口の眺めもなく、気温も20度以下。
  山頂は10度程度だという。
  080501_008.jpg


  080501_009.jpg



  レインウェアを着て登る。(下半身はハーフパンツだけど)

  稜線は強風で地図を広げると飛ばされそうになるぐらい。
  火の神じゃなくて風神が住んでるんじゃねーか?と思いつつも、岩場を登る身が緊張感に包まれる。

  観光登山のような山道かと思っていたけど、結構イワイワの登りがあり、視界もないせいか
  夏の北アルプスを登っているかのような錯覚におちいる。

 10:34 高岳登頂
  山頂でパチリ。カメラが飛ばされないか心配。
  080501_013.jpg

  

  下りはバカ尾根をひたすら下る。結構険しい道が続く。
  080501_015.jpg

  悪天候のため 2回ほどルートロスしかけるが、トレースがないのを確認して登り返して戻る。
  こいう経験が山に登っていると一番多いし、慌てずに登り返すのが安全だなあと実感。
  080501_016.jpg

  
 12:00 駐車場着
  下ること1時間20分ほどで駐車場が近づいてくる。
  溶岩流の川を渡ればゴールだ。
  080501_017.jpg


 山頂の強風が嘘のように穏やかな山麓。
 080501_019.jpg


■熊本黒川温泉
 ・下山後は熊本黒川温泉(源泉かけ流し)へ
  熊本といったら、、やっぱり黒川温泉。
  宿の対応も丁寧でこまやか。地域一帯となって歓迎している感じがあったかいね。
  080501_020.jpg

  080501_021.jpg


■福岡ちゃんぽんラーメン
 再び博多に帰り、マイミクよしさんに教えてもらっていたもう1つの店にチャレンジ。。。
 と思ったら残念ながらその店は閉店していた。

 代わりに「めんくいや」という店にいった。 

 餃子とちゃんぽんラーメンを食べたが、おいしかった。
 やっぱり博多のとんこつ&ちゃんぽん系フードはレベルが高い。


============
 東京帰還
 再び14時間かけて東京へ戻る。今度は寝れたぞ。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2017 山みしゅらん, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。